関連コンテンツ

「国民健康保険 」カテゴリ記事一覧


リクルートカードプラスのポイントの加算対象の一部改定は2016年9月16日より。ユーザーは注意。

平成28年度の国民健康保険税を納付してきました。

5割軽減で37600円。

国民年金保険料と違って全期を一括で納付しても割引等はありません。が、セブンイレブンでnanaco払い一括で納付してきました。

理由としては、リクルートカードプラスの電子マネーチャージによるポイント加算対象の改定の期限が迫っているからです。

【重要なお知らせ】リクルートカードプラスにおけるポイント加算対象の改定について

このたび、リクルートカードプラスは、ポイントの加算対象を一部改定することとなりました。

ご案内
2016年9月16日(金)より、電子マネー「nanaco」、「モバイルSuica」へのチャージ分については、ポイント加算の対象外となります。

*加盟店からの売上データが、2016年9月16日(金)以降にJCBへ到着した場合、2016年9月15日(木)以前のご利用であってもポイント加算の対象外です。
*ポイント還元率2%、年会費2,000円(税別)は変更ございません。


クレジットカードによる電子マネーチャージでポイント還元率2%はココだけだったので、惜しい改定ですね。銀河クレカ改悪の歴史がまた1ページ…

なおリクルートカードプラスの新規募集はすでに停止しています。電子マネーチャージによるポイント還元が封じられたものの、依然としてポイント還元率2%は変更なく高還元率は生きているので生き残りの既存ユーザーは大事に使いましょう。

期限が迫っているので、各種の支払いを済ませたあと上限までチャージする事にします。5万円のチャージ枠とセンター預かり分の5万円までクレジット決済可能なので合計10万円、2000円分のポイントですね。

モバイルSuicaを使っている人ならそちらもチャージしますよね。

来年の国民年金保険料や国保の支払いで使えるので、1年間nanacoを使用しなかったとしても利率2%の定期預金みたいなもの(ポイントなので違いますが)と思えばそれほど悪くないかと思います。

今後の電子マネーチャージは還元率1.2%な無印リクルートカードの方を使っていくことになりそうです。

それにしてもアベノミクス以来クレカ業界は大盤振る舞いが続いていましたが、昨年あたりから改悪が続くようになりました。株価同様すでに天井をつけたかもしれません。クレカ改悪の冬の時代の入り口かもしれません。

過去の関連記事:年会費有料のクレジットカードを持つ理由。P-oneカードの思い出。

年会費有料のカードは改悪の危険性が少ないはず、という理由でリクルートカードプラスを作ったのですが、さすがに破格すぎるサービスはいつまでも続きません。2%還元自体は残ったので良しとしましょうか。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

退職翌年の国民健康保険税の金額にいまさらながらビビッています

早期リタイア初年である今年(平成27年)の国民健康保険税の金額が確定しました。
53万3900円です(白目)。

安アパートなら家賃に匹敵する金額です。
退職の翌年はキツイというのは知識として知ってはいましたが、実際にやはりキツイですね。

まあポジティブに考えましょう。

取り返せる金額はナナコ払い(リクルートカードプラスでチャージ)で2%分。他に全額が社会保険料として控除の対象になりますから、基礎控除38万円+45万円でざっと83万円まではアフィリエイトで稼いでも所得税が無税ということになりますね…うん、無理ですね。

それに所得税は各種控除がありますけど、国保の所得割は基礎控除の33万円しか控除が効かないので、それ以上稼いだら結局また来年の課税額が増えてしまいます。

しかし今年限定である程度は稼いでも良いような気がしますね。私の場合総合課税の対象になるのは、アフィリエイト収入とソーシャルレンディング収入だけですから、あと少しだけ稼ぐ余地があります。アルバイトなどの労働形態ではビタ一日たりとも働く気はありませんので、それ以外で何か考えてみようかしら。


基礎から学ぶ国保



スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

早期リタイア後の高額療養費について

保留にしてもらってた急性虫垂炎の手術代、入院費を支払に行ってきました。

「高額療養費制度」「健康保険限度額適用認定証」いうものがあるのでこれを利用させていただきます。

医療費が高額になりそうなとき(全国健康保険協会)

医療機関等の窓口でのお支払いが高額な負担となった場合は、あとから申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻される「高額療養費制度」があります。
しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。

70歳未満の方が「限度額適用認定証」を保険証と併せて医療機関等の窓口(※1)に提示すると、1ヵ月 (1日から月末まで)の窓口でのお支払いが自己負担限度額まで(※2)となります。

※1 保険医療機関(入院・外来別)、保険薬局等それぞれでの取扱いとなります。
※2 同月に入院や外来など複数受診がある場合は、高額療養費の申請が必要となることがあります。保険外負担分(差額ベッド代など)や、入院時の食事負担額等は対象外となります。



例えば30万円(3割負担)を支払って、後日高額療養費の申請により、ざっと20万円くらいが払い戻され、最終的な自己負担は10万円未満で済みます。しかしこれだと一時的にとはいえ大金が出ていくわけで、不都合な人も多いでしょうから「健康保険限度額適用認定証」というものがあるわけです。

療養費の支払い前に市役所などで「健康保険限度額適用認証」を発行してもらい、これを提示すれば最初から限度額適用済みの料金の支払で済むわけです。

ちなみに支払はカード払い可だったのでポイントも得ることができました。金額が大きいのでポイントも馬鹿にできませんね。


さて、ここからは早期リタイア向きの話題ですが、自己負担限度額は被保険者の所得区分によって5段階に分かれています。

私の場合前年の早期リタイア前の所得にかかってきたので、それなりの額を払いましたが、来年以降だったら見かけの所得が低いので低所得扱いになり、上限が35,400円となります。正直、深夜の手術を経て3日入院してこれだとほとんどタダみたいなものですよね…どれだけ手厚いんだよと思いました。

この調子だと民間の医療保険は要りませんね。まあ差額ベッド代を払って個室で快適な入院生活を送りたい!という人や、病弱さに自信?がある!という人はその限りではありませんが、私はそういうタイプではありませんしねえ…

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村