セミリタイア(早期リタイア)関連のカテゴリ記事一覧

高配当株に投資して配当金のみで生活しているブログ。仕事を辞めてセミリタイア(早期リタイア)生活中です。

  • ホーム
  • »
  • セミリタイア(早期リタイア)関連

カテゴリ:セミリタイア(早期リタイア)関連

早期リタイア後にセミリタイアブログで生計を立てられるようになったか?



プロセミリタイアブロガーのKotaro さんがこういう記事を書いていたので、私も便乗して書きます。

家計簿で直近1年(2016年7月~2017年7月)の収支をチェックしてみた。

早期リタイア後ながら、収支が黒字だった。

会社を辞めたら貯金を取り崩して生きていくと思っていたが、真逆の黒字会計。

収入源はブログの収益+αだ。

「+α」は株の配当金と国債や銀行預金の利息だ。

比率でいえば「ブログの収益 : 配当・利息 = 8 : 2」だ。

記事のタイトルのとおり、「ブログの収益と配当・利息で生計を立てられるようになった」。

当ブログを開設して約3年10ヵ月後のことだった。


素晴らしいと思います。おそらくKotaroさんの生活費はかなり低いと推測していますが、ブログ収入メインで黒字収支は立派のひと事。


で、私はと言うと、ブログ開始から3年3か月の現在で、ブログ収入だけで生計を立てるとまでは行かないものの、年間の実績としては基礎生活費の中心部分を賄うぐらいにはなりました。ブログ収入は安定しないものですが、悪くても家賃ぐらいは出るようになりました。

もともと配当金生活だけでセミリタイア資金を賄うことを考えていたので、これは大いに心理的な助けになっています。
もちろん配当金生活と併せて黒字収支になっています。

「貯金を取り崩して生活してもいい」と覚悟しながらも、「貯金は取り崩したくない」という「心の声」との葛藤の結果、「黒字会計」になった。

人間、つねづね心の中で思っていることしかできないものだ、と実感した。



覚悟を決めて行動を起こせば、歩き続けている限りはそれなりの地点にたどりつくものだと思います。

関連記事:ブログ収入月10万円、40万PVを達成

関連記事:おすすめのセミリタイア(早期リタイア)ブログ10選まとめ(「現行ブログリタイア済」部門にKotaro さんのブログ)


管理人の裏ブログ:セミリタイア的ブログ収益化計画(仮)

現在ネタ切れぎみで更新が滞っています。コメントでお題を貰えれば何か書くかもしれません。


ブログ飯 個性を収入に変える生き方




スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

医師の半数「国民皆保険による医療は持続不能」



すべての国民が公的な医療保険に加入している現在の国民皆保険について、医師の半数が「維持できない」と考えていることが29日、日本経済新聞社などが実施したアンケート調査で分かった。高齢化や医療技術の進歩で治療費が高額になっていることに医療現場で働く医師の多くが強い危機感を抱えている。医療の効率化の必要性を挙げる医師も目立った。


このままだと国民皆保険制度は維持できず、消費税増税による財源確保や患者負担の増加が十分に出来なければ将来は増大する医療費の抑制=医師の全体収入の減少という話になるので、お医者さんとしても危機感があるようです。


増税にしても患者負担の増加にしても、それ自体は一応国民が公平に負担する建前ですが、その前にどんどん数が少なくなっていく現役世代がより多く保険料を負担する構造があるので不公平感は増しています。

不公平感を緩和するには引退世代の通院頻度を減らすなどの医療費抑制の仕組みが必要ですが、これも選挙の多数派が老人なのと日本医師会の反対などでなかなか話が進まないようです。

しかしまあ、もうずいぶん前から分かっている話ではあります。


今の日本では低~中所得者のサラリーマンにとって社会保険料の負担が相対的にとても重いです。

サラリーマンは各種控除もあり所得が少なければ所得税の負担は軽いですが、そもそもの所得が低いのでは慰めにはなりません。ずっと低~中所得に甘んじていると、積み上がる社会保険料の負担でジリ貧になってしまいます。


高所得者は所得税の負担が重いですし、社会保険料も絶対額は高いです。

しかし最高税率がかかる超高所得者になってしまえば、後はいくら稼いでも税率は高止まりしているのでもう稼ぎまくって節税しまくるしかないでしょう。こうなると社会保険料は超高所得者にとっては天井が低いので所得税に比べれば大した負担ではありません。


もちろん超高所得者になれる人ははほんの一握りなので、第2の道を選ぶ人が増えてます。所得自体を極端に減らして納める税金と社会保険料を圧縮する。年金は免除申請する。足りない生活費は貯蓄を取り崩す。貧乏セミリタイアです。

私としては貧乏セミリタイアは辛そうなので、こういった現状をよく認識して、社会保険料の負担を抑えながら収入も確保して上手く立ち回るそこそこセミリタイアをおすすめします。配当金生活もそのひとつの方法ですし、最小限かつきっちり無駄なく働くのもいいですね。国民皆保険自体は良い所もありますが、現状のままだとさすがにセミリタイアの身ではまともに付き合いきれません。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

セミリタイア後の肩書は好きに名乗れば良いが、お金を借りる時だけは自分が何者か分かる。

関連記事:やはり無職はいかんよ無職は……早期リタイア後の肩書きについて

セミリタイア後の肩書きは好きに名乗ればよく、人間関係上の摩擦を避ける為には無職を公言するのは控えた方が良い、というのがただいまの私の結論です。

なんらかのスモールビジネスを行い、自営業を名乗るのが自然で良いと考えています。

世の中、利益の出ていない仕事などごまんとありますし、むしろ下手に利益を出してしまうと税金や社会保障費の支払いが増えるので、仕事は半分遊びのような適当な仕事で良いのです。


ただし、こんなふざけた態度で世の中を渡ろうとすれば、やはりそれなりのデメリットはあります。

税金や社会保障費の支払いを減らす為に売上はそこそこでそれなりの経費を計上すると、納税額がゼロに近くなります。

そうすると、賃貸住宅を借りたり、銀行でお金を借りたり(住宅ローンなど)する時に提出する所得証明書類(市区町村や税務署が発行する各種書類)の数字がすごい事になります。

クレジットカードを作る時も同様で、要するに金融機関の審査上の社会的信用は最低ランクになります。
金融機関から見ると、本人の自称はどうでもよく、お前の信用は無職と同等かそれ以下という訳です。

自分が何者か知りたかったら、銀行でお金を借りてみろという……なかなか泣ける話です。


社会的信用=金融機関の査定する与信と考える人は公務員や大企業の社員といった立場にこだわります。

私はセミリタイアは一種の世捨て人だと考えるのは、こうしたお金を借りる為の立場を蹴飛ばして捨てているからです。

お金を借りなくてもスモールビジネスをする程度の自己資本はあるし、住宅ローンや自動車ローンなど最初から組まないし、クレジットカードなんか無職でも作れるステータス最低のカードで上等だし、賃貸住宅はいまどき無職には絶対に貸さないなどという殿様商売ができる時代ではありません。

要するに考え方を変えれば、ある種の世捨て人セミリタイアにとっては、自分が何者だろうが何も問題は無いのです。


※そうは言っても、やはり所得証明が出来れば有利な面もあるので、配当所得を確定申告して税金や社会保障費の支払いを抑えたまま実績が作れないかなと考えています。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます