関連コンテンツ

「大山(だいせん) 」カテゴリ記事一覧


自転車キャンプツーリングは鳥取県の大山(だいせん)へ

今回の自転車キャンプツーリングの目的地は鳥取県の大山(だいせん)でした。

大山 (鳥取県)

大山(だいせん)は日本の鳥取県にある標高1,729mの火山で、鳥取県および中国地方の最高峰である。角盤山(かくばんざん)とも呼ばれるほか、鳥取県西部の旧国名が伯耆国であったことから伯耆大山(ほうきだいせん)、あるいはその山容から郷土富士として伯耆富士とも呼ばれる。



南壁_convert_20160813054652

大山南壁。鳥取県の鍵掛峠(かぎかけとうげ)から撮影。峠の標高が900メートルを超えているのでここまで自転車で来るのは大変でした。


大山まきば_convert_20160813054708

大山まきばみるくの里(日本海側)から撮影。この牧場が既に標高700メートルぐらいの高原にあるので爽やか。


岡山側から_convert_20160813054620

岡山県側の鬼女台(きめんだい)展望休憩所から撮影。雲がかかってて残念。


この大山(だいせん)のふもとにキャンプを張り、登山をするのを一応の目的に、後はあえて予定を組まずに出発しました。この周辺はキャンプ地がいくつかあるし、なんとかなるだろうと思ってそれ以上のプランニング、宿の予約等は一切していません。単純な旅です。

鳥取県側の大山(だいせん)周辺と岡山県側の蒜山(ひるぜん)高原一帯は国立公園として整備されていて、この辺りの高原地帯に滞在してツーリングすれば避暑にはもってこいだろうという目論見です。

もっとも自転車でソコにたどり着くまでが大変だったのですが…


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村