関連コンテンツ

「運用方針 」カテゴリ記事一覧


投資の素人がプロに勝てるか?

投資の素人がプロに勝てる訳は無い、だから素人が投資をするのはムダである、という論理を展開する人がいます。

ここで、

「素人でもプロに勝てる。そう、インデックス投資ならね。」と考える(ネタが古くて済みません)のがインデックス投資家です。

私ならこう考えます。

「素人がプロに勝てないんだったら、プロになればいいんじゃないの?」

こう言うと、それが出来れば苦労しないとか、そもそも大変な思いをしてプロになりたくないとか、とにかく否定的な反論ならいくらでも考え付きます。

しかし世の中には謙虚な人が多いというか、騙されていると思うのは、「プロ」というものを神聖視しすぎな傾向があると思うんですよ。

ひとくちにプロと言ってもピンキリです。

パチプロだってプロですよ?言ったもの勝ちの世界です。素人はハッタリに弱いんです。

そこでパッシブ投資ではなく、アクティブ投資の道を選ぶとして、まずはプロになる事をお薦めします。「初心者です」とか「素人です」とか無駄に謙遜する人は一生プロにはなれません。まずいきなりプロになってみる事です。

こういう事です。まず、限定された範囲のプロになる事です。範囲を極端に絞れば素人が比較的短期間でプロのレベルになる事は可能でしょう。

勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)



直木賞作家の浅田次郎の「勝負の極意」に、馬券で家を建てた馬券プロの話が出てきます。この話で面白いのは、馬券プロはダービーだの有馬記念だの注目度の高いG1レースはやらず、それどころか華やかなイメージのオープン戦にも見向きもしない事です。

馬券プロがやるのは500万下条件戦だけ。競馬に興味が無い人も多いと思うので詳しい説明は省きますが、下級条件のレースでずっとくすぶっている馬、いつも同じようなメンバーで勝負してるレースだけを対象にするのです。

競馬の楽しみのひとつは、新馬戦から条件戦、オープン戦から華やかなG1へと出世していく馬を追う事だと考える人には、こういう事は発想からして無いでしょう。

あ、条件戦に絞って馬券をやれ、という話ではありませんよ。馬券で勝つのは不可能に近いから、不可能を可能にするならこれぐらいの発想は必要だという事です。

私がおカネを払ってでも聞きたいと思うのは、こういう狭い範囲のプロの話です。誰でも出来る、という触れ込みの話には興味がありません。

本気でプロになろうと思ったら、対象範囲を広げる余裕は無い事にだれでもすぐに気が付くはずです。まずは極々狭い範囲でいいからプロになってみる事です。範囲が狭すぎると収益の機会も減るのですが、まずは出来るようになってから次の事に取り掛かるべきでしょう。

出来もしないクセに色んな事に手を出す人が多すぎるのです。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

なんのためにおカネを増やすのか?

私が考えるおカネの価値はシンプルで、おカネとは行動の自由を保障するものだと思っています。

おカネがあれば最低限飢える事もありませんし、やりたくない事はやらないでいい自由があります。おカネが無くても出来る事は多いですが、おカネが無ければ出来ない事もあります。

自由を購う以上の金額は必要ありません。目標が無いと、今度は意味も無くおカネを稼ぐ事が目的化して、逆に自由を縛る事になります。

しかし過剰な金額が必要ないからと言って、目標金額をシャカリキになって貯め込んで、死ぬまでにおカネを使い切る事を目標にしてしまうと、これはこれで窮屈な話だと思います。

ポイントは行動の自由です。

専業投資家というのは、うまくおカネが回ってる間は究極に自由な生き方です。

専業投資家を続けるには種銭が必要です。

この種銭はおカネであっておカネではありません。商売のために必要なものですから、漁師にとっての漁船、農民にとっての田畑、運送屋にとってのトラックのようなものです。

おカネに困ったからといって、それらを換金してしまったら明日から商売が出来なくなります。

専業投資家にとってはおカネは使うものでは無く殖やすものですが、これは商売人が商売道具を換金して使い込むことは無いのと同じ事で、別におかしな事ではありません。

生活費プラスアルファを稼ぐための種銭があれば良いのです。それ以上の余剰金が出来るようなら使い方は人それぞれ。

だから私の場合商売に差し支えない範囲ならばどんどんおカネを使っていくと思うので、意味なくなんのために稼いでいるのか?という状態にはならないと思います。

ハタから見るとそんな大金をどうするの?と思えるかもしれませんが、本人の意識はまったく違って必要な種銭を使って得た利益の範囲内で有意義に使っているのです。

結局、なんのためにおカネを増やすのか?という問いは何のために働くのか?という問いに繋がり、意味も無くおカネを増やしている人は、意味も無く働いているという事なのでしょう。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

米国景気の楽観論と今後の投資方針

米国のリセッション入り可能性低い、米株示唆-大手投資家は楽観的

>(ブルームバーグ):最近の市場の動きを見れば、米国のリセッション(景気後退)入りがほぼ避けられないと投資家が判断していると結論付けるのにそれほど時間はかからないだろう。だが、さらに深く調べてみるとシナリオはより穏やかであることが分かる。

>確かに世界の株式相場は弱気相場入りまであと数ポイントのところまで下落したほか、ジャンク(投資不適格)債の米国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)は4年ぶりの高水準に拡大した上、原油は他の大半の商品相場と共に値下がりしている。米株はこうした下降基調の影響を受けないわけではないが、米株が送っているシグナルに基づくと、米経済が1年以内に縮小に陥る確率は3分の1にすぎないことを歴史は示している。

年初の株価推移を見ると景気後退が来るのを前提にした下げ方になってますが、実際にそうなる確率はあまり高くなさそうです。ただ株価が上昇基調に復帰したとしても、2015年のチャイナショック以前のような一方的な上昇相場になる可能性も低そうです。

なんでもかんでも上がる相場が復活する可能性が低く、その天井も低そうな以上これからは投資対象は厳選する必要があります。銘柄選択の腕が問われることになり、やりがいはあります。

シナリオとしては実際に景気後退が来た場合と、来なかった場合で考えていますが、どちらにしても2015年以前のような景気拡大を前提にした全方位的な投資は止めるとして、単なる景気循環株は売却を進めていく方針です

相場が反発しいったん開いたスプレッドが縮小する方向へ賭ける(逆張り)とすると投資対象は、

・原油等の資源
・ジャンク債券
・新興国債券
・新興国株式

あたりになりますが、資源は配当を生まないので配当金生活の対象外です。ジャンク債(ボロ株ファンドの性格もある)は投資対象として現時点で妙味が薄いと見ます。それなら素直にまともな高配当の米国株を買った方が良さそうです。

あとは新興国の債券と株式ですが、今後資源価格や中国の景気がいつ、どのくらい回復するか見当もつかないので、新興国に対する投資は忍耐が必要になると考えられます。

長期間の投資になることを考慮して、時間を稼ぐという意味で利回りの高い水準まで来た債券に投資します。この水準からなら下がってもよし、長期間上がらなかったとしても利回りさえ確保できればそれも良しです。

どっちにしても、景気が減速するにしても2008年のようなそう極端な事にはならないという読みです。その上で個別株を含めて投資対象を絞りこんでいく。少なくとも高配当株を手当たり次第に買うのは危険ですね。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ