関連コンテンツ

「早期リタイア全般 」カテゴリ記事一覧


おカネがいくらあったら早期リタイアできるかというのは個人の能力による

おカネがいくらあったら早期リタイアできるか、というのは人によって条件が違い過ぎて一般論化出来ないのですが、それで話が終わってしまってはつまらないので、ちょっと考えてみます。

一般に早期リタイアに必要な金額は数千万円から億以上と言われますが、もっと少ない金額でも可能と言えば可能です。

極端に言えば資産がゼロで収入がゼロでも可能?……生活保護を受けるとかヒモとか……それは早期リタイアじゃない、と言う事はできますが、程度の問題で似たような事はできます。

金額が少なければ少ない程個人の才覚が必要でリスクも高いです。逆に言えば2億円無いと早期リタイアできないという人は、才覚を発揮する事を放棄しているか単におカネが大好きな人でしょう。

だからより少ない金額で早期リタイアしようとする人は才覚があってリスクを取る覚悟がある、もしくは才覚も覚悟も無くても是が非でも早期リタイアしたいという人でしょう。もちろん見積もりが甘くて早々に破綻する人もいると思います。

それに例え才覚があってもリスクが高い以上は、やはり破綻の可能性はありますし、そうなると少ない金額で早期リタイアするのに一番必要なのは、世の中がどう変化しても何があっても生き延びられるサバイバル能力でしょうね。会社組織や肩書きに頼らない素の能力です。

ただ実際はどうなんですかね……才覚のある人程過剰な金額を貯めこんで、なまじ才覚があるもんだから実際は早期リタイアしても全然おカネに困らなくて、こんなに貯めこむ必要無かったなあ……と無駄に失われた時間に後悔するパターンが多いような気がします。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

最近仕事をする夢を見なくなった代わりに……

早期リタイアしてしばらくは、けっこうな頻度で仕事をする夢を見ていました。寝ている時に見る方の夢です。

ほとんどが悪夢です。

そして目が覚めて、「ああそういえば早期リタイアしたんだった。もう仕事はしなくて良いんだ」と心の底から安堵する、というパターンです。

だんだん仕事の夢を見る頻度は減っていっています。これはアタマの中の記憶の整理が進んでいっているという事なんでしょう。

もう使わない情報、必要の無くなった記憶は脳ミソのハードディスク(最近のPCはハードディスクじゃなくてSSDですが私の脳ミソは年式が古いんです)の奥深くに格納されていっているのでしょう。寝ている間に脳ミソにデフラグをかけているのでまだたまに夢に見るんです。

それは良いのですが、代わりに最近はブログを書く夢を見るようになりました。

この間などついに、記事を考える所から夢を見始めて、PCで書き上げて、FC2ブログの「予約投稿」にチェックを入れて「記事を保存」ボタンをクリックする所まで鮮明に見てしまいました。

夢の中では記事は保存されているのですが、現実にはFC2ブログにログインしてみても保存されていませんでした(当たり前)。

これはブログを書くのが仕事になってきてるって事なんでしょうか。まあ悪夢を見るよりはマシですが。

夢の中で書き上げた記事の内容は忘れてしまったので、代わりにこんな記事を書きました。





スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイアブログを読んでいる時点で問題無し

ブログ村のセミリタイアカテゴリを見ていていつも思うのですが、セミリタイアブログを書く人はもちろん、セミリタイアブログを読もうと思うだけでその人の金融リテラシーは日本国民全体の上位10%ぐらいに入ると思います。

10%というのは何の根拠も無い私の主観ですが、案外いい線だと思います。というのも、セミリタイアを考えるという事は自分の仕事や財産収入、人生をトータルで俯瞰して見るという抽象的な思考作業が出来る能力がある、という事だからです。

こんな高等能力を持った人が多数派な訳はありません。たぶん上位10%ぐらい(適当)に位置します。だからセミリタイア(早期リタイア)カテゴリに属する人は自信を持っていいと思います。

早期リタイア(セミリタイア)人の金融リテラシーに全然問題が無いとしたら、問題なのはむしろ体の健康や心の問題でしょう。だからあまりおカネの心配はせずにそっちの問題解決にリソースを割いた方が良いと思いますね。

もちろん現実問題として今はおカネの事しか考えられない、という人にこんな事を言ってもしょうがありませんが、私としては今はそのような事を考えています。このブログは基本的におカネの話ばっかりですけど。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村