資産運用関連のカテゴリ記事一覧

高配当株に投資して配当金のみで生活しているブログ。仕事を辞めてセミリタイア(早期リタイア)生活中です。

カテゴリ:資産運用関連

株の信用取引のやり方、使い方。買い方は高リスク、売り方も基本的に不利だがヘッジは有効で使い方次第。

  • 買い方と売り方


    株式を現物又は信用取引で買う人を買い方と言います。空売りする方を売り方と言います。

    株式を現物で買って売るのは株式取引の基本で、当然特にハンデはないので、その意味では最も有利な取引形態と言えます。

  • 信用買いのメリットデメリット


    信用取引の信用買いは金利負担が発生し、6か月の期限制限もあります。期限までに売らないといけないので現物株のように塩漬けにする事はできません。無期限信用という証券会社が独自に提供する信用取引もありますが、銘柄は限られている上に、金利負担はさらに上がっています。

    ネット証券が取引手数料を大幅にディスカウントして安くしても経営が成り立つ理由のひとつに、この高い金利設定による金利収入があります。

    信用買いのデメリットは、この高い金利負担と期限制限がある事です。無期限信用でも長期に渡ってポジションを維持すると金利負担だけで干上がってしまうので、実質的には期限制限があるようなものです。基本的に短期で取引を終えられるにこした事はありません。

    信用買いの独特なメリットとしては、逆日歩(ぎゃくひぶ)が発生した場合は売り方からお金がもらえます。

    他に手元に現金が無い場合でも現物株を担保に株の買い付けが可能というメリットがあります。つまり借金ですが、後で現金を用意して現引きすれば現物株になるので、使いようによっては便利です。信用買いは現物買いより手数料が安いのが普通なので、信用買い→現引きで手数料節約に使う人もいます。

    現物株を担保に株を買ってレバレッジを掛ける、いわゆる信用2階建ては信用取引の使い方としては邪道ですが、一般的に信用取引と言えばむしろこの2階建ての方がメジャーです。なぜ邪道かはやってみれば分かるので、お金に余裕がある方は是非どうぞ。高確率で大損するのでしくじり体験としては最もポピュラーです。

  • 信用売り(空売り)


    信用取引の信用売り、空売りと呼ばれる取引は現物株では出来ない株価の下落によって利益を得る事ができるのが魅力です。 空売りがしたくて信用口座を開設した人も多いのではないでしょうか?

    しかし空売りは基本的に不利な取引です。
    空売りには特殊なルールが多く、その多くが売り方にとって不利なルールになっています。空売りは上級者向けのハンデ戦であり、デメリットを全て理解して使わなければいけません。
    それでも株価の下落によって利益を得るという取引は一種の快感があるので、知識も経験も無く無謀な空売りをしかける人が後を絶ちません。

    特殊ルールは数多くあり制度の変更もあるので書ききれませんが、代表的なのは逆日歩(ぎゃくひぶ)の存在や新規の空売りを停止する信用規制(売り禁)などです。

    また配当権利日をまたいで取引すると売り方は買い方に配当相当の金額を払わなければいけません。

    基本的に株価は右肩上がりの上昇を目指すものなので、空売りはリスクが高いです。
    では株価が明らかに右肩下がりの銘柄ならどうかというと、そういう銘柄には空売りが集中し逆日歩が発生しやすいので、どちらにしても空売りは難易度が高く構造的に不利な取引なのです。

    この空売りを有効に使えるのは一か八かの投機ではなく、株価下落のリスクに対するヘッジ目的で使う場合です。
    株価下落のリスクに対しては分散投資で対処するのが簡単で基本とすると、ヘッジを掛けるのはやはり上級者向けと言えます。
    株価が下落する局面で利益を出す、あるいは損失を押さえる手段があるというのは、あくまで熟練した上級者に限りますが、やはり魅力です。

  • 信用取引の意義


    信用取引は買い方も売り方も需給を読みながら取引する必要があるので、ある意味では株式投機の醍醐味と言えます。

    生きた株価の値動きを後付けであっても解説するには、信用取引の知識と経験が必要です。解説が出来ても儲けられないと意味はないですが……

    信用取引というと最大3倍のレバレッジ効果や派手な空売りに目が行きがちです。

    が、信用2階建てや一撃必殺の空売りなど一般に有名な取引は刺激的で面白くはあっても、信用取引の本来の意義はそこにはなく、現物取引だけではできないリスクコントロールや資金管理を行うためにあると言えます。

    世界一やさしい 株の信用取引の教科書 1年生



    ↑信用取引の入門書は数だけは多いものの、まともな物は少ない印象です。今一番売れているのはこれらしいですが…

    信用取引入門―基礎知識から投資戦略まで (パンローリング相場読本シリーズ)



    私が最初に読んだ本はこれでした。DLJディレクトSFG証券(現楽天証券)の本で今考えても良心的でした。この頃のDLJ=楽天証券はいい仕事が多かった。2003年の本なのでさすがに古く制度も変わっているので人には薦められませんが。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

セミリタイアで資産を取り崩して生活するか、元本に手をつけずに運用益で生活するかの話


  • 1.いきなり余談


    早期リタイアが現実的なぐらいにおカネが積みあがってくると、将来的にこれを取り崩して生活するか、元本部分に手をつけずに運用益を使って生活するかというのは悩む所だと思います。

    いきなり余談になりますが、私は早期リタイアの資産運用の究極の理想形は国債運用だと思います。満期まで持ちきれば価格変動リスクはゼロで、為替リスクもゼロ、確定利付投資つまり毎年決まった額の生活費が確実に入ってくる投資です。この確実というのが重要です。

    ここまでリスクを限定すると、あと心配なのはインフレリスクだけです。
    これは各自で対処すればいいでしょう。

    これが株式だとインフレをあまり心配しなくていいかわりに、価格変動リスクと減配リスクを負います。
    さらに外国株だと為替リスクも負うので3重苦です。

    国内株式や外国株にそれらの2重、3重苦を吹き飛ばすパワーがある、と信じるのは基本的に良い事だと思いますが、資産形成期にあり希望で目をキラキラさせている若者ならともかく、よい年をして資産形成期が終わりかけている(セミリタイアを考えている)人が言うのは、ちょっと夢を見過ぎなのではないかと思います。現実を見ろと。

    セミリタリア後の資産運用という観点ではもうちょっと希望的観測を排して、地に足のついた現実的な話がしたいところです。

  • 2.米国債利子生活という選択


    しかしながら、マイナス金利下の現状では国債利子生活なんていくら資金が必要なのか夢物語を通りこしておとぎ話に近いものがあります。もしそんなおカネがあったら、運用なんかせずに毎日おカネを使いながら暮らしたいです。

    仮定の話ならもし私が基軸通貨たる米ドルで生活しているなら、全資金で長期の米国債を買ってもう生涯の投資はそれで終わりにすると思います。

    長期の米国債なら利回りも現実的なレベルです。
    最強国家アメリカの国力を背景にしているので、日本国債と違って暴落の心配もほとんどありません。

    長期国債のインフレリスクについては、なるべく利回りの高い(価格の安い)タイミングで仕込むぐらいしか対処の方法はありません。そのリスクこみの利回りですが、他のリスクに比べたら知れていると思います。

    しかし、実際の所は私は大多数の日本人と同じでおそらくずっと日本に住んで日本円を使って生活していると思うので、これも机上の空論に終わっています。米国債でインフレリスクに加えて為替リスクまで負うとストレスのかかる投資になってしまいます。セミリタイアしてまでやる事じゃないと思います。

    つまりセミリタイア後の運用は本当は国債中心が理想ですが、現実を考えるとやむを得ずそれ以外の道をさぐらざるを得ません。

  • 3.資産取り崩し型と運用益で生活型のメリットデメリット


    国債の利回りに期待できない以上、やむを得ず大部分を株式で運用するとして、問題になるのが資産を取り崩して生活するか、元本に手をつけずに運用益で生活するかという話です。
    セミリタイア後の運用として、手に職的なデイトレードやスイングトレードは馴染まないので、ここでは無分配のインデックス投資で取り崩す場合と高配当株の配当で生活する場合で考えます。


    まず取り崩し型のメリットとして、無分配なので投資効率が良く、元本部分を取り崩して売却していく場合は税金が掛からないという事があります。
    取り崩し型のデメリットは、元本部分を売却していくと運用益を生む元本が減っていき、取り崩しのペースが速まることです。


    運用益で生活型のメリットは運用益を生む元本が減らないということです(リスク資産の場合は当然時価総額は変動しますが、投資単位は変わりません)。
    運用益で生活型のデメリットは、利益が出ている以上は確実に運用益に課税されるということです。

    無分配のインデックス投資は理論上最も投資効率は良いですが、投資効率が良いということは利益確定を先延ばしにして大きくリスクを取っているということでもあります。
    将来利益が乗っていれば出口でまとめて課税され、その時に税制がどうなっているかは誰にも分かりません。
    外貨建ての場合はさらに大きく為替リスクを取ることになります。

    運用益で生活型のデメリットの、配当や利子に税金が掛かるということは、逆に言えば一回一回利益を確定しているという事なので、投資効率は落ちますがリスクも減ります。

    メリットとデメリットは背中合わせであって、どちらが優れているという話ではありません。リスク資産で運用する前提では、期待リターンが高いが不確実性も高まるのが「資産取り崩し型」、期待リターンを下げるが確実性が高まるのが「運用益(インカムゲイン)で生活型」と言えます。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

「ギャンブラーの破産問題」と投資における手数料の重要性

カジノのゲームでルーレットの控除率(カジノ側の取り分)は5.3%です。ルーレットには1から36までの数字と0と00の数字があり、赤黒のどちらかに賭けて0と00が出た場合はディーラーの総取りとなるので、38分の二がカジノ側の収入になる訳です。

日本の公営ギャンブルの25%に比べたら良心的な数字に思えますが、実際は結構きつい控除率です。プレイヤーの収入が94.7%なのは一回の勝負の話で、10回勝負したら94.7%の10乗でプレイヤーの収入は58%になります。ルーレットで遊ぼうと思ったら、相当時間をかけてチビチビと賭けないと1時間も持たないようです。

100回勝負だと……94.7%の100乗で4.3%ですね。チビチビと賭けると長く遊べますが、そのかわり確実に所持金が無くなります。


「ギャンブラーの破産問題」は数学の問題です。

ギャンブラーが破産する確率は、実は公式があって計算で求める事ができます。興味のある人はググって下さい。

参考:ギャンブラーの破産問題(ランダム・ウォーク理論)


期待値がマイナスだと試行回数を無限に増やせばいずれ必ず破産する事は分かると思います。期待値がマイナスのギャンブルで破産する確率を下げるには、十分な資金を持つこと、控除率を下げること、目標を低く持つ事(少し浮いた所でヤメる)がポイントになります。


チップ100枚を赤黒のどちらかに1枚ずつ賭けていくとして、0枚になるか200枚になるまで勝負を続けるとします。

この場合、200枚に到達してヤメる事のできる確率は0.0027%になります。100枚のチップを倍にしようと勝負を続ければ、99.973%の確率で破産するという事です。

破産する確率を下げようと思ったら、資金が多ければ多い程良いですが、しかし期待値がマイナスであれば、いくら控除率が低くても勝負を続ける限りいつかは破産する事にはかわりありません。

逆に言えば期待値がプラスであれば、いつかは目標の金額に達します。しかし十分な資金が無ければ、低い確率ですが破産する可能性もありえます。


インデックス投資家が手数料削減に血まなこになるのは期待値を少しでも上げるためであり、分散投資をするのは期待値を最適化する為です。

株や債券の期待リターンはあくまで期待リターンで、カジノのゲームやパチンコ台のように期待値が可視化され一定に決まっている訳ではありません。手数料が高ければ知らないうちに期待値マイナス圏内に突入している可能性すらあります。


個別株を現物で買えば、投資信託と違ってかかるコストは最初の買い手数料だけです。一生売却しないとしたら、これはずいぶんと有利です。

もっとも投資信託の分散投資と違って、個別株の場合は肝心の期待値の最適化が難しいのですが、難しい分見返りはあります。難しい個別株の投資を敢えてやる人は、その分の報酬を受け取る権利があります。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
Copyright © ひとり配当金生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます