月別アーカイブ:2014年08月

  • 2014/08/27運用方針

    株式投資で少ない資金で資産を増やそうとすれば、銘柄を絞り込んである程度集中投資しなければなりません。資産の変動幅が大きいほど増やしやすい(減らしやすい)からです。ある程度の資産が出来て配当金生活を目指すなら、今度は逆に分散しなけばなりません。資産の変動幅が小さいほど良いわけです。理論上は一群の高配当株で構成されたポートフォリオの基準価格がずっと横ばいで推移するなら、配当金で永遠に買い増して行けるか...

    記事を読む

  • 2014/08/23債券

    このクラスの資産は債券型の上場インデックスファンドを買っています。具体的には、ABF 汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)上場インデックスファンド新興国債券(1566)上場インデックスファンド海外債券毎月分配(1677)の3つです。というか、東証にはこの3つしか上場していません。このうちメインは1677…といいたい所ですが、利回りが低いのでサブ的な配分で、実際は利回り5%前後の1566が主力になっています。価格が下落す...

    記事を読む

  • 2014/08/22債券

    個人向け国債って買ったことありますか?私はありません。中途換金が可能で元本割れのリスクがないかわりに、新型窓口販売方式に比べて利率が極端に低くなっています。現在のところ、変動10年で0.34%、固定5年で0.10%、固定3年で0.06%…普通預金であるSBIハイブリット預金でも0.10%あることを考えると、ゼロに等しい利率です。だったら普通預金でいいのではないかと。この利率で誰が買っているのでしょうか?ひとつは金...

    記事を読む

配当金生活には分散投資が必須

株式投資で少ない資金で資産を増やそうとすれば、銘柄を絞り込んである程度集中投資しなければなりません。
資産の変動幅が大きいほど増やしやすい(減らしやすい)からです。

ある程度の資産が出来て配当金生活を目指すなら、今度は逆に分散しなけばなりません。
資産の変動幅が小さいほど良いわけです。

理論上は一群の高配当株で構成されたポートフォリオの基準価格がずっと横ばいで推移するなら、配当金で永遠に買い増して行けるからです。

たまに東証一部の超大型の高配当株に集中投資する人がいますが、電力株のようなことがなくても基本的には配当金生活に向かない投資法と言えます。

蛇足ですが、集中投資では割高で買っても儲ける可能性はありますが、分散投資では買値で勝負が決まるので、できるだけ割安で買う必要があります。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

リタイアに向けた金融商品の選択(海外債券ファンド)

このクラスの資産は債券型の上場インデックスファンドを買っています。
具体的には、

ABF 汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)
上場インデックスファンド新興国債券(1566)
上場インデックスファンド海外債券毎月分配(1677)


の3つです。というか、東証にはこの3つしか上場していません。

このうちメインは1677…といいたい所ですが、利回りが低いのでサブ的な配分で、実際は利回り5%前後の1566が主力になっています。価格が下落することがあれば、1677を買い増していきたいと思っています。
1349は信託報酬が凄く安いのが長所ですが、肝心の利回りが1677と変わらない程低く、あまり割にあいません。
こういうマニアックな銘柄は好きなんですが、少しづつ保有を減らしています。

これらの銘柄はETFですから日本株と同じように売買できます。海外ETF用のドル建て別口座を開く必要がないので、利便性は高いです。いずれはドル建ての資産も構築しなければいけないと思っていますが。

本当はこのクラスの保有を増やしたいのですが、利回り的にも商品設計的にも適当な物が見つからないのが現状です。

追記:その後、iS新興国債券ETF(BARC Local EM国債コア)(1362)が上場されました。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

個人向け国債の世界

個人向け国債って買ったことありますか?
私はありません。

中途換金が可能で元本割れのリスクがないかわりに、新型窓口販売方式に比べて利率が極端に低くなっています。

現在のところ、変動10年で0.34%、固定5年で0.10%、固定3年で0.06%…
普通預金であるSBIハイブリット預金でも0.10%あることを考えると、ゼロに等しい利率です。
だったら普通預金でいいのではないかと。

この利率で誰が買っているのでしょうか?

ひとつは金融機関がやっている現金プレゼントのキャンペーン。
これが事実上の利子になっているというもの。1000万円くらい買って0.5%くらいなので、よほどのお金持ち以外関係ありませんね。

あとはよほど金融リテラシーの低い人でしょうか。しかしそういう人はわざわざ個人向け国債は買わない気がします。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます