関連コンテンツ

「名言・格言 」カテゴリ記事一覧


株で儲ける事とマネーマネジメントは別。株で生活するなら双方が重要。一般論は無視してよし。

さらに年月がたつにつれ、三千万円のお金を一年間で五千万円に増やすのはかなり骨は折れるものの全く不可能ではないが、毎年の日経平均の上昇率を上回り、しかもマイナスにはならないように三十億円の資産を運用し続けることは、ほとんど不可能に近いことを思い知らされた。つまり、株で儲けることと、マネーマネージメントは別であることにようやく気付き、ミドルリターンとローリスクを両立させることの難しさに遅まきながら突き当たったというべきだろう。

浦上邦雄 「相場サイクルの見分け方」より引用



よく指数を上回るのは無理とか、アクティブ投資はパッシブ投資に勝てないとか言いますが、これは個人投資家の事情に限って言えば大ウソです。

または株式投資は9割が負けて終わるといいますが、逆に言えば残り1割はずっと相場に居残って勝ち続けているのです。

機関投資家は勝ち続けると資金が巨大になってしまい、やがて指数に勝つことが困難になります。
それに機関投資家は運用を休む事ができません。
浦上邦雄氏はこの事を言っていると思われます。

機関投資家が大きなマイナスを出さないように(短期的にでも大きくへこむとファンドの運営に支障が出る)、かつ指数を上まわり続けるのは大変です。

もし浦上氏がそこそこの資産を運用する個人投資家の立場ならまた話は別でしょう。
1年で倍にするのも骨は折れるものの不可能ではないはずです。



一時的に株で儲けることと、長期的にコンスタントに資産を増やし続ける事はまったく意味が違います。

株式投資(投機)と資産運用の違い。

誰もが考える事ですが、ハイリスクハイリターン、あるいはミドルリスクミドルリターンの株式投資(投機)でてっとりばやく資産を作り、その資産をローリスクローリターンの運用で無理なく殖やせれば理想です。

これがハマれば早期リタイアが可能になりますが、そんなにうまく行くでしょうか?


浦上邦雄氏も言うように、これは難しくはあるものの、全く不可能ではありません。

日経平均などの指数と比較する必要はありません。1年で5割とか倍とかを目指す運用ならもとから指数などは眼中になく、いかに目的を達成する投資アイディアがあるかどうかが問題になります。

よく指数を上まわるのは困難、とか分かったような事をいう個人投資家がいますが、それは最低でも数十億円以上を動かす機関投資家や大物個人投資家のハナシであって、1億円以下の弱小個人投資家には関係の無いハナシです。目標を高く持てば数年程度の期間で指数に負けているようでは話になりません。

タネ銭の少ない弱小個人投資家が1年で倍とかのパフォーマンスを達成しただけでは全然偉いことはありません。いや、偉いのは偉いかもしれませんが、その時はいずれ次の段階、マネーマネジメントをいかに身に着けるかというところへ進まなくてはならないからです。



投資は本来は論理だけ、マネーマネジメントだけである程度勝てるものです。
ある程度経験を積んだ投資家は皆同じ事を言っています。

ところがマネーマネジメントだけでは、理屈通りにしか資産を殖やせません。大金を運用する資産家や機関投資家にとってはこの理屈通りに殖やせるという事がもっとも重要なのですが、弱小個人投資家が理屈通りに殖やせても知れています。

マネーマネジメントは超重要なのですが、当たり前の事ばっかり言っている人は当たり前の結果しか出せません。
このギリギリの所を攻めて平気で長期間生き残っている人の言う事は傾聴する価値があります。

この本は古典的名著とはいえ想定読者が最低でも株式投資歴5年以上とハードルは高いです。
しかし個人投資家が大きく勝つなら何らかの「牙」が必要であり、草食ではダメなのです。牙を研ぐように知識と経験を蓄積するべきでしょう。

現在でも景気循環などについて語っている経済記事などは大抵この本が元ネタだと思います。
復刊されているのに最近気が付いたので紹介してみました。


相場サイクルの見分け方<新装版> ―銘柄選択と売買のタイミング




スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

相場は常に間違っている、と考えるあなたも間違っている?

「一般に受け入れられている考え方は、市場は常に正しい、見通しが不透明であっても、相場は将来の動向を正確に反映するという見方だ。私はこれと正反対の考え方から出発する。将来に対するかたよった見通しを反映しているという意味において、相場は常にまちがっている、と私は考える」

ジョージ・ソロス 「相場の心を読む」より引用



マーケットの値付けは正しいのか間違っているのか、というのは常に議論になります。

ソロスの言うように常に間違っている、という地点から出発すれば、間違った株価にイライラする事もなくなるでしょう。

投資家の誤った認識が作りだす株価と実体価値のギャップを修正する行為が株式投資です。

そして実体価値は絶対的なものではなく、株価の影響を受けます。
実体価値が絶対だと思っているごう慢な投資家の意思もまた、誤った認識により株価の形成に作用します。

形成された株価は現実として実体価値に影響を及ぼし、その現実がまた株価に作用します。

バブルだ、いやバブルではない、という議論に意味はなく、トレンド自体がトレンドを強化して現実となり、熱狂が現実として進行していくだけです。

この熱狂が進行していくとバブルになりますが、バブルは崩壊するまでバブルではありません。
株価が現実に作用できなくなると、はじめてバブル崩壊という事になり確かにバブルがあった事になります。

投資家のする事は議論ではなく、日々変化する市場価格とそれによって日々変化する実体価値のギャップを修正する作業です。

何を言ってるか分からないって?私もよく分かっていません(笑)
分かろうとはしてるつもり。

ソロスの本を読んでいると難解すぎてアタマが痛くなるので、あなたがユダヤ人でもなければ読まない方がいいです。
ユダヤ人に勝つ!という気概を持っている人が読んでいるのでしょう。


関連記事:株価は「悪魔の鏡」か「経済の鏡」か

相場の心を読む





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

強気相場とマクロ分析

リバモアは19世紀末から20世紀前半にかけてのアメリカの有名な投機家です。

自分の失敗を他人のせいにできるからだろう、常に人から影響を受けて動きたいと思っている客たちは、よくパートリッジのところに行っては知り合いの知り合いのまた知り合いの事情通がこの株をどうこうするとよいと言った、などというアホみたいな話を聞かせていた。彼らはその情報で実際に動いていたわけではなく、それをパートリッジに知らせ、どうすべきかを教わろうとしていたわけだ。しかし、その情報が売りであれ買いであれ、彼の答はいつも同じだった。

(中略)

「おわかりだろう、強気相場じゃよ」

エドウィン・ルフェーブル「欲望と幻想の市場」より



このくだりはリバモアが影響を受けた大ベテランのパートリッジ翁が、大きなものの見方について端的に語っているエピソードです。耳より情報などどうでもよく、相場のコンディションだけが重要です。強気相場ならどんな株、どんな情報でも株価は騰がるし、弱気相場ならその逆です。それが「常に人から影響を受けて動きたいと思っている客たち」には理解できません。

材料や事情通の情報、短期的な相場の上げ下げで一時的に儲かったとしても、大きなトレンドが発生した時に一度で大損してしまうのでは元も子もありません。

逆に言えば、大きなトレンドを大きくつかむことができるなら、普段の細かい利益や損失はどうでもよいはずです。例えば2005年の小泉郵政解散相場、2013年から2015年にかけてのアベノミクスなどが強力な強気相場でした。

一般的に言って強力なトレンドが発生するには、その前に十分な準備期間が必要です。株価が一進一退を繰り返している時に、株価の上下に夢中になっているとその後の大きなトレンドについていけなくなります。

今は強気相場なのか、弱気相場なのか、停滞調整期間なのか、マクロのファンダメンタルを分析しながら粘り強くしっかり相場を観察し続ける必要があります。一歩引いた巨視的な視点が必要になります。

明日、来月、来年の株が上がるか下がるかでは無く、年単位で考えた時の巨視的な相場観が必要です。たとえその考えが間違っていても、少なくともどっちつかずで買いと売りの往復でやられる事は無くなりますし、間違いに気づけば大きく儲けるチャンスはいつでもあります。

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア




スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ