関連コンテンツ

「シンプルライフ 」カテゴリ記事一覧


kindle電子書籍生活でリアル書店に足を運ばなくなりました。ちょっとさみしいですが…

現在読書生活は完全にkindleに移行しています。

過去記事一覧(時系列が新しい順です)↓

12.9インチのiPad Proを購入した動機
電子書籍化による読書生活の変化(デメリット編)
電子書籍化による読書生活の変化(メリット編)
kindleで青空文庫の文学作品を読む。全集を買うかは悩む。
蔵書の断捨離に着手→終了
これから本はなるべくkindleで買おうと思う

書籍は電子書籍で入手するのが基本になってます。雑誌ですらそうです。

こうすることによって、本の置き場所に悩んだり掃除やゴミ出しに煩わされる事が一切無くなりました。

こうなってくるとリアルの書店に足を運ぶ必要が一切無くなるので、生活圏内に目につく書店が無いとその存在を忘れそうにすらなります。

以前は生活圏内に大型書店があるかどうかが引っ越しの際の重要なポイントだったのですが、変われば変わるものです。

ちょっとさみしさもあります。書店に足を運ぶのも一種の娯楽だったので完全に無くなるというのは。完全に割り切ってしまうと過去のものは不要になっていくんですね。

まだ割り切り電子書籍派は少ないと思いますが、確実に増えているのは確かで、ある時点で一気に多数派になると思います。いつ頃になるのかは分からないですが……



スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

「ダンボールの家」と言ってもホームレスじゃありません

「ダンボールの家」と言ってもホームレスのダンボールハウスではなく、ちゃんとした構造をもつダンボールの建材を使った家ですね。

見た目もオシャレで小屋ぐらしとは一線を画します。



ダンボールだと水に濡れたらすぐ崩壊しそうですが…
表面はちゃんと保護されていて耐用年数は50年あるそうです。ホンマかいな。

画期的なのは輪切りの形のモジュールを組み合わせて筒状の家を構成するスタイルで、これにより移動、組み立て、解体が容易になってます。基礎工事もいらない(木の架台に乗っけてるだけに見えます…)ので1日で建設可能です。

木造に見えるのは木製のシールを貼ってるから。水回りはどうなってんの?と思いますがキッチンやバスルームのモジュールもあるようですね。必要なモジュールを足していけばいいのか…

適当な安い土地を買ってコレを建設して、住むのに飽きたら土地を売って家ごと次の土地へ移動…という流れ者ライフスタイルも可能になるような気がします。なんせ一日で建設可能なので…

残念ながらまだ今のところ年間限られた数しか出ないようで、オランダを中心にヨーロッパの数か国で入手できるのみのようです。

輪切りのパーツ1つで5㎡ぐらいのようだから、最小構成の3つで15㎡、最低限のワンルームぐらいの広さですね。

気になるお値段は最小構成で2万5千ユーロ?日本でもこの手の組み立て移動式の家、開発販売されませんかね。

日本ではとにかく生活における住居のコストの占める割合が高すぎて住宅ローンだの何だの生きづらさの原因の1つになっています。別に住むために働いているわけじゃない、この程度の家の機能で充分という人にとっては移動可能で土地に縛られないという事と併せてこの手軽さはいいですね。商売になるようだったら値段ももう少し下げられそうだし。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

12.9インチのiPad Proを購入した動機

iPad Proを購入しました。新発売の9.7インチではなく、昨年発売の12.9インチのデカいほうです。


iPad Pro Wi-Fiモデル 128GB ML0R2J/A ゴールド(iOS)



なぜこれを買ったかというと、雑誌やコミックを原寸大のフルカラーで読みたかったからです。特に雑誌。

週刊誌とかは読みませんが、趣味のジャンルの専門誌のバックナンバーはたまにkindleでセールしているので買う事があります。

12.9インチのiPad Proだと、横にするとA4サイズの雑誌を見開きでほぼ原寸大に近い大きさで読むことができます。

コミックも見開きで見ると大迫力です。見開きの1枚絵なんかは紙の本で読むより迫力ありますね。

ハイスペックなので動作もサクサクだし大画面だしRetinaディスプレイも綺麗だし言うことありません。

もちろんAmazonプライムのプライムビデオの動画を観るのにも使えます。スピーカー4つ搭載で音がかなりいいんです。

12.9インチのiPad Proの用途については別売りのペンやキーボードを購入して、絵を描いたりPCの替わりに使ったりする用途が主要だと思いますが、私はこれを贅沢にもほぼ電子書籍端末として使っています。

文章メインの書籍はkindle専用端末で読んで、ビジュアルメインの書籍は12.9インチのiPad Proで読むという使い分けです。

重量が1.2 Kgもあるので長時間手に持って読むのはきついですが、まあ筋トレだと思えばいいんじゃないかな?(こんなレビューってあるかな?)

購入に当たっては高めの価格がネックです。が、これで自宅から紙の媒体を一掃できると考えて計画的衝動買いしました。

いよいよ書籍の断捨離も最終段階に入ってきました。もう紙の雑誌やコミックを買う事も無いでしょう。

ゼロからはじめる iPad Pro スマートガイド [iOS 9対応版]





スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村