関連コンテンツ

「グリーンブラット投資法 」カテゴリ記事一覧


「グリーンブラット投資法」について

多くの人にとって、「時はカネなり」だが、「カネは時なり」と言ったほうが、おそらくは一般的には真実だろう。結局、時はだれにとっても人生の通貨だ。時を使い終わるとゲームは終わる。カネを持っていることの大きなメリットの一つは人生にとって大事なことを追求する能力をあたえられることだが、(中略)適切な見方をすれば、カネは人に時を買い与えてくれる つまり、人生をエンジョイし、人生に意味を見いだせる何かを追求する自由を与えてくれる。
               「グリーンブラット投資法」より引用



「結局世の中カネかよ」と言うのは簡単ですが、カネは道具に過ぎません。やりたいことが無いという人でも、したくないことはあるはずです。ならばカネの問題と真正面から向き合うしかありません。

「グリーンブラット投資法」はM&A、企業分割、倒産、増資・減資などの特殊状況を利用して儲ける投資法です。ジョエル・グリーンブラットは年複利50%という前人未到のパフォーマンスを達成して、「儲けすぎて」ファンドが閉鎖されたという伝説の人です。(通貨市場に比べて株式市場のサイズは限られているので、ファンドの規模が大きくなりすぎると仕事がやりにくくなる)

この投資法は難解で上級者向けと思われていますが、私もそう思います。ただ「グリーンブラット投資法」自体は初心者も意識して書かれているので、わからない所は読み飛ばしておいて後から理解が進んだら読み返せば良いと思います。

むしろ初心者が読むべきでは?と思うのはユーモアがあって読みやすいのと一般的な株式投資本に出てこない、知っておいた方がいい株式市場の特殊状況の解説書になっているからです。アメリカの話なのでどう日本で応用するかはその人次第です。読んですぐ役立つような性質のものではありません。

この瞬間、私は貴重なレッスンを受けたのだ。最低限の知識と理解力がなければ、素晴らしい投資物件とただの犬の見分けさえできない、と。
             「グリーンブラット投資法」より引用



グリーンブラット投資法 - M&A、企業分割、倒産、リストラは宝の山




グリーンブラット投資法 ──M&A、企業分割、倒産、リストラは宝の山










スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

配管工のガツンは…(マリオの話じゃありません)

配管工が家にやってきてパイプを一回だけガツンと叩いてから言った。
「100ドル頂きます」
「100ドルだと!あんたはパイプを一回ガツンとやっただけじゃないか!」と、主人は言った。
「とんでもない、パイプのガツンはたった五ドルだよ。どこをガツンとやればいいかを知っていること、これが九五ドルになるんだ」と、配管工は言った。
           「グリーンブラット投資法」より引用



資産運用の話です。

株式市場では、どこをガツンとやればいいかを知っていることが蓄財の秘訣、というのが著者の言い分です。


”見える”ということにはそれだけの価値があるので、個別銘柄の研究はそれ自体は無駄でも将来的には培った分析力が大金を生むかもしれません。大事なのは基礎の力と株バカにならない広い視野、柔軟な発想ではないでしょうか。


グリーンブラット投資法 - M&A、企業分割、倒産、リストラは宝の山




グリーンブラット投資法 ──M&A、企業分割、倒産、リストラは宝の山




パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション ( 【初回限定特典】3種同梱&特典「オリジナルタッチペン」付



スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村