関連コンテンツ

投資教育を受けたことありますか?

私もそうですが、世の中の大半の人は独学で投資の勉強をしていると思います。

富裕層と言われる家系に生まれた人は幼いころから投資の教育を受けているのかもしれませんが、私は身近な例を知りません。

公的教育にはまったく期待できません。
アメリカのような投資文化が根付くのにあと何年かかるかわかりません。
「ピーター・リンチの株式投資の法則」には小学校の授業で作ったポートフォリオがマゼラン・ファンドのパフォーマンスを上回る話が出てきますが、これ20年前の本なんですよね…
日本は何年遅れているのでしょうか?

そもそも日本人の書いた適切な投資教育のテキストが存在しません。
そういう書籍があるなら教えて欲しいです。
投資教育できる教員だっていませんし。

結局、現状では適切な投資教育を受けられるのは一部の人だけです。
独学というのは危険で無駄が多いのですが、仕方ありません。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

2014年8月の入金実績

8月の入金

2014/8/29 株式配当金 リベレステ 23906円
2014/8/26 株式配当金 キヤノン 15539円
2014/8/26 株式配当金 フナイソウケンホールデイングス 1196円
2014/8/26 株式配当金 ジェイコムホールディングス 3586円
2014/8/25 株式配当金 ミタチ産業 2391円
2014/8/18 株式配当金 上場インデックスファンド豪州リート 7977円
2014/8/18 株式配当金 上場インデックスファンド海外債券 毎月分配型 2168円
2014/8/18 株式配当金 上場インデックスファンド新興国債券 20001円
2014/8/4 株式配当金 iシェアーズ米国リート不動産株ETF 1307円
2014/8/4 株式配当金 iシェアーズ米国高配当株ETF 1594円

計79665円

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リタイアに向けた金融商品の選択(ソーシャルレンディング)

現在のところ世界的規模で金利が低く、資金の行き場が株式しかないような状況です。

そのため一般的な知名度はまだ低いですが、ソーシャルレンディング・クラウドファンディングの分野には期待しています。
ただし、まだまだ規模が小さく業者も数社しか存在しません。

この分野は自分で投資判断ができる人以外は手を出すべきではありません。
この分野が投資家レベルの低い日本で発達するかは疑問がありますが、期待はしています。

「ソーシャルレンディングって何?」という方は、
けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記
ここが詳しいです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村