関連コンテンツ

ブレグジット・ショックから1週間の世界の株価。英「落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。」日・独「………」

衝撃的なイギリスのEU離脱国民投票から1週間。

世界の株価はどうなったでしょうか。見ていきたいと思います。画像は15分足の10日チャートです。

イギリス(英FTSETM100指数)↓
イギリス_convert_20160702092513

まず震源地のイギリスから。

元気ですね~元気としか言いようがない。わずか4営業日で全回復どころか以前より上昇しています。


アメリカ(NYダウ)↓
NY_convert_20160702092455.png

イギリス程ではないものの、こちらも全回復。


ブラジル(ボベスパ指数)↓
ブラジル_convert_20160702094845

代表的な新興資源国のブラジル。イギリスと並ぶ今回の騒動の勝ち組です。


中国(上海総合指数)↓
上海_convert_20160702092623

去年のチャイナショックから元気の無い中国ですが、こちらも回復。以前の勢いはもうありませんが…


ロシア(ロシアRTS指数)↓
ロシア_convert_20160702092604

さほど元気はありませんが、以前の株価レンジに復帰。


ドイツ(独DAX30指数)↓
ドイツ_convert_20160702092527

なんとか半分は戻したというところ…


日本(日経平均)↓
日経平均_convert_20160702091915

最後に我らが日経平均株価。弱い。


これを見ると、日本とドイツのマスコミや投資家がイギリスの国民投票に批判的なのがよく分かりますね。

日独だけ大損しとるやないけ!

そりゃ批判的な意見も増えるってものですよ。分かる、分かるぞ、その気持ち。

この1週間、震源地のイギリスの株価が上がって、全然関係の無い日本の株価が下がるのが意味分からない、という意見もよく見ましたが、この動きはむしろ当然な部分があります。

イギリスはEUを離脱する事によって大きなメリットとデメリットがありますけど、日本にとっては当面デメリットしかないですからね。円高地獄。

アメリカには特にメリットが無いような気がしますけど、利上げ延期のいいネタにはなりますし、ショックを大きく評価するならまさかの追加緩和まですらあります。実際あるかどうかは別にして。

新興資源国にとってはアメリカの利上げ延期は良いネタですし、昨年の資源安からの反動が大きいですからね。

ドイツにとってはEUの崩壊が進むのはもちろん悪いネタです。あと南欧の経済劣等生にとっても厳しくて、株価に表れています。


個人的には売買記録を見てみると、今回買ったのは24日当日と翌週の28日です。最大予定量の3分の1ぐらいしか買えてないので、大抵の人がそうでしょうが、予想よりかなり株価の回復が早かったようです。新興国に厚めに張ってるのも良かったですね。

もちろん今後も株価の動きは予断を許さないと思うので、当たらない予想はそこそこにしておいて、資金管理をしっかりやっていきたいですね。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

衝撃的な英国のEU離脱。でも、だから何なの?という感じ。

先週の英国の国民投票の結果はEU離脱というなかなか衝撃的な結果に終わりました。

しばらくはこの話題で持ち切りでしょうが、個人投資家の立場で言えば衝撃の大きさの割には意外と特に改めてやる事はありません。

安倍総理じゃありませんが、以前から言われていたリスクが実際に顕在化しただけです。アベノミクスで一方的に円安株高に傾いていたトレンドが円高株安に振れ戻っているだけ、その理由づけが中国であったり英国であったりするだけです。

もともと日本は経常黒字国で、ほっといても円高が進みます。日本にとって円高圧力は重力のようなものです。民主党政権時代のように無策で何もしなければ超円高になるし、その反動でアベノミクスのような強力な円安政策を取ったら重力圏を振り切るような超円安に触れていただけのことです。

本来は円高圧力と円安政策が吊り合って、ちょうどいい水準で推移するのが望ましいわけです。

別に大きなトレンドに逆らう必要は無いし、方向性に悩む必要もありません。今回の国民投票がいい例ですが、本質的な勝率が50%に近いようなイベントに片張りする意味の無いギャンブルさえしなければ、問題ありません。

景気循環で言えばしばらくは悪いターンでしょうが、ベテランの日本株投資家にとっては久しぶりのあの懐かしい底値拾い、報われる事の少ない、ドブさらいの季節が戻ってきたというところです。

この作業は華やかさのカケラも無いうえにいつまで続くかは誰にも分かりません。地味で忍耐力のいる仕事です。脱落者もいっぱい出るでしょうが、何が起きようがしぶとく生き残る、粘り強さが年季の入ったベテランの日本株投資家の本領です。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

安倍晋三「私言いましたよね?」英国EU離脱国民投票報道を受けてリーマンショック級の事態に




大半の金融関係者の楽観的希望的観測を裏切り、英「EU離脱」賛成多数が確実となりました。
日経平均はマイナス1,286.33円(-7.92%)の14,952.02円。


sosuu.png

素数を数えて落ち着くんだ…!私に勇気を与えてくれる…!


まあ去年のチャイナショックに比べたら、まだ精神的な余裕がありますね。

去年の記事:日経平均895円安「人生で必要な知恵はすべてスラムダンクで学んだ」
去年の記事:酷いパニック売りを見た「人生で必要な知恵はすべてスラムダンクで学んだ」その2

去年がスラムダンクだったので、今年はジョジョにしてみました。というか去年も素数を数えていましたね…

今回は英国の国民投票という日時の決まったイベントであり、事前にポジションを取るかどうかは完全に自己責任。証券会社もFX会社も事前にわざわざ警告してました(スイスフランショックの教訓)。

ましてや日本の総理大臣が事前に警告していたのだから、わざわざ大きなポジションを取っていた人はまさか居ませんよね?


…まあ煽るのはこれぐらいにしておいて、食らった人はご愁傷様ですが、真面目な話としては配当金生活的には買える水準に入ってきました。下げ相場には違いないので、ここからは慎重に買っていきたいと思います。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村