関連コンテンツ

配当金生活冬の時代に突入か?

 2006年から2007年の活況相場においては、配当利回りで3%もあれば高配当株と呼ばれていました。(税金は一割)
この水準だと一億円以上の資金がないと配当金生活は難しく、世間の景気はともかく高配当株投資家にとっては冬の時代と言えました。そしてその後には世界的規模の金融危機が待っていました。

 このまま株価が上昇を続けた場合、当時の水準の日経平均で18000円くらいに達した時、どういう行動をとるのかは配当株投資家としてよくよく考えておく必要があります。私も結論は出ていませんが、継続的な思考が必要でしょう。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

証券コード辞書

非常に便利なので紹介します。

Microsoft IME / Microsoft Office IME 用の証券コード辞書です。
たとえば「ハードオフ」で変換すると、「ハードオフ(2674)」、「ハードオフコーポレーション(2674)」、「2674」、など。
もちろん「2674」から逆に変換もできます。

NOTEAREAさん←「主要記事」の「証券コード辞書」の最新版を使用

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

インデックスファンドについて

インデックスファンドについて
├─インデックスファンドがいいよ(インデックスファンド派)
│ ├─市場平均で満足さ(市場平均追及派)
│ │ ├─10年以上の超長期なら儲かるよ(のんびり派)
│ │ ├─市場の動きなんて読めないんだから(効率市場仮説派)
│ │ └─時間も能力もないから平均的な成績で御の字(丸投げ派)
│ ├─アクティブファンドより低コストだよ(低コスト主張派)
│ │ ├─信託報酬が安いよ安いよ~(低信託報酬派)
│ │ └─売買の頻度が少ないからいいよ(買いっぱなし最 強派)
│ └─1万円程度から積み立てできるよ(小口資金派)
│   ├─毎月積み立ててますよ(ドルコスト派)
│  └─市場が下げてるときに買い増ししてますよ(タイ ミング派)
└─ インデックスファンドはだめだよ(アンチインデックスファンド派)
  │ ├─自分で個別銘柄買うほうがいいよ(個別株派)
  │ ├─俺の銘柄発掘能力はすごい!(投資眼力自信派)
  │ ├─インデックスファンドってカネボウみたいなの 混じってるじゃん(クソ株嫌悪派)
  │ └─銘柄選択が楽しいんじゃないか!(四季報熟読 派)
  ├─アクティブファンドがいいよ(アクティブファンド派)
  │ ├─市場平均を上回るアクティブファンドもあるよ (ファンド選別派)
  │ └─おっちゃんマンセー(さわかみファンド派)
  ├─コストが気になるじゃん(コスト嫌悪派)
  │ ├─そもそも信託報酬がきにいらねー(アンチ信託 報酬派)
  │ ├─ミニ株で数十銘柄に分散すれば信託報酬0じゃ ん(マイバスケット派)
  │ ├─銘柄入れ替えのコストがやだ(銘柄入れ替えやめてよ派)
  │ └─インデックスファンドなんて機関投資家のはめこみじゃん(機関投資家陰謀派)
  ├─そもそも日本株はダメなんだよ(日本株悲観派)
  ├─そもそも株自体がダメなんだよ(世界株悲観派)
  └─そもそも投資自体がダメなんだよ(現金最強派)

2ちゃんねるの投資信託スレのものらしいのですが、どうでしょうか?
私はアンチインデックス派ではないのですが、
汗をかいて投資する気があるうちは個別株派です。
楽をしたくなったらインデックス派に転向するかもしれません。
ただ宗派間の罵り合いはみにくいのでやめましょうね。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村