関連コンテンツ

「お役立ち 」カテゴリ記事一覧


時節柄、「東京防災」の再紹介です

先日4月14日の朝7時にたまたま「東京防災」の紹介記事を公開したのですが、なんとその日の夜に熊本で震度7の地震が起きて驚きました。

過去記事:「東京防災」電子書籍版が無料配布中でおすすめ。

東京防災



無料ですし、よくまとまっているので是非一読をお薦めします。

せっかくなので「東京防災」の中から、使えそうなサバイバルテクニックなどを紹介していきます。


東京防災

私もキャンプなどをしていて実感するのですが、暖を取る時は背中から温めるのがいいんです。逆に真夏の熱中症対策には背中から冷やすわけですね。

ストーブやたき火などの熱源があれば、手をかざして指先を温めるのもいいんですが、まず背中をあぶるようにして暖を取るのが効果的です。


東京防災2_convert_20160420010001


貼るタイプのカイロが入手できればまず尾てい骨の上に貼る、など。



東京XD


かわぐちかいじ氏の漫画つきです↓

東京防災





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

「東京防災」電子書籍版が無料配布中でおすすめ。

「東京防災」の電子書籍版が3月30日から無料で配布されています。紙の書籍は140円だそうです。

東京防災



「東京防災」の電子書店での取扱開始について

防災ブック「東京防災」

あらかじめ電子書籍端末にダウンロードしておけば、Kindleなどは相当バッテリーが保つので被災時にも参照できると思います。
(※追記:小さいkindle専用端末だと拡大表示できないので、大き目のタブレットに電子書籍アプリを入れて読むのが読み易いようです。)

Webでも読めますがPDFなので読みづらいです。電子書籍ならサクサク読めるし、読み物としても面白いです。

巻末にかわくじかいじの漫画が付いていたり東京都も頑張っている印象。

災害時のための「日常備蓄」という考え方。いざという時誰にも頼らず暮らせる1週間分の食料は常に自宅にストックしておいて、日々使っていく事で自然に更新していくことができます。乾パンなどの非常備蓄はしまいこんで更新を忘れていたりしますからね…いざという時に賞味期限切れていたり。

チェックリストを参考に自分に合った備蓄リストや非常持出し袋を作成する事ができます。

面白い所ではロープの結び方や体温の調節方法などサバイバルテクニック的な事も書いてあるので、勉強しておけばキャンプなどアウトドアでも役に立ちそうです。

東京防災というタイトルですが、都民以外も普通に参考になります。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ