関連コンテンツ

「名言・格言 」カテゴリ記事一覧


強気相場とマクロ分析

リバモアは19世紀末から20世紀前半にかけてのアメリカの有名な投機家です。

自分の失敗を他人のせいにできるからだろう、常に人から影響を受けて動きたいと思っている客たちは、よくパートリッジのところに行っては知り合いの知り合いのまた知り合いの事情通がこの株をどうこうするとよいと言った、などというアホみたいな話を聞かせていた。彼らはその情報で実際に動いていたわけではなく、それをパートリッジに知らせ、どうすべきかを教わろうとしていたわけだ。しかし、その情報が売りであれ買いであれ、彼の答はいつも同じだった。

(中略)

「おわかりだろう、強気相場じゃよ」

エドウィン・ルフェーブル「欲望と幻想の市場」より



このくだりはリバモアが影響を受けた大ベテランのパートリッジ翁が、大きなものの見方について端的に語っているエピソードです。耳より情報などどうでもよく、相場のコンディションだけが重要です。強気相場ならどんな株、どんな情報でも株価は騰がるし、弱気相場ならその逆です。それが「常に人から影響を受けて動きたいと思っている客たち」には理解できません。

材料や事情通の情報、短期的な相場の上げ下げで一時的に儲かったとしても、大きなトレンドが発生した時に一度で大損してしまうのでは元も子もありません。

逆に言えば、大きなトレンドを大きくつかむことができるなら、普段の細かい利益や損失はどうでもよいはずです。例えば2005年の小泉郵政解散相場、2013年から2015年にかけてのアベノミクスなどが強力な強気相場でした。

一般的に言って強力なトレンドが発生するには、その前に十分な準備期間が必要です。株価が一進一退を繰り返している時に、株価の上下に夢中になっているとその後の大きなトレンドについていけなくなります。

今は強気相場なのか、弱気相場なのか、停滞調整期間なのか、マクロのファンダメンタルを分析しながら粘り強くしっかり相場を観察し続ける必要があります。一歩引いた巨視的な視点が必要になります。

明日、来月、来年の株が上がるか下がるかでは無く、年単位で考えた時の巨視的な相場観が必要です。たとえその考えが間違っていても、少なくともどっちつかずで買いと売りの往復でやられる事は無くなりますし、間違いに気づけば大きく儲けるチャンスはいつでもあります。

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア




スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

「十分な金を稼ぎ、すべての人々から遠ざかりたい。」おカネを稼ぐ目的は。

十分な金を稼ぎ、すべての人々から遠ざかりたい。

映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」より


名言というか迷言?映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」より。

wikiによると主人公ダニエル・プレインヴューのキャラクターは実在の石油王Edward Doheny(en)とドラキュラ伯爵をモデルにしている……と言う事らしいです。

私は映画マニアじゃないので映画の薀蓄は置いておいて、早期リタイア的に解釈します。ダニエルは山師から石油王に成り上がった経歴ですが、その人物像は競争心が強く人間嫌い、でもひとりでは生きていけないというややこしい性格です。

人間が嫌いでひとりになりたいだけなら、必要以上のおカネや成功は要らないのですが、そこは生来の山師的性格でどうしても競争に打ち勝ち成功してからでないと、引退は出来ないようです。

そして石油の採掘事業で成功しだすと、今度はひとりになるために自分と関わりあった人間をどんどん疎外していかなくてはならなくなるという……それでいて他人を信用できない分家族を求めるんですよね。矛盾していますが大金を稼いで引退しようとする人間の心理にはどこかこの手の矛盾があります。メキシコ人漁師コピペみたいな。

ダークな雰囲気の映画なので愉快な気持ちになりたい人にはおすすめできませんが、邦題と違って元タイトルは「油田!」。20世紀初頭のカリフォルニアの荒野の雰囲気が楽しめるので私は好きです。荒野でキャンプする所から始めてだんだん町が出来ていくんですよね。油田映画としても観れます。というか丁寧な油田映画です。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (字幕版)





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

【銀と金】続・金利で食うのは庶民の夢か【福本伸行】

過去記事:金利で食うのは庶民の夢か

「ぼうず……それは死人の考えや……。
血の通った人間が金持ったら、そうは考えん。
10人中、9人は考えなくなる……損を承知で人は生きられんのや。
それほど銀行金利は低い……あの低さはサギやからな。
サギ師に騙されながら生きるのも気分が悪い。」


このブログでごく初期に取り上げたのが、福本伸行の怪作「銀と金」のこの台詞です。昔の作品ですがこの漫画好きなんですよ。銀行金利は低いって言っても、バブル崩壊後の1990年代の話だから今と違って数%はあるはず……連載開始が1992年で、バブル崩壊の景気後退期が1991年から1993年だからちょうど金利水準が激変している時期です。ちょっと調べてみたら93年の長期金利が4%、96年が2%と急激に下がっていってます。その前の話ですね。

思えばこの漫画が未完で終わってるのも時代が金貸しや土地転がしで儲かる時代じゃなくなっていったからですね。

現代でも、金利で食うのは庶民の夢だと思います。ただ超低金利時代になったので、金利の部分が配当金とかREITとか株主優待になったんでしょう。

宝くじを当てるなどして大金を手に入れて、そういった利子収入で食うのが庶民の夢ですね。そういう庶民のささやかな夢を一刀両断するのが福本漫画の特徴です。

実際に画が下手くそで貧乏だった作者の福本伸行が現実世界でどんどん金持ちになっていったので、成り上がりの話もしっくりきますね。漫画を描くのは重労働なので、最近は自分で描かずに人に漫画を描かせて儲けてます。

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)



福本伸行も最近は言う事が嫌な感じのおカネ持ちのニオイがしてきましたw
現代の青木雄二か?青木雄二はおカネ持ちになってもどことなく貧乏くさい雰囲気が抜けなかったので嫌味が無かったんですけどね。

何故今この話をするかと言うと、時代に合わなくって未完に終わったこの漫画が、21世紀の東京オリンピックを控えた現代にドラマになって帰ってきたからです。

土曜ドラマ24「銀と金」公式



1月7日土曜深夜0時20分から。

が、Amazonプライムで1話を先行配信しているのでそちらを見ました。

「土地はやっぱり王様だよ、東京オリンピックも来るし」みたいな感じで現代に合わせてちょっとアレンジしてあってニヤリとしました。マイナス金利とか東京オリンピックとかで、また「銀と金」の世界観のような怪しい時代が帰ってきたようです。歴史は繰り返すのでしょうか。

銀と金 文庫全8巻 完結セット (双葉文庫―名作シリーズ)




[まとめ買い] 銀と金




スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ