関連コンテンツ

「早期リタイア全般 」カテゴリ記事一覧


「資産1億円ぽっちでリタイアするひとの末路」はどうなるか?



まず玉川陽介氏にインタビューしているのが『宝くじで1億円当たった人の末路』という本を出した鈴木信行(政治家と同姓同名だけど別人)という人なので、その本の販促記事です。そこを踏まえて読んでいきます。

まず「現物不動産はなしですよね。」と言ってるのは、読者層を意識しての事でしょうね。
さすが空気の読める人っぽいです。
不動産を買って経営者になりなさい、と言ったらそこでハナシが終わってしまいますからね(笑)
読者はサラリーマンです。

「できれば投資商品のみ、それも、ETFか投資信託でお願いします。」

うん、しつこいですが読者層を考えたらこうお願いしたい所です。

「1億円のうち3000万円はVXXのショート。残りの7000万円のうち6000万円はPFFもしくはPGXなどハイイールド債のETFに入れます。余った1000万円は、BDC業界最大の銘柄「Ares Capital Corporation」(ARCC)でも加えましょう。」

何を言ってるんだ?と思うでしょうが私も分かりません(笑)
1億円で金融工学を駆使した高度なポートフォリオを組んで、「安全なリタイア」という「無茶」をやろうとすると、ここまで投資のハードルが上がるんだ、という雰囲気だけ分かればいいと思います。
求める期待値が高すぎるんですよね。

だからこのお題なら一億円では無理という結論になる。

投資商品のインカムゲインで食べていく戦略は、一度でも元本が大きく毀損すると回復不能になるリスクがあるんです。それに仮に900万円首尾よく利益が出ても問題があります。今の時代に40~50代で1億円の資産を貯めるには、2000万円以上の年収を何年にも渡って続けなければ難しいと思います。そういう人たちは貯金額も多いですが、消費額も多い。「気分は富裕層」なんです。おそらく900万円程度ではいずれフラストレーションが溜まるはずです。



これも一字一句その通りだと思います。
まあ2000万以上も年収がある人ってどこの世界の人だろうと思いますが、玉川陽介氏はそういう人を見てきてそういう人を相手に商売しているのだろうから間違っていないでしょう。

しかし現実に1億円どころか、それ以下の資産のインカムゲインを中心に早期リタイアしている人は、数は少ないかもしれませんが存在している訳です。

これはどういう事なのか。

セミリタイア、早期リタイアブログを読んでいる人には自明の事ですが、セミリタイア、早期リタイアという生き方は判を押したような画一的な生き方ではなく、むしろひとりひとり違った多様性があるわけです。

「できれば投資商品のみ、それも、ETFか投資信託でお願いします。」とか、
「インカムゲインのみで」とか、
「デイトレードのみで」

とかいった「お題」が無茶ぶりなだけで、やり方はいくらでもあるという事です。

もちろんこの玉川陽介氏のような博識な人からすると稚拙なやり方でしょうが、シンプルなやり方、シンプルな生き方の方が強じんな事があるのはいくらでも例があるでしょう。

『宝くじで1億円当たった人の末路』の方も読んでみようと思います。


不動産投資 1年目の教科書: これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え




プロも驚きの安定・高利回り! 海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書




宝くじで1億円当たった人の末路





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

「筋力低下は死に繋がる!老化防止に大事なのは筋肉だった」←知ってた



早期リタイアと筋肉は何の関係があるかというと、仕事を辞めて生活パターンが変わって運動しなくなると、筋肉量が減ってやばいかもね、という話です。

筋肉量の減少は30代から始まりますが、特に40代以降は顕著になります。健康な人でも80歳前後には30%程度の筋肉が減少します。老化によって筋肉量が減少し、握力や歩行機能の低下などの身体機能の悪化が見られる状態は「サルコペニア」と呼ばれています。



早期リタイアして座りっぱなし、移動はクルマという生活になるとやばいでしょう。

またダイエットを食事制限だけに頼るのも、若い内はいいかもしれませんが筋肉量がナチュラルに減っていく中年以降は危険です。

最近では、筋肉を鍛えるために電気刺激で筋肉を刺激するトレーニング器具を見かけますが、これは実用的な筋肉の動きの改善や筋力アップにはほとんど意味をなしません。こうした機器は自分の意志とは無関係に筋肉を動かすため、筋肉を大きくする効果しかありません。使える筋肉を鍛えるには、対応する脳神経の興奮が必須なのです。



筋肉を鍛えるには脳の興奮が必要だから運動が必要と。

あとは食事に気をつけるなど常識的な事です。

面白いのは筋肉を鍛える、筋トレをするというと「脳ミソまで筋肉が詰まってる」いわゆる脳筋と揶揄(やゆ)される事があることです。

これはむしろ脳ミソを興奮させるために体を動かす、筋肉を鍛えると考えれば、むしろ筋トレは脳ミソを働かせる知的作業なのかもしれません。

やはり筋肉は正義。

糖質制限なんてしゃらくさい事はやめて、早期リタイア人はちゃんとメシを食ってウォーキングや筋トレをした方が良さそうです。
早期リタイアして老化してたんじゃ何をやってるのか分かりません。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

働く人と働かない人

このエントリは中途半端な考えのまま書き出しています。

テレビ番組でサラリーマン対ニート・無職のような対立構造の番組があったりするらしいのですが、働く人と働かない人はしばしば対立関係にあるようです。

働く人が働かない人を非難して見下したり(ニート・無職は蔑称のひびきがあります)、働かない人が働く人を社畜、リーマンとか歯車とか呼んだりします。

その対立を煽ると視聴率が取れるのかもしれません。


でも常に拮抗した対立関係にある訳ではなく、基本的には働く人の方が立場的に強く、働かない人はどちらかというと目立たないように小さくなっている事が多いでしょう。

働く人の方が立場が強い理由は、

・社会(会社)で重要な地位を占めている
・社会(会社)を維持する活動に従事している
・倫理、宗教面(どの宗教も勤勉を美徳としている)

などでしょうか。


立場的には働く人の方が強いのですが、心理的な面を考えると複雑です。

立場が強いはずのサラリーマンがニートや無職を羨ましく思ったり、立場が弱いはずのニートや無職がサラリーマンになりたがらなかったりする事があります。

人間は普通は立場が強い方に回りたがるはずです。


合理的な思考にならないのは、つまり人間には感情と社会性があるからでしょう。

働く人と働かない人の複雑な対立構造は、例えばこうです。

サラリーマンがニートや無職を攻撃する時は、怠けものへの正義の怒りと共に自分も怠けたいというねたみの感情があったり、ニートや無職がサラリーマンを攻撃する時は社会の歯車に対する蔑みと共に自分が働いていない事への罪悪感がある事もあるのです。


このエントリで何が言いたいのか自分でもよく分かりませんが、とにかく感情的になって論争だけはしたくないなあと思います。
争いはやめましょう。争いは何も生まない。みんな働きたくないという気持ちは持っているはず。人類皆ブラザー。

でもやはり働かない人は目立たない方がいいでしょうね。目立つと争いに巻き込まれます。相手を非難するのも自己弁護するのも疲れます。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ