タグ:マイナンバー

  • 2018/10/13シンプルライフ

    証券会社の口座はあまり数が増えすぎると管理が煩雑になるので、口座数は絞った方がいいと思います。引っ越しや転職の時など住所変更や属性変更などの事務手続きの手間がかかりますし、2015年12月以前に開設した口座はまだマイナンバーの届け出をしていない人も多いはずです。未届けの口座は2018年末までにはマイナンバーの届け出をしなくてはいけません。また、ご契約内容に関わらず、2015年12月末までに証券総合口座を開設をした...

    記事を読む

  • 2017/02/17税金・確定申告

    白色申告も3回目ですので、もはや慣れたものです。初日の2月16日とあって税務署は混雑していましたが、自宅で書類は準備して来たので、そのまま窓口で提出して控えに受付印をもらって終わりです。税務署は混んでいても提出窓口自体はガラガラなので、5分もかからずにサクサク終わりました。来年はe-Taxを導入して、さらにサクサク終わらせようと思います。今年からマイナンバーを記入するようになっているので、窓口での提出の...

    記事を読む

証券口座の解約・閉鎖の面倒臭さとマイナンバー

証券会社の口座はあまり数が増えすぎると管理が煩雑になるので、口座数は絞った方がいいと思います。

引っ越しや転職の時など住所変更や属性変更などの事務手続きの手間がかかりますし、2015年12月以前に開設した口座はまだマイナンバーの届け出をしていない人も多いはずです。

未届けの口座は2018年末までにはマイナンバーの届け出をしなくてはいけません。

また、ご契約内容に関わらず、2015年12月末までに証券総合口座を開設をしたお客さまも、2018年12月末までにマイナンバーのご提示が必要となりますので、期限内にお手続きをお願いいたします。

Qマイナンバーを提示しない場合はどうなりますか?(SBI証券ヘルプ)



以前はSBI証券のヘルプには「2018年12月末までにマイナンバーがご提示いただけない場合、2019年以降のお取引が停止となる可能性もございますのでご注意ください。」という文言があったのですが、いつのまにか消えていました。

証券会社としてはとにかくマイナンバーを提示してくれということでしょうし、マイナンバーを提示しなかった場合は具体的にどうなるのか結局分かっていません。

関連記事:期限までにマイナンバーを届出しなくても株取引には影響は無い、らしい


それはともかく、普段取引していない休眠口座がある人は、証券会社にわざわざマイナンバー情報を渡す事もないでしょうから、この際使ってない口座は解約・閉鎖の手続きを取った方がすっきりするでしょう。


しかしまた、この口座の解約・閉鎖の手続きが面倒くさいんです。本人確認が必要ということで?いくつかの証券会社が解約・閉鎖書類の郵送のためにつながりにくいコールセンターに電話させるという手順になってます。

ネット証券でもわざわざ解約書類を郵送してもらい記入してまた返送、ネット上でPDFファイルをダウンロードして印刷、郵送という証券会社もありますがやはり手間はかかりますね。

いまどき取引の殆どがネットで完結するネット証券なのになんだかなあと思います。解約手続きの手順をわざと複雑にしているのではないかと邪推してしまいます。

なおマイナンバー関係なしに証券口座は放置していて問題はないのか、という点はおそらく問題無いでしょう。

銀行口座のように何年も取引が無いと勝手に閉鎖されるという事も無いようです。

以前は特定口座で2年間残高がないと勝手に一般口座にされてしまうみなし口座という制度がありましたが、制度改正でなくなりました。

今後何か問題が出てくるとすればやはりマイナンバー関連ではないかと思いますが、何も問題ないかもしれません。何年も口座を残高ゼロで放置してIDもパスワードも忘れてしまった、という人はごまんといますし。

しかし私としてはやはり気持ち悪いので、無駄な口座はその都度整理するようにしています。ついつい口座数を増やしてしまうんですよね。

さてコールセンターに電話するとしますか……



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





早期リタイア後、3回目の確定申告に行ってきました

白色申告も3回目ですので、もはや慣れたものです。

初日の2月16日とあって税務署は混雑していましたが、自宅で書類は準備して来たので、そのまま窓口で提出して控えに受付印をもらって終わりです。

税務署は混んでいても提出窓口自体はガラガラなので、5分もかからずにサクサク終わりました。来年はe-Taxを導入して、さらにサクサク終わらせようと思います。

今年からマイナンバーを記入するようになっているので、窓口での提出の際の本人確認にマイナンバーカードか、身分証明書とマンナンバー通知書のセットが必要です。これは忘れないようにしましょう。


早期リタイア後の1回目の確定申告の時は、年末調整できてない払い過ぎた税金が還ってきて得をした気分(別に得をした訳でもなんでもないのですが、気分として)がしたりするのは早期リタイアというか退職あるあるでしょうか。

そして国民年金を自分で払う身分になって負担感に喘いだり、前年の所得にかかる国民健康保険の額の大きさに頭を抱えたりするのも、これもまた初年度のあるあるでしょう。

2年目からは段階的に負担が減ってきますし、3年目ともなると負担は最低限で、税金や社会保障費のあれこれにも慣れてきて、我ながら今回の確定申告は完璧ではないでしょうか。

2月16日の初日に確定申告を済ませて、すっきり爽やかな気分です。


pant_convert_20170217115842.png


この勢いで今年からは早期リタイア者の自営業化の初年度として、青色申告の体制づくりに取り掛かっていきます。

配当金とアフィリエイトで数百万円の不労所得収入がありながら、税金と社会保障費は最低限というこの日本国の「黄金の羽根」を拾うには、青色申告の攻略がカギになってきます。どうせならゲーム感覚で楽しんで攻略していこうと思います。












お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ




ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます