関連コンテンツ

「ギャンブル論 」カテゴリ記事一覧


早期リタイア資金を作るための私の投機的手法と考え方

コメントで資金を増やす為の銘柄選定やアイディアについて質問を受けましたので、新年だし良い機会なので過去記事を振り返ってみました。

ちなみに「投機」という言葉は悪いイメージもありますが、この場合は「機に投ずる」という純粋な意味でのタイミング投資の事です。決して倒産株や問題のある株を対象にしたマネーゲームの事ではありません。

少ない資金を爆発的に増やす考え方の過去記事一覧です。「10倍株」で検索をかけてみるとこんなにありました。

早期リタイアの目標資産額から逆算して投資法を考える(注意!非推奨です)
夢の50倍株ディップ(2379)、ああ羨ましい
どうせ個別株をやるなら10倍以上を目指そう
資産10倍を狙って達成するポートフォリオの組み方
超早期リタイアなら全力リスク運用が基本
超早期リタイアとか全力リスク運用とか10倍とか…
東証上場株式数は3500弱。このうち年に数倍になるような株はほんのわずか。株は値上がりしてナンボかな。
もう一度、資産10倍で1億円を目指してみようかな?

自分で読み返してみると、なかなかこの人良い事を言ってるな!と思います。1年も経てば何を書いたか完全に忘れているのでそう思うんですよね。もともと自分の意見だから完全同意ですw

まあ読んでみて自分の事ながらかなり痛い意見もあるんですが、基本的にずっと考え方は変わっていないので、何回も同じような趣旨の記事を書いているんでしょう。

具体的な投資法についてなかなか触れていないのは、問題なのはバリュー投資とかグロース投資とか、投資手法の優劣では無いと思ってるからです。投資手法はサルがダーツを投げるよりはマシ、ぐらいの優位性が確保されていれば何でも良い訳です。

具体的な銘柄選定や手法、投資アイディアの話の需要が高いのはわかりますが、それは優先順位が低いのでボチボチとしか出来ないというか何というか。

特殊な投資手法より資金管理によるリスク管理能力と、リスク管理能力に裏打ちされた大胆な集中投資が、限られた期間で少ない資金を爆発的に増やすには必要な訳です。こういう事は教科書的な真面目な本や、逆に毎日10分で1億円!といったふざけた本には載ってないので自分で考えるしかありません。

それと自分の投資手法が相場のコンディションとかみ合わなければなりませんね。アベノミクスのような強気相場で逆に破産した人もごまんといる訳ですから。投資経験がある方が無いより有利なのは、ある程度相場を俯瞰的に見られる余裕があるからです。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活

サラブレッドは何故脚が速いのか

有馬記念が終わったのでサラブレッドと呼ばれる競走馬について。

もともとサラブレッドという種類の馬がいた訳ではありません。歴史を紐解くと17世紀にイギリスに輸入されたアラブ産の大きな馬格の種牡馬とイギリス在来の繁殖牝馬をかけあわせて生産された馬が、代を経てサラブレッドと呼ばれるようになったようです。

つまりサラブレッドが脚が速いというよりは、脚が速い馬をサラブレッドと呼ぶようになった、というのが正しいです。その過程で、脚の遅い馬はコンビーフにされてきました。コンビーフがその頃あったのかは知りませんが……


徹底した血統管理が行われるようになったのも、サラブレッドという名称が定着した後です。

脚の速い馬が脚の速い馬と掛け合わされ、生まれてきた脚の速い馬の中でも競争になると判断されたレベルに達しなければレースに出る事もできません。

こうしてサラブレッドはどんどん高速化していきます。

しかし全ては人為のなせるわざで、いつか人間が競馬事業をやめてしまえば、サラブレットも元のただの馬に戻るでしょう。

ちなみにサラブレッドは登録制で、人工授精で生まれた馬はサラブレッドと認められません。つまり遺伝子を科学的に保存する意味はありません。

人類が滅亡したらサラブレッドも滅亡ですが、SF映画作品のように滅亡した人類の遺伝子が蘇る事があっても、サラブレッドの歴史は一度絶たれたらそこで終わりで、復活はありません。


このサラブレッド論法は淘汰される物なら何でも使えます。長い期間生き残っている投資理論や投資家はそうなっただけの理由、人為が何かあるはずです。決して最初から神様か何かが決めたものでは無いはずです。

人間なら運任せ、運命任せの刹那主義で生きるよりは、時間の経過による淘汰に耐える行動を心がけた方が良いでしょう。幸いサラブレッドと違って脚が遅いだけでコンビーフにされる事は無いので大分マシです。人間ならば最後まであがいて生き残るのが良いでしょう。みっともなくとも生き残ってさえいれば何かしら洗練と成長があります。


スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活

年の瀬の特殊な大レース、有馬記念の私の買い目

大波乱になる?有馬記念と2017年を予想する 「7」がつく年は、100%ヤバイ年になっている

>2016年もあとわずかとなった。今回は特別編。当コラム連載中の「競馬好きの3人」(ぐっちーさん、山崎元、吉崎達彦)が渾身の有馬記念予想をしつつ、2016年を振りかえる。2017年はどんな年になるのだろうか。

ふーん、東洋経済も有馬記念の記事があるんですね。そう言えば山崎元氏の趣味は馬券でした。

私も有馬記念の予想をしてみました。実際に馬券は買いませんが、買い目は記事の最後に書きます。


有馬記念というのは特殊なレースです。

何が特殊かというと、およそどの陣営(調教師、騎手、馬主)も、「今年の目標は有馬記念を勝つことです」なんて人はひとりも居ないという事です。

一年の最後にある大レースですが、賞金や売上ほどは格はそんなに高くなく、天皇賞とかジャパンカップ、菊花賞といった大レースや、短距離路線、あるいは牝馬限定戦やそれ以外の2線級のレースを戦い終えた馬が最後に集まるレース、それが有馬記念です。

年の瀬のグランプリとは言え、いわば有馬記念は最後のオマケのレースに過ぎません。有馬記念を勝つことを目標に仕上げてきた馬というのは基本的に居ないわけです。

だから波乱も起きやすいし、最後のレースだから馬場も荒れているし、コース特性上も内枠外枠、脚質による有利不利が甚だしいし、要するに何があってもおかしくないレースなのです。

あくまでドリームレースですから、真面目に予想をしてもしょうがありません。

馬券の買い目ですが、宝くじ同様、馬券は1点買いに限ります。

JRAはながし、ボックス馬券と言った種類の買い方の馬券を発売していますが、あんなものはJRAの罠です。ながし、ボックス馬券など、当たったとしても当たりは1点だけで後は全て自動的にはずれ馬券となるのです。実に効率の悪い買い方です。

馬券は1点買いに限ります。

馬連や枠連で1点買いではさすがにめったに当たらないので、男は(女も)黙って単勝1点買いです。

有馬記念2016 - 出走予定馬(枠順)・予想・オッズ

さて私の買い目ですが、2枠4番ヤマカツエースの単勝、で勝負(したつもり)です。

Number(ナンバー)917・918合併号 夢の有馬記念1990―2016 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活