関連コンテンツ

「投資信託 」カテゴリ記事一覧


非上場の投資信託より、ETF(上場投資信託)の方が自分に合っていると思う

ETFと投資信託、株式の違い(日興アセットマネジメント)

ETFと非上場の投資信託の違いは上記を参照して下さい。
上場の要件を満たすために、同じ投資信託でもETFと非上場の投資信託ではかなり性質が違ってきます。しかし名前は同じ投資信託なので、違いを理解していない人も多いと思います。

私は個別株から投資経験をスタートさせています。というか、ひと昔前まではETFも投資信託も投資環境が整備されていなかったので、ちょっとやる気のある人なら皆個別株から入っていたはずです。

ひと昔前は投資信託の信託報酬も売買手数料もべらぼうに高かったので、株式の売買手数料が自由化された後では個別株の方がコスト的に圧倒的に有利だったのです。投資信託の商品の種類も少なかったし。

最近はノーロードの投信も増えたし信託報酬も安くなったので、あえて手間のかかる個別株投資に向かわず投資信託から入る人が増えています。

しかし個別株から入った人間からすると、投資信託の独特のルールには戸惑います。

1 販売会社によって扱う商品が全然違う。特定の商品を買うためにそれぞれの会社の口座を開かなければならない。
2 価格が時価の株式と違って思った値段で買えない。
3 元本払戻金(特別分配金)が存在する。

1番は個別株でも証券会社によって扱う市場は違ったりするのでまあいいでしょう。
2番は個別株から入った人にとってはストレスになるかもしれません
3番は一番問題です。

ETFの利点は非上場の投資信託より信託報酬が低い事、株式と同じように売買できるので流動性が高い事、特別分配が無い事などです。株式と同じ様に扱えるのが最大の利点ですね。投資信託から入った人は個別株投資は面倒くさい、と思うかもしれませんが、個別株に慣れた身としては投資信託の方が考慮するポイントが増えて面倒臭いのです。

問題点としては、ETFは種類が少なくて債券や商品など多種多様なアセットをカバーしきれない事ですが、これも最近はやっと改善されつつあります。それで私も重い腰を上げてETFや投資信託の比較検討をしているわけです。

ETF投資入門 (日経文庫)



スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

投資信託申込手数料がタダの証券会社が存在する

フィデリティ証券がそれで、預かり残高が3000万円以上で、ファンド申込み手数料がタダになります。
フィデリティ・ダイレクト

ここまで読んでブラウザのタブをそっと閉じようとした人も、ちょっと待って下さい。タイトル詐欺ではありません。
私も個人投資家の運用資産額の中央値が、アベノミクス後でも500万円ぐらいに過ぎないことは知識として知っています。

フィデリティ証券では不定期ながら毎年のように手数料無料キャンペーンをやっていまして、その内容も制限なし、全ファンドの購入手数料がタダになると言う太っ腹なものです。

今回は2015年4月20日から7月10日までの期間です。私は口座を開設しているので、キャンペーン通知のハガキが届きました。

毎年キャンペーン時期だけ取引すれば、実質購入手数料無料の証券会社と同じことです。
投資信託の購入を検討している人にとっては、最優先で口座を開いておくべき証券会社です。

投資信託に限れば国内の他の証券会社とは比べものにならない程サービスが充実していますが、いまいち知名度が低いのはやはり外資だからですかね。世界的にはとても有名な会社です。


ちなみに預かり残高に関しては、1000万円以上、2000万円以上、3000万円以上と段階的に優遇措置があります。
他の国内証券にも預かり残高に対する優遇はありますが、ここが一番良心的です。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

投資信託も本当は買いたい

私が思うに投資信託の最大のメリットは、個人が投資するのが難しい分野に簡単に投資できることです。

全世界の株式の平均値を買う、なんていうのは個人では不可能。
大手の証券会社でも扱いがないような、マイナーな複数の国の債券に分散投資するとか。
マイクロファイナンスに投資したかったら、少し前までは大和証券のファンドしか選択肢がなかったり。

投資のツールとしては投資信託はとても便利で、本当は積極的に利用したいのです。
しかし、販売手数料と信託報酬が高い。

投資信託のコストがなかなか下がらないのは、結局売る方も買う方もこれでいいと思っているからでしょう。

売る側については、高コストの投資信託でも特配続きの毎月分配や高金利の外貨建でごまかせば売れますし。
買う側についても、投資の勉強の手間を回避できるのなら、「プロにまかせる」という大義名分で高いコストを払っても買いたいのでしょう。

需給のバランスで成り立っているので、いまさら文句を言うつもりはありません。

私は買う側としてこれでいいとは思っていないので、投資信託用として「フィデリティ証券」の口座開設だけはしてあります。
ここは年に一回か二回(ボーナス時期?)全投資信託が販売手数料無料になるキャンペーンをやっています。
販売手数料が3%を超えるようなふざけた投資信託もこの時だけは買えるかもしれません。

あとフィデリティ証券では大口の顧客は手数料が下がり、超大口になると無料になります。
超大口の顧客になれば、コストは向こうから下げてくれるんですよね。
逆に言うと、高いコストを喜んで払っているうちはゴミ投資家です。
同じゴミ投資家なら、とことんコストを削って資産を育てましょう。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村