関連コンテンツ

「資産運用全般 」カテゴリ記事一覧


質素倹約が美徳だったのはそれが国策だったから

日本人の節約貯金好きは、国民性に近いものがあります。これには国の政策が大きく関わってきています。

江戸時代にはたびたび倹約令が出ていますが、これは政策の一環です。

質素倹約をむねとして貯蓄に励めばモノは売れなくなりインフレを抑制し、諸色(物価)が低下し生活が安定するとの考えです。経済は生き物なので、実際はこうした統制政策はあまり上手くいかないようですが。

日本人に質素倹約の美徳が受け入れられやすいのは、日本という国が基本的に貧乏だったからです。

2千年来の貧乏国なので、いわば貧乏はお家芸です。節約ならまかせとけ、という訳です。

実際、近代に入ってからも、資本の蓄積と貧弱な経済規模の拡大の為に、節約と貯蓄が奨励されました。

かつては各種のマル優と呼ばれる少額貯蓄非課税制度があり、国策として貯金が奨励されました。

節約して貯金するのが美徳、という風潮を国策として後押ししていて、実際にそれが制度面でも有利でした。これは貧乏国日本の伝統でした。またこれがインフレ抑制に有効だったのです。


現在では日本は世界で一番他国におカネを貸している国です。いつまでもものづくり日本とか言ってないで、徹底的な金融立国に切り替えて蓄積された資本を有効にぶん回せば、金融的な世界征服も不可能では無いと思える程ですが、身についた貧乏根性は簡単には払拭できないようです。

「貯蓄から投資へ」というスローガンは21世紀に入ってから度々言われていますが、今までの所は本当に単なるスローガンに終わっています。

今でも質素倹約が美徳なのは変わりません。変わったのは、質素倹約で浮かせたおカネを、貯金するよりは投資した方が賢明だという事です。預貯金の利子利息を一部非課税にする制度が無くなって、投資の利益を一部非課税にする制度が出来たり、投資減税制度が出来たりしています。

もともと好きで貧乏節約していた訳では無く、必要があって(資本の蓄積、インフレ抑制)そうしていた訳ですが、今では歴史的な目的は達成されている訳ですから、素直に国策に乗って貯金では無く投資した方が良いと思うのです。しかし、なかなか人の行動は理屈通りにいかないようです。国の誤算です。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活

配当金生活は絶賛様子見中

日本株に関してですが、ここ半年ぐらいは配当狙いの新規購入、買い増しは行えていません。

それだけ昨年の秋以降は株価が堅調だったという事でしょう。

昨年の夏頃が直近の日本株の底値で、例えばキヤノン(7751)が配当利回り5%以上でいくらでも買えましたから、アレを見てしまうと今の株価ではなかなか食指が動きません。

試しにSBI証券で配当利回り5%以上でスクリーニングをかけてみると、該当するのはリートか、もしくは大塚家具(8186)のような問題のある企業だけです。

配当利回りで買えないとすると、ここからは将来の一株利益と配当の成長性を考慮しないと買えないのですが、それは配当金生活の趣旨からはちょっと外れてきます。

配当金生活的には今は静観の時期です。日本株が買えないなら、海外という手もありますが、ちょっと為替が中途半端な位置で、やはりこちらも様子見になってます。

為替と言えば今年はトランプが何をやるか分からないので、為替も激しく動きそうです。教科書通りなら円安だと思うのですが……結局どう思うかと言われれば分からんとしか。衆議院の解散総選挙もあるのか無いのか分からないし、あれば大相場の可能性もあると思うんですけどね。

今日はトランプ新大統領の就任式ですね。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活

投資の素人がプロに勝てるか?

投資の素人がプロに勝てる訳は無い、だから素人が投資をするのはムダである、という論理を展開する人がいます。

ここで、

「素人でもプロに勝てる。そう、インデックス投資ならね。」と考える(ネタが古くて済みません)のがインデックス投資家です。

私ならこう考えます。

「素人がプロに勝てないんだったら、プロになればいいんじゃないの?」

こう言うと、それが出来れば苦労しないとか、そもそも大変な思いをしてプロになりたくないとか、とにかく否定的な反論ならいくらでも考え付きます。

しかし世の中には謙虚な人が多いというか、騙されていると思うのは、「プロ」というものを神聖視しすぎな傾向があると思うんですよ。

ひとくちにプロと言ってもピンキリです。

パチプロだってプロですよ?言ったもの勝ちの世界です。素人はハッタリに弱いんです。

そこでパッシブ投資ではなく、アクティブ投資の道を選ぶとして、まずはプロになる事をお薦めします。「初心者です」とか「素人です」とか無駄に謙遜する人は一生プロにはなれません。まずいきなりプロになってみる事です。

こういう事です。まず、限定された範囲のプロになる事です。範囲を極端に絞れば素人が比較的短期間でプロのレベルになる事は可能でしょう。

勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)



直木賞作家の浅田次郎の「勝負の極意」に、馬券で家を建てた馬券プロの話が出てきます。この話で面白いのは、馬券プロはダービーだの有馬記念だの注目度の高いG1レースはやらず、それどころか華やかなイメージのオープン戦にも見向きもしない事です。

馬券プロがやるのは500万下条件戦だけ。競馬に興味が無い人も多いと思うので詳しい説明は省きますが、下級条件のレースでずっとくすぶっている馬、いつも同じようなメンバーで勝負してるレースだけを対象にするのです。

競馬の楽しみのひとつは、新馬戦から条件戦、オープン戦から華やかなG1へと出世していく馬を追う事だと考える人には、こういう事は発想からして無いでしょう。

あ、条件戦に絞って馬券をやれ、という話ではありませんよ。馬券で勝つのは不可能に近いから、不可能を可能にするならこれぐらいの発想は必要だという事です。

私がおカネを払ってでも聞きたいと思うのは、こういう狭い範囲のプロの話です。誰でも出来る、という触れ込みの話には興味がありません。

本気でプロになろうと思ったら、対象範囲を広げる余裕は無い事にだれでもすぐに気が付くはずです。まずは極々狭い範囲でいいからプロになってみる事です。範囲が狭すぎると収益の機会も減るのですが、まずは出来るようになってから次の事に取り掛かるべきでしょう。

出来もしないクセに色んな事に手を出す人が多すぎるのです。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活