関連コンテンツ

「年金 」カテゴリ記事一覧


国民年金2年分前払い、カード・現金で可能に(今までは口座振替のみ)



厚生労働省は4月から国民年金の保険料を2年分前払いする時にクレジットカードや現金を使えるようにする。これまでは口座振り替えのみだった。現金やクレジットカードで前納すれば、毎月納付するのに比べ2年間で約1万5000円割り引く。前納の利便性を高めて、納付率の向上につなげる


国民年金保険料の「2年前納」制度(日本年金機構)

「2年前納」手続きの申し込み期限は毎年2月末で、平成29年度分は平成29年1月20日から受付開始、となってます。切り替えを希望する人はこの間に手続きをする必要があります。

私も今回新設されたクレジットカードによる2年前納手続きを利用しようと思います。今まではクレジットカードの1年前納を利用していましたので、切り替えになります。

2年前納による割引額が1万5000円程度、納付額が37万7000円程度として、クレジットカードのポイント還元率が1%〜2%とすると3770〜7540ポイント程度が得られる事になります。

クレジットカード払いにする事で、2年前納による最大の割引を受けた上にクレジットカードのポイントを得る事ができます。年利にして数%になる投資と考えれば良いでしょう。

デメリットはあるんでしょうか?

やはり2年前納による一括払いで、手元から大金が出て行くのは痛いかもしれません。超低金利の時代ですので、2年間定期預金や普通預金に眠らせておくような余裕資金があるなら、2年前納のクレジットカード払いを選ぶ理由があるでしょう。

これ以上の利回りで投資運用できる自信があるなら、あえて前納しない選択肢もあります。

それとクレジットカード払いに限りませんが、2年前納を選ぶ事によって社会保険料控除の手続きが多少複雑になります。

Q. 2年前納した保険料の社会保険料控除はどのような方法で行うのか。(日本年金機構)

2年前納した保険料の社会保険料控除については、
(1)全額を納めた年に控除する方法
(2)各年分の保険料に相当する額を各年に控除する方法
のいずれか一方を選択して申告いただくことになります。
2年前納した保険料を各年に分割して申告する場合で、24カ月すべて前納した場合は、3年にわたって分割することになります。


選択できるので、とりあえず不利になる事は無いですね。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

国民年金の納付率のカラクリについて

厚生労働省は、国民年金を払えない人については、未納のままにせず申請をして免除か猶予を受ける事を奨励しています。

未納のままでは将来国民年金(基礎年金)の受給資格が無くなるので、現状年金を払えない状態の人は放置せず免除か猶予の申請をした方がいいですね。

ところで厚生労働省は何故このような事をしているのでしょうか?

厚生労働省のメリットは当然あります。

平成 27 年 12 月末現在 国民年金保険料の納付率

国民年金の保険料を払うべき人のうち、実際に払っている人の割合が納付率。納付率が今だいたい6割です。つまり未納率は4割です。

ただしこの計算にはカラクリがあって、免除者や猶予者は納付すべき人の分母から除外できる事になってます。
つまり今まで未納者だった人に免除や猶予を受けさせれば、見かけ上の納付率を上げる事ができます。

これが厚生労働省のメリットになります。

資料にある通り、全額免除割合が3割もあるので、保険料を納付すべきとされている人は本来の全体の7割しかいません。

7割に納付率の6割を掛けて、だいたい4割というのが真の納付率になります。

もちろん真の納付率が4割しかなくても、国民年金は現実に破綻する事なく回っています。つまり問題のしわ寄せは他に回っているわけです。

直接負担してるのは厚生年金と税金です。税金はともかく、なぜ厚生年金かというと、1階部分は基礎年金として国民年金と共通だからです。赤字の自治体を裕福な自治体と合併させる手法と同じですね。共済年金と厚生年金の2階部分が一元化されたのも同じ理由です。

こうして見ると、納付率のカラクリは厚生労働省の管轄の部分だけが綺麗になる仕組みです。

全額免除者を増やせば(見かけ上の未納者を減らせば)、将来の低年金者を増やす事になるので、将来の税金の負担が増します。低年金者や無年金者の救済を社会保険料で負担するか税金で負担するかの違いなので、結局数字を付け替えてるだけで国民の負担は変わりません。

見かけ上の納付率がいくら上がった所で厚生労働省の省益になるだけで、ちっとも国益に寄与しません。

配当金生活してる私が言うのもなんですが、社会保障と税をよほど革命的に一体化しないと問題は解決しません。実際にやろうとすると厚生労働省の力を削いで財務省の権限を強化する事になるので、厚生労働省の抵抗と財務省の暴走が懸念されます。

一朝一夕にできる話では無いですが、少しずつでも進めていかないと私がいつまでも配当金生活できて働かない事になってしまいます。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

厚生年金は払い損?国民年金はお得?

年金は払い損、という話は話題のみが先行して実はよく中身は理解していない…という人も多いんじゃないでしょうか。

サラリーマンは給料明細も手取り以外ロクに見ない人が多いですからね…

確かに年金の仕組みは分かりにくいです。わざと分かりにくくしてるんじゃないかしら、とすら思いますね。誰にでもわかるようにすると、明らかにおかしい、となって大騒ぎになりますし。

特に厚生年金の問題と国民年金の問題を混同してる人が多いんじゃないでしょうか。

厚生年金の仕組みは物凄く分かりにくいんです。しかも勉強しても楽しくもなんともない(知れば知るほど不愉快になる)ので、詳しく知りたがる人はめったに居ません。

しかもサラリーマンは給料から保険料天引き、どうしようも無いので余計無関心になります。で、よく分からないなりに年金は払い損、というのが世間の常識になってます。

厚生年金に関してはその理解でも大きくは間違っていないのですが…詳しく検証しようとすると一冊の本になるので、敬遠されがちです。保険料が労使折半というのがまた問題をややこしくしてますし…

その点、国民年金は払う金額も貰う金額も決まっているので、ある程度計算はできます。ざっくり言って保険料を40年払えば65歳から75歳までの10年間で元が取れる計算になります。頑張って75歳以上まで生きましょうね、という所です。一応、平均年齢まで生きれば払い損どころか大幅にプラスになる計算です。

ただこの計算も保険料が今のレベルで止まって、給付開始年齢が大幅に引き上げられない事が前提です。

「自分の時はどうなってるの?」というのが最大の関心事でしょうね。

計算自体は簡単なので、ヒマな人はエクセルでも使ってどのくらいのレベルまでなら逃げ切れるか計算してみればいいでしょう。あくまでも厚生年金に比べれば、ですが割と有利なゲームであるのが分かると思います。その分厚生年金が割を食っているのですが…


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ