関連コンテンツ

「金融リテラシー 」カテゴリ記事一覧


保険の起源はギャンブル

保険というものはとても面白いものです。

私は保険のたぐいは必要最小限しか入っていないのですが、これは保険の本質は経費のかかるリスクヘッジ(不確実性の低減)であり、過剰な安心感を買ったり大儲けを狙うものではない事を意識しているからです。

しかし本来退屈なリスクヘッジであるはずの保険がなぜ面白いかというと、もともと保険の起源はギャンブル、つまりスリリングな勝負ごとであったからですね。

投資は大嫌いだけどギャンブルは大好きだという人が多い日本人が、保険大好きなのはここに理由があると思っています。つまり保険の本質を理解していないんですね。
いや、面白さを理解してるのかな。


保険のルーツのひとつは中世の海上輸送、つまり昔の船乗りの活動にあります。

危険な航海に出る船が無事に帰ってくるかどうか、無事に帰ってくるほうに賭ける人と、嵐にあったり海賊に襲われたりするほうに賭ける人がいればギャンブルが成立します。

この場合、いくら航海が危険な時代でも無事に帰ってくる可能性のほうがいくらかは高いでしょうから、オッズは無事に帰ってくるほうに賭ける方が低くなります。
いきおい、無事に帰ってくるほうに賭ける人は資金量の多いおカネ持ちになります。これがのちの保険会社に発展していきます。

おカネ持ちは資金に余裕があるので、一回の勝負で一か八かのギャンブルをする必要はなく、回収率を計算して回収率がプラスの勝負の回数をこなして確実に資金を回収できるのです。
資金の回収が計算できるようになれば事業が成り立ちます。

もしあなたが当時の船乗りで、何回に1回かは生きて帰れないような危険な航海に出るなら、航海の失敗(自分の死)に賭けて受取人を家族にしておけば安心できるでしょう。
これが原始的な生命保険という事になります。

自分が死んだときに大儲けが出るようではそれは不毛なギャンブルです。
掛け金(賭け金)は最小限にした方がよいでしょう。


hoken_convert_20170302215600.png

↑そういえばマスターキートンの本職はロイズ保険組合の調査員でした。
ロイズの起源はまさに大航海時代の船乗りがたむろするロンドンのコーヒーショップにありました。

名作とは言え20年以上前の古い漫画ですけど知っている人はどれぐらいいるでしょうか?
続編が2012年から2014年にかけて連載されたので最近はそこそこ知名度は復活したかもしれません。

MASTERキートン Reマスター (ビッグ コミックス)





「保険の起源はギャンブル」ではありますが、保険の意義はリスクヘッジにあります。

ヘッジには経費がかかってパフォーマンスを押し下げますから、保険は必要十分で最低限であればそれにこしたことはありません。
そうしてみればムダのない保険はあっても、宣伝文句によくあるようなオトクな保険などはありません。


生命保険は「入るほど損」?!




MASTERキートン 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

「富女子」って何?なぜ話題になっているの?

過去記事:貯蓄1000万円「富女子」20~30代節約極める。もはや消費より貯蓄の方がオシャレ。

昨年12月になんの気なく取り上げた、この「富女子」についての記事が最近アクセスが増えてきました。何が起きているんだろうと思って調べてみると、2月16日にNHKのあさイチで「富女子」特集が組まれたのが直接の原因のようですね。「富女子(ふじょし)」という語感と相まってずいぶん世間をザワつかせた様子です。


まあ世間で話題になる事には必ず流れがあります。

調べてみたところ、まず「ワイズアカデミー株式会社」という女性向けセミナー・イベントを開催を開催しているセミナー運営会社があるようです。この会社が「富女子宣言~20代女子が5年で1000万円貯める方法~」という本を2015年3月に出版しています。

富女子宣言~20代女子が5年で1000万円貯める方法~



余談ですが、MBOによって上場廃止になった幻冬舎の、「幻冬舎メディアコンサルティング」という事業があります。これは「企業出版」に特化したブランディング出版専門の出版社だそうです。

クライアントインタビュー・ワイズ・アカデミー株式会社 蓄積したノウハウを書籍で啓蒙!セミナーの集客に寄与

企業はテレビやインターネット、近年だとSNSやブログなども使ってブランディングをしていますが、要するに宣伝ですね。このブランディングの流れで、ついにNHKの特集という形でメディアに露出したのがこの2月16日だったのでしょう。なるほど。


しかし、話題になる事というのは時流に乗っているものです。20代女子ということはリーマンショック後に社会人経験を持った世代で、「手遅れになる前に読んでください!20代女子だからこそできるお金の貯め方を大公開!」なんて言われたら気になるのは当然でしょう。

本の内容はおカネに関する自己啓発系で、特に問題は無いようです。不動産投資のセミナーに誘導されたりすることでも無ければ、別にいいんじゃないでしょうか。リーマンショック後の世代と私自身の世代である就職氷河期世代は財布のヒモが固いですから、共感する所はあります。貯められる人はどんどんおカネは貯めればいいんですよ。

30歳からはじめる一生お金に困らない蓄財術



これはまた余談ですが、幻冬舎のメディアコンサルタント事業から出る本はこれから増えそうです。非上場化してしまったので興味が無かったのですが、これからは注意して見ておこうと思います。宣伝の為に本を出すというのは分かりますが、専門の出版社があるんですね。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

証券コードと証券コード辞書を使ったカンタン入力法

日本株には全て4ケタの証券コードが設定されています。証券コードにはある程度、規則性があって知っていると憶えやすくなります。頭ふたケタが業種を表していて、2000番台が食品、7000番台が自動車・輸送機器といった具合です。

例えば食品だと、

2501 サッポロ
2502 アサヒグループ
2503 キリン

2801 キッコーマン
2802 味の素
2804 ブルドックソース

こんな具合です。食品などは銘柄数が多くてビールだとか調味料だとかカテゴリが分けやすいのか、比較的規則的ですが例外もあるのであくまで参考です。ひとケタ番号はその業種を代表する企業が多いですね。

2803が無いのはおそらく使用済みの廃番だと思います。そう、証券コードは使い切りで再利用はしないルールになっています。アメリカなどのアルファベットを使ったティッカーシンボルは再利用可だそうですが。

だったら四ケタのコードでは将来、数字が足りなくなるのでは?と思いますが、実際すでに足りなくなってきていて最近の新規上場企業はあまり業種に関係無く2000番台から4000番台、特に3000番台のコードが多く割り当てられて業種の法則が崩れてきています。

証券コード評議会の公式ページを見ると、設定可能な残コード数はあと2000いくつしかないようです。その為、方針として今後アルファベットを組み入れる事がすでに決定しています。システム的な対応の為周知の期間が必要なので、すぐに実施される訳では無いようですが。



ここからお役立ち情報ですが、証券コードからカンタンに企業名を入力したり、企業名から証券コードを入力する方法があります。

使用しているPCの日本語入力システム(Microsoft IMEやATOK)にシステム辞書を追加するのがその方法ですが、騰落レシオ情報で有名なサイト「NOTEAREA」さんの所にMicrosoft IME用の辞書データがあります。ありがたい事に最新データの更新が続いているので新規上場したばかりの企業にも対応しています。

ATOK派の人はどうするのかというと、以前は「会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK」という製品があったのですが販売終了になっています。それで、調べてみたらこんなのがありました。

ATK35 リクエスト辞書選抜総選挙 for Windows

8位に「企業名←→証券コード辞書」がランクインしているのですが、作成してプレゼントする対象は3位までなので対象外です。ATOK派の人はもはや諦めるしかないのでしょうか。

気を取り直して「NOTEAREA」さんの証券コード辞書の使い方ですが、例えば「さっぽろ」と入力すると、変換候補が、

sapporo.png

こんな感じになってある種の人にとっては超便利です。逆に2501から変換しても正式名と短縮名が両方出るので使えます。

面白いのは、「キヤノン(正式名称)」でも「キャノン」でも、「キユーピー(正式名称)」でも「キューピー」でもどちらも変換できる事ですね。証券コード辞書を使用すれば株ブログを書いていて企業名を間違えて恥をかくといった事もなくなります。

医学辞書2017 for ATOK 通常版



↑高くてもこういう専門辞書は需要があるんでしょうね、なるほど。無料の辞書はありがたく使わせていただきましょう。このブログ作成にも証券コード辞書は欠かせないものになっています。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ