関連コンテンツ

「家計簿(マネーフォワード) 」カテゴリ記事一覧


配当金生活の家計簿(2016年5月)

2016年も5月にしてやっと生活費が減ってきました。

kakeibo.jpg

本当に最低限の基礎生活費って10万円ぐらいですね。
大きな買い物や税・社会保障費が無い月は、特に節約を意識しなくても15万円ぐらいには納まってます。
実際、改善すると言いながら全然節約を意識できてません。

携帯電話代や交通費がゼロなのが大きいですね。細かい所では散髪代とかもゼロ。世捨て人の家計簿です。

細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート 2017 (小学館実用シリーズ)





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

配当金生活の家計簿(2016年4月)

早期リタイア2年目で、今年から家計の改善を目指して見直しを進めています。

kakeiibo.png

いきなり支出が3倍に増えててドキッとしますが、国民年金の1年前納が原因です。

「特別な支出」の「家具・家電」はiPad Proの購入代金が主です。

この2つを除いた生活費は14万円ちょっとだから、ほぼ前月並ですね。

一か月あたりの基礎生活費が約15万円として掛ける12か月で180万円。税金と社会保障費で20万円以上30万円以下ぐらい?それと特別な支出が30万円くらいとして(すでに20万円以上使っていますが)、普通に暮らしていたら年間で250万円は超えないぐらいになるのではないかと思います。

あんまり削る所も残ってないですね…住民税非課税世帯なので、年金保険料免除の申請を出すという手もありますが、それはやめておきましょう。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

2016年2月の家計簿。改善は進んでいるかな?

過去の記事:2016年1月の家計簿。ここから改善していきます。

早期リタイア2年目で、今年から家計の改善を目指して見直しを進めています。


家計簿2月


まず良かった事から見ていきます。

いきなり食費が半減以下!

と言っても買い置きの食糧や食材を優先的に消費していっただけなので、体感的にはまだ月に3万円ぐらいは使っているような気がします。

通信費の4,978円は固定回線のフレッツの光回線です。なぜこの回線かと言うと、現住所ではこれ以外の選択肢が無かったからです。WiMAX2も格安ADSLもサービス外の地域です。コストパフォーマンスでこれが最適でした。

固定、携帯ともに電話代がゼロなので、通信費についてはこれ以上削る所がありません。見直しはこれで終わりです。以上。



次、悪かった所や見直すべき候補は…

「特別な支出」がいきなり10万円オーバーしてるのが目につきますが、これはポータブックを買ったのが主な理由です。これは必要経費なので?不問とします。次。

室内テント生活によって光熱費がかなり減っていますが、水道代が思ったより高いです。スポーツジムに通っているので、ジムのサウナやシャワーを利用して自宅での入浴を省略する頻度を増やせばもう少しは節約できそうです。ただでさえ水道料金の高い地域ですからね。

相変わらず書籍代(ほとんど電子書籍)が結構かかってます。原因はkindleなんですが、経済関係の書籍は古本屋や図書館で入手できるものでは情報が古すぎて役に立たなかったり、そもそも入手困難な物が多いです。kindleでは即時に入手できるので、つい買ってしまいますが悩ましい所です。あと漫画も。

株式投資関係の書籍はむしろ古いものほど洗練されていたりして、あまり最新の書籍を買う必要は感じません。心理的な部分では人間は数百年程度では全然進歩していない事を感じさせます。


家計改善はじっくりやっていこうと思います。固定費についてはもうあまり削る所も無いので、消費行動の見直しが主になると思いますが。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ