関連コンテンツ

「桐谷さん 」カテゴリ記事一覧


桐谷さんの引っ越しを今更視聴した感想

今更ながら「月曜から夜更かし」の桐谷さんの引っ越しを視聴したので、感想など。





前回までの引っ越しを決める経緯からですね。「桐谷広人66歳春の引っ越しプロジェクト」

「生まれて今が一番悲惨」という汚部屋から脱出するために、引っ越しを決定。契約も済ませました。しかし桐谷さんの新居に荷物をいったん全て持っていくという耳を疑う発言があり…またゴミ捨てからスタートです。断捨離のやましたひでこ女史を再び招集します。そしてゴミの山の中からあるモノを発見(ドン引き)…





次の助っ人は梱包のプロの2人です。プロの目からすると桐谷さんの部屋の汚さはABCDEでランクするとBとCの間(Aが一番汚い)らしいです。世の中上には上が居ますね…おそろしい。

ゴミの中からフロッピーディスクも出てきますが、WindowsじゃなくてNEC(6701)のPCキューハチ…桐谷さんが20数年住んでいた部屋なので歴史を感じます。この部屋でバブル崩壊もリーマンショックも乗り越えてきました。フロッピーはヤフオクに出せばまだ売れますよ。

桐谷さんのママチャリは一日に4~5回チェーンがはずれるって…これはチェーンが伸びきってギヤが摩耗してるんですよw
部品交換してあげたいけど余計なお世話ですね。桐谷さんはそんな次元で生きていない。






新居は3LDKで90㎡ぐらいと広々。決断の決め手は「2階の部屋で窓から見える下が土」火事の時飛び降りるからだとか…ポイントそこなの!?

洋室3部屋は全てダンボールで埋まって…

最後はおなじみの絶叫マシンに乗ってシメ。どうも桐谷さんのやらされてる感が可哀想な気もしますが、こう見えて絶叫マシンは大好きなんですよね。

今回は桐谷さんにもこの1年で色々心境の変化があった…という事が分かりました。

株ブームの時ってこういうアイドル的な人が出てくるんですよ。桐谷さんが株主優待の人として世に出た時そう感じました。もうそろそろ株ブームも終わりそうだし桐谷さんの周辺も落ち着いてきてある程度はのんびりと余生を過ごせそうです。リーマンショックの時と違って信用取引やってないので大暴落が来ても死にはしないでしょうし。

桐谷さんが教えるはじめての株主優待





スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

株主優待の桐谷さん、新居は「西武新宿線 新井薬師前駅から徒歩5分 3LDKで家賃は20万円」

「月曜から夜ふかし」に1年ぶりに桐谷さんが登場しました。

桐谷さんは投資関係の新聞雑誌に頻繁に登場していますが、私はそれ系の情報は読み飛ばすクセがついているので、久しぶりに脳内の桐谷さん情報が更新されました。

とはいえ自宅にテレビが無いのでソースはネットだよりです。こういう時だけはテレビが無いと困ります。

【画像】『月曜から夜ふかし』の株主優待・桐谷さんが自宅を家賃20万円のマンションに引っ越し

これによると、桐谷さんの新居は「西武新宿線 新井薬師前駅から徒歩5分 3LDKで家賃は20万円」です。

私は都内の家賃相場はピンと来ませんが、マツコ・デラックスは「安い」と言ってますね。もっともマツコの金銭感覚はアテにならないと思います。

そもそも桐谷さんが引っ越す必然性は特に無いのですが、あのゴミ屋敷にいつまでもいると健康を害しそうなので気分転換の意味でもいいかもしれません。

家賃20万は高いと思いますが、桐谷さんは株主優待と配当金で生活費を賄えるし、年金もあるので家賃で消費しないとお金が減らないでしょう。なんせ株主優待を消化するのに忙しくてお金を使うヒマが無いのです。その本末転倒ぶりが笑いを誘います。人気が出るわけです。

個人的には桐谷さんの確定申告が気になります。この家賃はいくらか経費にできるんでしょうかね?経費にできないともったいないなあ。

はっきり言って桐谷さんに必要なのは3LDKではなく1LDK+倉庫でしょう。倉庫にダンボールを突っ込み、荷物の存在を忘れてしまう事です。ただ、どうせまたゴミ屋敷化するんだろうなあ…しかし桐谷さんはそんな次元で生きていない、と。

桐谷さんが教えるはじめての株主優待




スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

優待王?桐谷さんの壮絶金策体験

優待王・桐谷氏、“人生最大の失敗”激白「救ってくれたのは…」

>株主優待生活で引っ張りだこの“桐谷さん”こと桐谷広人氏が17日、『日経マネー30周年記念 特別シンポジウム』に登壇した。当日は「クラッシュで死にかけた私を救った優待投資」をテーマに、“人生最大の失敗”を激白し、大勢の聴衆を魅了した。

 >桐谷氏が生活費に困ったときに、優待でもらったお米や缶詰などで救われたことは周知の事実。だが、実は信用取引でマイナスが膨らみ、本当に金銭面で地獄を見たときがあったという。


いつのまにか優待王になっている桐谷さんです。

「激白」となってますが、桐谷さんが過去に信用取引で何度か失敗しているのは周知の事実。親に金を借りた話は聞いた事がありましたが、妹さんにも借りたんですね。妹さんに300万円、父親に3千数百万円。

それにしても、ここまでプライベートをさらさないといけないんですかね。歳からしてもうひっそりと暮らせばいいと思いますが、桐谷さんって独身のせいか全然枯れてないんですよね。


ところで、信用取引する人は最終的にどれだけ金策できるか考えておいた方がいいですよ。ちょっと経験ありますが、人間追い込まれたら何を考えるかわかりません。売る家も無ければ頼る親もいないという人は、昔は信用口座の審査が通らなかったらしいですよ。今はネット証券で下手したらクレジットカードも作れないような人でも口座が開けたりするので、何かあったらヤバいです。

迷惑をかけられる人がいるだけ幸せですね。

ダイヤモンドZAI(ザイ) 2015年 12 月号



スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村