関連コンテンツ

「無職 」カテゴリ記事一覧


無職になると何故孤独に悩みがちなのか?

おカネを介してしか人間関係を構築できない人にとっては、職業は重要です。

労働力をおカネに変換する雇用関係というのは、言い換えればおカネを介して人間関係を構築しているという事です。金銭(労働力)の貸し借りで成り立つ関係です。

カネの切れ目が縁の切れ目、という言葉の通り、おカネさえあれば退職願いを叩きつけて仕事を辞めたい人は多いでしょう。

しかしこういう人は仕事を辞めると途端に孤独になる可能性があります。

金銭(労働力)の貸し借りで成り立っていた人間関係は、仕事を辞める事で綺麗さっぱり精算されて無くなります。

仕事上の人間関係は義務教育の学校や趣味のサークルのそれと違ってしょせんおカネを介した付き合いです。そこの所をちゃんと認識してる人なら、仕事を辞めて無職になっても孤独に悩む事は無いでしょう。

本当の人間関係の構築に本来職業は関係無いのです。肩書きと利害関係を外して付き合う価値のある人は少ないでしょうし、定年退職するまでそれに気付かないちょっと間の抜けた人もいます。

本当の人間関係は金銭(労働)の貸し借りでない形、金銭を介しない形で構築する必要があり、言い換えれば金銭以外のものを貸し借りしていなければ無職になった途端何も無くなります。

こうした人がまた人間関係を復活したいと思えば、再就職するしかないでしょう。この調子だと一生働き続ける必要が出て来ます。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

無職、辞めます。

無職カテゴリー30記事目です。

仕事を辞めてから丸2年が経過しました。730連休を突破 です。

相変わらず労働意欲は湧いてきません。うっかり働いてしまうという事もなく、ここまで来ました。


ということは、このままの状態で良いという事でしょう。

実態はこのままで、来年からは肩書きと確定申告だけ変えてみようという事です。

肩書きは自営業で。

確定申告は青色申告で。


やはり無職と名乗ると相手の反応が様々なんですよね。

初期はそれも楽しんでいましたが、最近は飽きたというか面倒になってきたのでシンプルに自営業でいいかなと思うようになりました。心境の変化です。

あとは残された2か月ほどの無職期間を楽しむ事にします。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

「小人閑居して不善を為す」の意味を誤解しているかもしれません?

小人閑居して不善をなす ショウジンカンキョシテフゼンヲナス

記憶が定かでは無いのですが、学生の頃に誰か大人にこの言葉を教わったような気がします。

小人、つまりつまらない人間がヒマを持て余すとロクな事を考えない、悪事をはたらく、というような意味あいで、勉強しない子供や働かない大人に説教する時に便利ですね。

無職でゴロゴロしてる人間なんてまさにこれで、そのうち犯罪にでも走るんじゃないの?とトンでもない偏見を持たれたりするかもしれません。


しかし調べて見ると、どうも本来の意味は違うようです。

出典は「四書五経」のひとつ「大学」で原文は、

君子必慎其独也 小人閑居為不善 (君子はひとりの時でも身を慎み、小人は人が見てないと悪事に走る)

となっています。

悪事と言えば大げさですが、人間は人目が無いとサボりがちというぐらいの意味なら頷けますね。

ってこれ全然意味が違うじゃないですか。

「閑居」の閑はヒマという意味ではなく間居、独居という意味らしいです。

「閑(ヒマ)」「不善(悪事)」という言葉の力(イメージ)が強すぎて、誤用の方が拡がって完全に定着してしまったようです。

早期リタイアしてヒマそうにしてるとこの言葉を持ちだして説教されるかもしれませんが、その時はこの知識で正しい?意味を教えてあげて下さい。

まあ実際ゴロゴロしてロクな事を考えてないので、何の解決にもなってない気がしますが……君子にはなれませんがちょっとは身を慎んだ方がいいかもしれません。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村