関連コンテンツ

「億り人 」カテゴリ記事一覧


年収300万円の元掃除夫が資産1億円を達成したわけ

「年収300万の元掃除夫の億り人」として一部で有名なwww9945 さんから当ブログを紹介頂きました。

私もwww9945さんのブログを普段から巡回しているので、単独のエントリで言及されるとは驚きました。ありがとうございます。




年収300万円、掃除夫の僕が1億円貯めた方法



この機会にwww9945さんの著書について、金額的にはギリギリながら「低年収億り人」としての視点で私の感想を書きたいと思います。

>40代、男。職業・年収300万円の清掃業…いわゆる「負け組」でも、億万長者になれる!街角を歩いて気になった会社を調べ、儲かる株を買うというシンプルな手法で、1億円以上を作った著者の高配当銘柄や株主優待銘柄の選び方とは?毎月5万円の積立投資から15年で資産を1億円にした人気のカリスマ個人投資家の初の単著。初心者でも簡単に真似できるノウハウをイラストとふんだんな図解で、あますところなく開陳。

「掃除夫が1億円貯めた方法」というキャッチ―なタイトルと、この詰め込みすぎな説明文で、目は引くものもよくわからない…という人が多いと思います。

まあこういうのは著者じゃなくて編集者が考えるのだと思いますから、本のガワと中身がかい離しているのはよくある事ですね。

実際にwww9945さんがどういう人でどういう投資スタンスなのかは、ブログの膨大な過去記事(2004年からの長老です)を読み込んでいくとわかると思いますが、なんせ期間も長いので全体像を把握するのは大変です。

この本はある個人投資家の投資人生の貴重な記録として読めば良いと思います。なかなかこういう人は身近に居ないし、居たとしても普通は語られる事は無いので知る由もありません。そういう意味では奇書(いい意味ですよ)だと思います。

通して読んでも1億円に至る過程や具体的な手法が良く分からない…という点は、結果を出した個人投資家とは多かれ少なかれそういうものだと思って下さい。

過去の参考記事:超早期リタイアとか全力リスク運用とか10倍とか…

思うにこのタイトルに惹かれた読者の一番の関心は、どうやって低年収の人間が一億円を貯めたか、その具体的な手法や過程だと思いますが、そういうものを体系化するのは極めて難しいし、どんな人間にでも使えるように考えられた手法ほど威力は薄れるし現実にそぐわない物になってしまいます。

例えばバリュー投資で成功した人の殆どは、集中投資で成功しています。この場合は理論的な裏づけは別にバリュー投資でなくても何でもよい訳です。自分が集中投資できるだけの動機の重みづけができるかどうかだけなんです。リスク管理は投資の最重要ポイントですが、これも富める者の理論で初期資金の乏しい者にとっては残念ながらありがたいお題目にしかなりません。

それで失敗して結局遠回りする人がほとんどだと思いますが…死屍累々です。

秘密の手法があるわけでは無くて、書きようが無いだけなんですね。それでは本が売れないのでセオリー的な事は書かれていますが、こういう本を読む時に大事な事は、実際には書かれなかった、書きようがなかった事を読み取ることだと思います。

一つだけ言える事は、低年収の人間が億るにはエッジの効いた尖った投資人生を送るしかないということです。こんな事は真似できない、参考にならないと思う人は円満な人生を送られていると思うので、それはそれで幸福な事だと思います。

積立投資や株主優待で掃除夫が億れるわけないのは常識で考えたら分かることなので、当たりまえの話ですが本のタイトルや説明文は参考程度にして本は中身を読んで判断しなければ、という事です。投資本というジャンルは特にそうですね。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

暫定、「真の億り人」になりました

ネット上の俗語で、投資で1億円以上の資産を築いた人を、「億り人(おくりびと)」と言います。

ヒットした日本映画の「おくりびと」をもじって、語呂がいいからか数年前からネット上では定着しているように思います。

もともとネットスラングなので正確な定義など無いのですが、投資で1億円以上の資産を築いた、というのは結構曖昧な言い方で、極端に言えば9千万円を預貯金で確保し1千万円を株で稼いでも億り人には違いないわけです。

というか、団塊の世代以前の日本人だと土地持ちで預貯金だけで夫婦で1億円ぐらい貯めた人は結構どのご町内にもいて、そういう人達が今は年金も貰って悠々自適に…と考え出すと空しくなるからやめておくとして昔は投資なんかしなくてもひと財産を築いた人たちは一定数いたわけです。

そういう人は億り人とは呼ばれていないわけで、労働収入と元本保証の預貯金だけで資産を築くのが極めて難しくなった時代だからこそ、投資で財産を築いた人がそう呼ばれるようになったという背景があると思います。

「真の億り人」とは私が勝手に作った用語で、株などの投資の税引き後の通算運用益が1億円を超えた人のことです。種銭が100万円なら1億円と100万円、種銭が2千万円なら1億と2千万円で、真の「億り人」です。

暫定、というのは実現していない含み益があるので、これを現金化したとして2割の税金を引いた後の通算運用益が1億円を超えたということです。

なんでこんなことに拘るかというと、なるべく早く給料の額に左右されない身分を手に入れたかったからです。
元手の多寡にかかわらず、1億円が達成できる資産運用術を身につけることができればサラリーマンに拘ることもありません。

コツコツ積み立てでも資産1億円は可能…、それはそうかもしれませんが、私の安月給ではいつのことになるかもわかりません。というか私の場合早期リタイアは現実的に不可能だったでしょう。

本当に億儲けた個人投資家が教える(秘)思考法 アベノミクス攻略編 (別冊宝島 2319)




スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

一億円作るために貧乏するという矛盾『淀川河川敷 ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」』

 

 庶民が一億円の現金を貯めようとすれば、一生飲まず食わずで倹約しなければならない。つまり、ほとんど毎日ひどい貧乏生活を強いられるということや。貧乏をしたくないから金持ちになりたいのに、その目的のために一番したくない貧乏をしなければならないというのは、大いなる矛盾や。

 この矛盾のために、庶民は株やら商品先物やらに手を出してしまうんや。より追いつめやれれば、犯罪にすら手を染めてしまうんや。なぜ、自分の労働で得た賃金だけで満足できないかという疑問なんやが、それは今の現実が不満やからや。社会が不完全と感じられ理不尽と感じられるところには、きっと矛盾がある。

 僕の漫画の根底には、庶民が感じているそういった不安や不満が流れているんや。

 ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」前編 より引用


もうこの序文だけでお腹いっぱいなんですが、昭和の青木雄二の時代より搾取がマイルドにより巧妙になっているとはいえ現代も構造は変わっていません。都市銀行が高利貸しに手を染めたり、庶民相手(!)のラップ口座が出来たり昔より収益が厳しい分むしろ大手の倫理感は後退している感すらあります。

現実に対する不満や不安、焦りから知識も経験も無いのに無茶なことに手を出さないようにしたいですね。

しかしコレ、淀川河川敷というタイトルがいいですね。青木雄二はよく河川敷のホームレスと酒盛りをして取材していたという伝記があり、リアリティがあります。

淀川河川敷 ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」前編 (impress QuickBooks)


[まとめ買い] ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」前・後編



スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村