2017年10月から株式会社Finsightが、IPO投資の面倒なスケジュール管理を簡単にする無料Webサービス「IPO手帳」を提供しています。

私はIPO投資というほどのIPOに特化した投資の経験は無いのですが……

IPO(新規公開株)投資は、

1 需要申告期間中に証券会社に申し込み
2 抽選結果の確認
3 当選した場合は購入申込期間に購入申込み

という基本プロセスを踏む必要があります。

これだけならまだカンタンなのですが……


IPO抽選の当選確率を上げるためには、

1 抽選の機会を増やす(複数の口座、複数の証券会社で申し込む)
2 主幹事証券を狙う
3 抽選ルールを把握して効率良く申し込む

という必要があります。

基本プロセスに対し、IPO銘柄1件に対して複数の幹事証券が存在しているため、それを複数の証券会社の複数の口座(家族口座など)で実行する必要があります。そもそも主幹事証券がドコで副幹事証券がどれだけあるかも調べないといけない。さらに証券会社ごとに抽選のルールが違うのでその把握も必要。

IPOが集中する時期や季節もあり、上記プロセスを漏れなく確実に実行する為にはスケジュール管理が必須で、個人投資家の多くはエクセルで作ったお手製のスケジュール帳などを使って、IPO投資専門ブログなどを参考に涙ぐましい努力をしているようです。


め、面倒くせえ……

ということで、IPO投資には二の足を踏んでいたのですが、このサービスの存在を知ってからはちょっとやってみようかと思ってます。

無料サービスなので無課金、登録する情報はメールアドレスと生年月(西暦年と月だけ)だけなので気軽に始められます。広告で利益を出すモデルのようです。

投資歴がそれなりにある人は複数の証券会社の口座を持っているのが普通なので、スケジュール管理をWebサービスに任せられるなら最小の労力でIPO投資を始められるでしょう。

対応証券:野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、東海東京証券、岡三証券、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、カブドットコム証券、岡三オンライン証券、エイチ・エス証券、岩井コスモ証券、東洋証券、丸三証券、いちよし証券

追記:2018年1月18日
・ライブスター証券
・むさし証券
・GMOクリック証券
 が追加されました。





というわけで、「IPO投資のスケジュール管理を簡単にする 無料Webサービス『IPO手帳』」の紹介でした。


スポンサーリンク





カテゴリ
タグ