関連コンテンツ

リタイアに向けた金融商品の選択(ソーシャルレンディング)

現在のところ世界的規模で金利が低く、資金の行き場が株式しかないような状況です。

そのため一般的な知名度はまだ低いですが、ソーシャルレンディング・クラウドファンディングの分野には期待しています。
ただし、まだまだ規模が小さく業者も数社しか存在しません。

この分野は自分で投資判断ができる人以外は手を出すべきではありません。
この分野が投資家レベルの低い日本で発達するかは疑問がありますが、期待はしています。

「ソーシャルレンディングって何?」という方は、
けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記
ここが詳しいです。
関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

配当金生活には分散投資が必須

株式投資で少ない資金で資産を増やそうとすれば、銘柄を絞り込んである程度集中投資しなければなりません。
資産の変動幅が大きいほど増やしやすい(減らしやすい)からです。

ある程度の資産が出来て配当金生活を目指すなら、今度は逆に分散しなけばなりません。
資産の変動幅が小さいほど良いわけです。

理論上は一群の高配当株で構成されたポートフォリオの基準価格がずっと横ばいで推移するなら、配当金で永遠に買い増して行けるからです。

たまに東証一部の超大型の高配当株に集中投資する人がいますが、電力株のようなことがなくても基本的には配当金生活に向かない投資法と言えます。

蛇足ですが、集中投資では割高で買っても儲ける可能性はありますが、分散投資では買値で勝負が決まるので、できるだけ割安で買う必要があります。
関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

定期預金の候補は東京スター銀行か大阪信用金庫?

ざっと調べたところ、
東京スター銀行のスターワン円定期預金1年もの(店頭、テレホンバンク限定)が0.4%
大阪信用金庫のネットDE定期預金 1年もの0.425%

どちらも本支店に来店して口座を開く必要があるのがミソですね。
東京スター銀行は全国に支店があるのでいいですが、大阪信用金庫は大阪府内と尼崎市近隣の人以外は実用的ではないかも。
私は現在阪神間に住んでいますが、電車賃を使ってまで口座開設に行くかは微妙なところです。
100万円預けても税引き後は利息4000円を切りますからね。
将来阪神間を離れることも…
だったら全国に支店がある東京スター銀行でしょうか。

ちなみに大信には1%や2%の定期もあるようですが、こちらは投資信託との抱き合わせ商品ですので、引っかからないようにしたいですね。同様の抱き合わせ商品は他の銀行にもありますね。
関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ