タグ:節約

暖房の電気代がヤバいので新電力を検討。比較に疲れ果ててコインチェックでんきのサイトを見る。

12月の暖房の電気代がヤバかったので、電気代節約の為に新電力への切り替えを検討していました。

新電力の会社は数が多いのでとにかく比較が大変。正直疲れ果てました。

比較サイトを使えばいいのでは?といってもこれも大変。

電気料金比較サイトも複数あり、電気料金の比較をするためにまず比較サイトの比較をするという笑えない状況。

比較サイトは

エネチェンジ
価格.com
タイナビスイッチ
インズウェブ

あたりがあります。

使いやすさは一長一短があり、それぞれ存在する全ての新電力の案件を扱っているわけではないので、結局全部使ってみました。

しいて言えば使いにくいのは価格.comですかね。使いやすいのはタイナビスイッチとインズウェブ。






難しいのは、従来の電力会社の電力料金のプランは電力使用量が多ければ多い程割高になっているので、新電力への切り替えは基本的に安定的に電力使用量が多い、戸建で部屋数が多い大家族の家庭ほどお得になる事です。

賃貸ひとり暮らしで、一か月留守にする事もあり基本的に使用量は少ない、しかし冬場などは一日家に居て大量に電気を使うかもしれない、私のような特殊な条件に当てはまるプランって無いですよね……

Looopでんきなんかは基本使用料が0円で使用量に関わらず電気代が一定なので良さげです。全く使わない月はもちろん、使う月もある程度の電力使用量がコンスタントにあればお得になります。





やはり結論としては、どこの新電力へ切り替えても、よほど普段の電力使用量が安定的に高くなければ、劇的な節約効果はない、という事です。

しかし手間無しで少しでも安くなるなら、やっておくべきでしょう。その場合気を付けるのは、間違っても切り替え前より電気代が高くなった、という事がないようにする事です。

最終的に「HTBエナジーでんき」に決めました。

基本料金も従量料金も既存電力より5%OFF。電気を多く使う月も、使わない月も5%OFFなので損はしないでしょう。1年以内に解約したら違約金が発生する事だけ気を付ければOK。

節約という意味では大した事はありませんが、もう面倒なのでこれでいいでしょう。節約も甘くありませんね。



「コインチェックでんき」が話題になっていました。

こんなのまでやっていたんですね。



現在新規ユーザーの受付は停止しています。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

セミリタイアの肝(キモ)は支出削減であり一番有効なのは節税

このブログの内容は私が株式投資でセミリタイアして配当金生活をおくる様子を綴ったり普段考えている事を述べるものですが、やたら税金の話が多いです。

月々の出ていくお金、支出が少ないほどセミリタイアのハードルは下がるのですが、無理な節約をする前にやることがあります。

それが払う税金(社会保障費も税金の一種と考えられる)を最小化することです。

無駄な税金を払っていると投資に回すお金も減るので、どんどん資産形成のペースが遅れるしセミリタイア後は無駄な支出になります。

無駄な税金を払う事は百害あって一利なく、税務署もわざわざ教えてくれないので無駄な税負担は最優先で見つけて潰してしまう必要があります。

年間収入がいくらあって、それに対していくら税金や社会保障費を払っているか、把握しているでしょうか?

サラリーマンは源泉徴収で基本的に自分で確定申告をしないので、一番重要なこの分野に弱いです。

お金持ちとはなるべく税金を払わずに余剰資金を作り投資に回す人の事でしょう。その要領で資産をつくり、セミリタイアした後は継続して節税に励めばよいのです。

お金持ちの人ほどあまり直接的なお金儲けの話などはせず、やたら税金の話には食いついてくる人が多い気がします。

配当金生活をするぐらいの人なら、投資対象を選定するときに税金の計算まで全て済ませてしまいます。株式以外にも投資対象によって税制が変わってくるので投資するなら全て把握していなければなりません。

ビットコインなどの仮想通貨の投資家で呆れるのは、税金の事を全く考えずに投資を開始している事です。まともな投資家ならありえない話です。


元国税局芸人が教える 読めば必ず得する税金の話



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます