• ホーム
  • »
  • 青木雄二(ナニワ金融道)

カテゴリ:青木雄二(ナニワ金融道)

「ナニワ金融道」の青木雄二が1億7千万円も騙し取られた話

ナニワ金融道の青木雄二が詐欺にあった話

  1. このマンガがすごい!comics 青木雄二傑作短編集 50億円の約束手形


    1997年に代表作の「ナニワ金融道」が1000万部を突破し、「一生暮らせるだけの金は稼いだ、残りの人生は遊んで暮らす」と宣言して早期リタイア生活に入った青木雄二氏。

    講演や執筆活動をこなしながらも悠悠自適の早期リタイア生活をおくっていると思っていたのですが、どうも当時裏側では大きなトラブルが起こっていたようです。

    不動産関連の詐欺(よりによって青木氏の得意分野です)に合い1億7千万円も騙し取られています。奥さんが伝記漫画の取材で語っているので、詳細を知ることができます。

    新ナニワ金融道青木雄二物語 1 (SPA COMICS)



  2. 「ナニワ金融道」で、さんざん騙す側や騙される側の心理を描いてきた人が、まさか詐欺に合うとは思わないのでインパクトがある話です。まさに事実は小説よりも奇なりです。

    不動産事業で失敗して追い詰められた男が詐欺師になり、青木雄二をターゲットにする顛末が語られるわけですが、いったん詐欺師に狙われたらどんな人でも騙される可能性があるという訳ですね。

    詐欺には特殊詐欺(オレオレ詐欺)のような数打ちゃ当たる式の低クォリティのものもあれば、狙いすまして何重にも心理的トラップを仕掛けた高等なものもあります。
    完璧に決まった詐欺は芸術性すら感じさせるものもあります。

    この件で面白い現象は、詐欺にあった年から青木雄二が猛烈な勢いで本を出していることです。

    伝記漫画の中では「執筆意欲を掻きたてられた」と描かれていますが、これどうみても騙された「元」を取ろうとしてますね(笑)
    この詐欺師をモデルにした話も書きました。
    当時の読者はそんな事知らないんですけど……

    この伝記漫画はファンにとってマストアイテムですね。
    実際に詐欺に合った人が「騙されるなよ」と語っているので説得力もあろうというものです。

    新ナニワ金融道青木雄二物語2 (SPA COMICS)




  3. 奥さんによれば青木雄二は「サービス精神が旺盛」で、プライベートなことまでつねづね語ってしまっているので悪い人間に標的にされてしまったようです。
    考えてみれば少なく見積もっても個人資産が5億円を超える「超富裕層」が、個人情報を知られているというのは怖い話です。

    この話から分かる事は、本気で騙しにかかっている詐欺師から逃れるのは難しい、と言う事と、詐欺師に目をつけられる事の怖さです。

    早期リタイアした人は、まとまった金融資産を持っています。そしてその運用先を常に捜しています。

    早期リタイアするような人は一般人より金融リテラシーが高いと思われますが、定年退職した老人とはまた違った意味で騙される可能性があります。

    目立たないのが一番、そういった意味ではこのブログもリスクはあります。
    詐欺師に狙われないまでも、悪意を持った人に知られる恐れはありますね。
    ブログで個人を特定されるような事は書かない方が良いでしょう。

    青木雄二物語3 (SPA COMICS)



    (※この記事は2015年に投稿したものを再編集しました。)

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

「ナニワ金融道」の青木雄二の講演は一回聞きたかった

青木雄二の講演は一回聞いておきたかったなあと思っています。

まさかあの歳で亡くなるとは思っていなかったから。当時の青木雄二の健康状態とか不動産詐欺に合った話などの裏事情は、いち読者は知る由もないですからね。

少しは報道されたのかも知れませんが、当時は全然アンテナに引っかかっていませんでした。

新ナニワ金融道青木雄二物語 1 (SPA COMICS)




急死当時の記事はこれですかね→http://www.nikkansports.com/ns/general/personal/2003/pe-030905.html「ナニワ金融道」の作者、青木雄二さんが急死(ニッカンスポーツ)(←追記・リンク切れしました)

講演のひとつの要旨をここから引用させていただきます。→http://okanemochi.main.jp/cn1/pg10.htmlお金持ちになる方法( 「青木雄二氏講演」要旨)(←追記・リンク切れしました)


ドフトエフスキーは言った。「すっかんピンになると、もう人間社会から棒で叩かれる段でなく、人間社会から箒で掃きだされてしまいますよ。第一、自分で自分を侮辱するようになりますから」、また「カネは鋳造された自由である」とも。これが正しいかどうかは知らないが、金がなければ人間は生きていけない。金がなくての幸福があれば、金がある幸福もある。精神的な幸福か、物質的な幸福か。どちらが望ましいかは人それぞれだ。つまり幸せだと「思う」だけで幸せか、幸せで「ある」ことが幸せであるか。



これは青木雄二的幸福論の基本論理です。唯物論というやつ。「カネは鋳造された自由である」はドストエフスキーの名言ですが、現代風に言うとカネは「印刷された自由」なんですね。あるいは銀行の電子データか。




(前略)
金持ちと貧乏人の格差社会がドンドン広がるだけだ。しかし、凡人には凡人なりの生き方がある。貧乏人でもアクセクせずに、ゆっくりと時間を楽しめればそれはそれで幸福といえる。つまり最初に言ったように、きちんとした経済的基盤のうえに立った精神的な安らぎ又はその逆の精神的な安らぎのうえに立った経済的基盤があれば、欲望に満ちた現代社会でも人間に幸福をもたらしてくれる。
(後略)



青木雄二理論のベースは資本論と共産主義なんで序論と結論部分は了解しかねるところが多いんです(笑)

しかしこの部分は早期リタイア業界の人には受け入れられやすいと思います。

著作を読めば青木雄二の思想はカバーできますが、やはり一度本人の肉声で講演は聞いときたかったですね。

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

精神的にも肉体的にも限界まできて引退『50億円の約束手形 ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」後編』

 欧米では50歳くらいで仕事からは開放されて、あとは旅行でもして余生を楽しむという人も多いのに、日本では60歳過ぎても働かな生きていけないのやから相当遅れてるで。そんなんやったら、いっそのこと50歳ぐらいで元気なうちに、貧乏でもええから余生をはじめたほうがええのや。ボクは余生ではなくて、これからが人生や。好きなことを言うて、絵を描きたいときに描いて、やりたいことをやる。
 
 ボクは一生分の仕事をやり抜いたんや。いま、時間とお金がたっぷりあって、嫁さんと子供がいる。これからは自分の好きなように生きることができるんや。これまでの人生でしんどい思いをしたぶんを取り返さないかん。実りも味わわずに、人生を終わってたまるかいというところや。

 50億円の約束手形 ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」後編 より引用


このおっちゃんが今も生きていたらセミリタイアカテゴリでブログでも書いて欲しいぐらいのド直球の文章です。

まあそんなゼニにならないことはしないだろうけど。

53歳ぐらいで引退、58歳で亡くなっているし、現役のころからあちこち悪くしていたので本人も長生きできないと思っていたのかもなあ。

50億円の約束手形 ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」後編 (impress QuickBooks)



[まとめ買い] ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」前・後編


スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
Copyright © ひとり配当金生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます