関連コンテンツ

「無職 」カテゴリ記事一覧


無職、辞めました。

今年から自営業になる、という事で、税務署に個人事業の開業届を提出してきました。

開業日は平成29年1月1日。

無職になったのが平成26年の10月31日(第二次黒田バズーカが炸裂した日)だったので、足かけ4年、2年2か月に及ぶ無職生活に終止符を打った事になります。

開業届の職業欄は一応、「ウェブサイト運営業」としたのですが、ここは別に大した意味は無いようです。しょせん職業名など自称に過ぎません。税務署が気にするのは実際の業務内容です。事業税の区分に関わってくるから。

同時に青色申告承認申請書も提出しました。

書類の書き方はカンタンなので、特に悩む事は無いでしょう。税務署での手続きも、記入漏れが無いかチェックするぐらいで、ポンポンと受領印を押して1分で終了。カンタンなものです。

本当に紙切れ一枚だけの話です。気軽に出せば良いと思います。

無職を気にする人は変に悩まないで、税務署に開業届を出すだけで良いのですよ。それで立派な個人事業主、立派な社会人です。社会人は会社人の事では無いのです。


フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。




「無職」カテゴリに愛着があるので、今後も無職関係の記事は書くかもしれません。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

今年最後の散髪、今年も散髪代はゼロ円

今年最後の散髪をしました。

フィリップス セルフヘアカッター 【180度回転ヘッド】 QC5560 メンズ グルーミング




こいつを使用してセルフカットです。

風呂場で散髪するのですが、さすがに12月にもなると寒いので電気ヒーターを脱衣所に持ち込んで作業します。

髪型は無職のフォーマルたるボウズ一択なので、作業は30分もかかりません。月一で作業しているので最早慣れたものであります。

今年も散髪代はゼロ円、そう言えば電話代もゼロ円ですが、Viber(バイバー)の国内通話無料トライアルが終了したので来年は有料ですね。





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

綿入れはんてん(袢纏、半天)という室内防寒着の可能性と限界について

12月に入って寒くなってきたので、今年も寒い自室の防寒対策が必要になってきました。

温暖な地方に住んでいるのでまだ暖房なしでも何とかいけますが、着るものはなんとかしないといけません。

袢纏(はんてん)

「はんてん」と「どてら」は違うのかと思ったら、「はんてん」は腰までの長さの上着で、「どてら」は腰より下まである長着の事らしいです。ただし、地方によっては一般的な「はんてん」の事を「どてら」と呼ぶ地域もあったりして、ややこしい話です。

丹前(たんぜん、どてらとも言う)

室内防寒着として使用される綿入れはんてんですが、これの長所は表地と裏地の間に綿が入っている構造上、断熱性能が非常に高い事です。

短所は、やはり構造上ぼったりとした形状で生地が厚く綿が重いため窮屈な着心地がする事です。湿度が高いと水分を吸って重くなることも。

まさに長所と短所は表裏一体です。

江戸時代からの由緒あるローテク製品なので、あか抜けないのは仕方ないかもしれませんね。現代の技術でもうちょっと軽くオシャレにするのは可能なようですが、限界はあります。

34歳無職さん 4<34歳無職さん> (コミックフラッパー)



まさに無職の冬の制服とも言える?綿入れはんてんですが、これがずっと着てると結構肩が凝って疲れるんですよ。「34歳無職さん」でもそのような描写があったと記憶しています。

しかし今年の私には秘策的なアイディアがあります。ローテクな綿入れはんてんを卒業して、ハイテクで機能的な防寒着を導入したいのです。

つまり室内でウインタースポーツ用のハイテクウェアを着るという案です。断熱性能が高く暖房の入った家でそんな事をすると暑くてたまらないでしょうが、断熱性能がクソな賃貸住宅ではいけるかもしれません。今でも冬用のジャージを着ているのですが、もっと防寒性能に振ったウェアにしたらそれで過ごせるのでは無いかと。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ