金融リテラシーのカテゴリ記事一覧

株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

カテゴリ:金融リテラシー

  • 2017/10/08金融リテラシー

    以前に広島県内の飲食店で食事した時、たまたまカープ優勝セールで10%割引をやってた事がありました。この時私はたまたまこの店の5%割引券も持ってました。それで考えたのは、もしこの2つの割引が同時に適用されるとしたら、どちらの割引を先に適用した方がお得かという事です。つまり例えば1000円の食事をしたとして、先に10%を割引してもらってその金額からさらに5%の割引を受けるか、それとも先に5%の割引を受けてからそ...

    記事を読む

  • 2017/06/11金融リテラシー

    ホントに女性で投資に好印象持ってる人はいないから、絶対に口に出さない方が良い。ギャンブルと同義なので。— さいもん (@hitori_haitou) 2017年6月9日何の気なしにツイートしてみたら少し反応があったので、もう少しハナシを拡げてみます。私が思うに、女性は投資を生理的なレベルで受け付けない人が多く、これは投資=ギャンブルと受け止めているのだと思います。女性はギャンブルが嫌いですからね。だからといって、投資...

    記事を読む

  • 2017/06/07金融リテラシー

    1ポイント1円として、1万ポイントと1万円では1万円の方が価値が高い。これは誰でも分かると思いますが、その理由を全て説明しろと言われると詰まる人が多いのではないかと思います。多くの人が答えるのはポイントはその店やグループでしか使えないので現金と等価ではない、という当たり前の事です。確かにこれは非常に大きい。最近の家電量販店は家電以外にも日用品や食品まで売っているので使い勝手はいいかもしれませんが、...

    記事を読む

広島カープ優勝セールで考えた割引計算問題。感覚で物事を考えると判断を誤ります。

以前に広島県内の飲食店で食事した時、たまたまカープ優勝セールで10%割引をやってた事がありました。

この時私はたまたまこの店の5%割引券も持ってました。

それで考えたのは、もしこの2つの割引が同時に適用されるとしたら、どちらの割引を先に適用した方がお得かという事です。

つまり例えば1000円の食事をしたとして、先に10%を割引してもらってその金額からさらに5%の割引を受けるか、それとも先に5%の割引を受けてからその金額からさらに10%の割引を受けるか、という事です。

どう思いますか?


感覚的には先に10%大きく引いてもらった方が割引額が大きくなるような気がします。

しかし結論から言うと、どちらも同じなんですよね。頭の中で計算して金額を出してみて初めて気が付きました。

0.9×0.95でも、0.95×0.9でも答えは同じ。実際に紙に書いて見れば小学校の算数です。

先日の記事と同じで、一種の錯覚なんですよね。投資家は日頃から金利計算などを頭の中でやってるので計算が速い人が多いですが、こういうのは盲点です。計算するまでもないんですから。

関連記事:「株で勝ったり負けたり」はトントンではなく確実に資金が減っていく

感覚で分かったつもりになるのは危険です。反省です。


ちなみに実際の会計では普通に割引の併用を断られましたw
まあブログのネタになったからいいです。

カープ連覇! V8グラフ~中国新聞の優勝号外付き




スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

女性に投資のハナシをするのは印象最悪だからやめた方がいい



何の気なしにツイートしてみたら少し反応があったので、もう少しハナシを拡げてみます。

私が思うに、女性は投資を生理的なレベルで受け付けない人が多く、これは投資=ギャンブルと受け止めているのだと思います。女性はギャンブルが嫌いですからね。

だからといって、



投資の意義などをわざわざ投資嫌いな人に説くのは、ムダであるばかりではなく害があるので絶対にしてはいけません。だれも幸せになりません。女性はこういう時強いので、あなたがダメージを受けます。

ただこれは私が勝手に考えているだけなので、もう少し客観的なアンケート調査などがないかググってみたらこんなのがありました。

女性がやってみたい投資ランキング(働く女性の恋愛と幸せな人生のガイド マイナビウーマン)

Q.以下の投資の中で自分がやってみたい、もしくはすでにやっている投資をお選びください。

1位 投資はやりたくない……61.1%

2位 株式投資……16.3%

3位 投資信託……8.4%

4位 外貨投資(FXや外貨預金など)……7.5%

5位 不動産投資……2.3%

6位 先物取引……0.9%

女性がやってみたい投資ランキング(マイナビウーマン)


いやいやいやいや、やってみたい投資を聞いているのに、「投資はやりたくない」が6割ってどんだけ拒否反応が強いんですか。

女性にとって投資は興味があるなし以前に、忌避すべきものなのです。
バッサリすぎる。

これ、ちょっと質問形式を変えてみたら、投資やりたくない女子は8割ぐらいいくんじゃないかとさえ思えます。


このように女性の投資嫌いは生理的なレベルですから、くれぐれも女性に投資のハナシはしないほうがいいです。

もちろんアンケートにもあるように女性でも少数ながら投資に興味がある人はいますし、ハナシが合う人もいるかもしれません。

ごくごく少数でしょうが、ビットコインやソーシャルレンディングなどの変わった投資までカバーする奇特な女性もいるかもしれません。が、確率としては四つ葉のクローバーを見つけるぐらいの労力だと思いますし、そこまでの過程の大変さを考えると、やらない方がいいでしょう。


まあそもそも話題として楽しくないし知的でもないので、男女限らず人に投資のハナシはしない方がいいです。


関連記事:20代から40代で株やってる人は超少数派

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

家電量販店のポイントはいらないし貯めても意味が無い

1ポイント1円として、1万ポイントと1万円では1万円の方が価値が高い。

これは誰でも分かると思いますが、その理由を全て説明しろと言われると詰まる人が多いのではないかと思います。

多くの人が答えるのはポイントはその店やグループでしか使えないので現金と等価ではない、という当たり前の事です。
確かにこれは非常に大きい。

最近の家電量販店は家電以外にも日用品や食品まで売っているので使い勝手はいいかもしれませんが、やはり現金とは比べられません。


しかし理由として一番大きいのは、ポイントには金利がつかない事です。

無リスク金利が実質ゼロの現在では、直接的には意味が無いかもしれませんが、金利が低下している分は金融資産の値段は上がっているという事なので、運用しなかった分は損失とも考えられます。

結局ポイントを貯めこむという事は、その店にタダでおカネを貸しているのと同じです。
人にタダでおカネを貸す人は居ないと思いますが、何故かこれがポイントに代わると同じ事をして平気な人がいます。

投資家目線では、ポイントは貯めずにすぐ使い切るのが基本、もっと言えばなるべくポイントはいらないし、還元率相当の現金値引きを受けられればそれが一番良いです。

銀行が潰れるよりは家電量販店が潰れる方が可能性はありそうですし、銀行には預金を一定額まで保護するペイオフ制度がありますが、家電量販店のポイントには保護制度は無いですしね。

またポイント還元率は現金値引きに換算すると率が低下します。
感覚的に分かりにくいので数字は暗記するとよいでしょう。

ポイント還元10%は現金値引きだと約9%に相当します。
ポイント還元20%は現金値引き約17%相当。

これを頭に入れて現金値引きを交渉すればいいのですが、仮に交渉で多少ポイント還元より不利になっても現金の価値は高いので、投資家的には現金値引きを選ぶかもしれません。

タダでおカネを貸すなんて業腹ですし、なによりポイントがいくらあっても株は買えません。
家電量販店で株までもが買えるならポイントを貯めますけどね。

ここまで考えると、我ながら重症の投資家脳だなと思いました。

ヨドバシ.com大躍進の舞台裏 ネット通販11社の成功法則 関連サービス260まとめ (インプレスムック)




現金値引きより大量のポイント還元の方を選ぶ人が多数派なのは、人は実質的価値よりポイントでお得という感情に弱いからでしょう。感情に流されず実利を取れるようにするのは習慣づければ誰でもできます。


スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます