ひとり配当金生活~株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

スポンサーリンク

記事一覧

  • 2018/10/18配当・株主優待

    企業のIRページを見る時に、配当金狙いの投資ならば必ず最初に「利益配分に関する基本方針」を確認すべきです。ここを読むとその企業の配当に対する考えが書いてあります。例えばヤクルト(2267)の該当ページを読んでみます。当社は、株主の皆さまに、安定的な配当を継続して実施していくことを最優先とするため、配当金額のベースを年額30円とし、そのうえで、将来の事業拡大や収益向上を図るための資金需要および財政状況ならびに...

    記事を読む

  • 2018/10/17セミリタイア(早期リタイア)

    関連記事:おすすめのセミリタイア(早期リタイア)ブログ10選まとめおすすめセミリタイア(早期リタイア)ブログの紹介記事を更新したいと思っていました。しかし人様のブログの紹介記事を書くの凄く大変だし、ブログは旬があるので(更新が止まったり方向性が変わったり)、なかなか更新出来ずにいました。とりあえず2018年時点で、私が読んでいる現行セミリタイア(早期リタイア)ブログを順不同でサラッとあげていこうと思いま...

    記事を読む

配当金狙いの投資なら必ず確認したい「利益配分に関する基本方針」

企業のIRページを見る時に、配当金狙いの投資ならば必ず最初に「利益配分に関する基本方針」を確認すべきです。

ここを読むとその企業の配当に対する考えが書いてあります。

例えばヤクルト(2267)の該当ページを読んでみます。

当社は、株主の皆さまに、安定的な配当を継続して実施していくことを最優先とするため、配当金額のベースを年額30円とし、そのうえで、将来の事業拡大や収益向上を図るための資金需要および財政状況ならびに当期の業績等を総合的に勘案して配当金額を決定しています。

上記の方針のもと、継続して株主の皆さまへの利益還元を図るため、平成30年3月期の年間普通配当金額は、前期に比べて1株当たり2円増配の年額34円としました。

その他、株主還元の強化および資本効率の改善を図るため、平成30年3月に4,864,800株の自己株式を総額35,999百万円で取得するとともに、3月にその全数を消却しました。

また、平成31年3月期の配当については、上記方針のもと、安定的な配当の継続的な実施に加え、株主の皆さまへの利益還元の強化を図るため、平成30年3月期に比べて1株につき6円増配の年額40円を予定しています。

利益配分に関する基本方針(ヤクルト)



この文章の中で重要なのは「配当金額のベースを年額30円とし」という部分だけであり、他の部分はよくある紋切型のお題目に過ぎないので読み飛ばしてかまいません。

配当金額のベースが決まっていて、配当性向を示していないということは、まず積極的な業績連動型の配当ではないという事です。

ヤクルト(2267)の配当性向は10%台程度で推移していて、無理をして配当を出しているわけではないので業績が悪化しても年額30円のベースは守られるでしょうが、そのかわり業績が良くても大幅な増配も望めません。

配当性向を示していないし、小刻みにたんたんと増配する傾向はあっても、あまり配当に熱心な姿勢があるとは思えません。

「利益配分に関する基本方針」と会社四季報の情報程度からでもこういう事が読み取れます。


いろんな会社の「利益配分に関する基本方針」を読んでみて、過去の配当金の推移、減配の有無、財務状態や株主構成などを調べていけばだんだん会社ごとの配当意欲の違いが読み取れるようになっていくでしょう。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ

おすすめのセミリタイア(早期リタイア)ブログ2018年版

関連記事:おすすめのセミリタイア(早期リタイア)ブログ10選まとめ

おすすめセミリタイア(早期リタイア)ブログの紹介記事を更新したいと思っていました。

しかし人様のブログの紹介記事を書くの凄く大変だし、ブログは旬があるので(更新が止まったり方向性が変わったり)、なかなか更新出来ずにいました。

とりあえず2018年時点で、私が読んでいる現行セミリタイア(早期リタイア)ブログを順不同でサラッとあげていこうと思います。

前回紹介したブログ以外の新規におすすめするブログです。

この記事を読んだ人でこれは知らなかった、というのがあれば良いですね。


1 やぶさかではないぶろぐ

これセミリタイアブログかな?というとちょっと微妙かもしれませんが、少なくともブログ村のセミリタイアカテゴリーに登録されているのでセミリタイアブログのようです。

他に「フリーランス生活」カテゴリにも登録されているようです。つまりそういう立ち位置のブログです。

「今現在の自分の仕事やセミリタイアについて考えてみる」の記事によると、

「会社を辞めた時点で知らないうちにセミリタイア的状況になっていた」ということのようです。

イラストレ―ターなのでセミリタイアブログとしてはイラストが描けるというのが珍しくて異色です。

正社員と契約社員とフリーターを何度も行き来して最終的に自営業で落ち着いてる経歴で、

セミリタイアして再就職しない人は誰でも自営業的なポジションになるので、今は私はこういう職歴の人のブログに興味があります。


2 32歳、1000万でセミリタイアしました

簡単におすすめしていいのか悩んだブログです。理由は闇が深そうだからです。でもおすすめしてしまう。

更新頻度が低いのが難点ですが、それもそのはずで、1記事作成するのにとんでもない時間をかけているようです。

私なんか酷い時は15分ぐらいで1記事でっち上げてしまうのに、くろやぎ氏は凄い時は数週間かけているようです。

ブログにこもってる妙な熱量が他のセミリタイアブログと全然違います。

分量がめちゃめちゃ多くて私小説か?みたいな事になってます。

それだけに読み応えはあります。時間のある時に読むことをおすすめします。

ダメ系セミリタイアブログはコメント欄などに大量にアンチ読者が湧くものですが、くろやぎ氏を悪く言ってる人は見かけた事が無いですね。

その点オンリーワンの異色なセミリタイアブログになっています。


3 海辺の空き家で静かに暮らす

このブログもセミリタイアと言っていいのか分からないけどセミリタイアカテゴリーに登録されています。

というのも、

大学卒業後、荒船海岸でテントを張って生活してました。その後近くの空き家を貸してもらえる事になりましたが、2度の引っ越しをへて、現在海まで徒歩一分の空き家で暮らしてます。

自己紹介より


こういう異色の経歴でサラリーマンが仕事を辞めてセミリタイアというより最初から世捨て人のような雰囲気があります。

とは言え現在はそれなりに収入があるようで、最新の家計簿を見ると月の収入が185,395円に対して、支出が32,329円になっています。

生活費が家賃込みで3万円て。この月収でも下手な正社員より貯金できているかもしれません。

大学卒業直後から海辺でテント暮らしをしていたような人だから、このぐらい余裕なのかもしれません。

「和歌山、串本で海・空・音を感じながら田舎暮らし」とあって節約系ブログにありがちな節約し過ぎて殺伐とした雰囲気が無いのが良いですね。



とりあえず最近私が読んでるセミリタイアブログを3つおすすめしました。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます