関連コンテンツ

退職金との合わせ技で「億り人」になる?

私は本来「7000万円」で妥協の早期リタイアを計画してきました。

しかしここの所の株高と退職金が思ったより出るということで、どうやら退職時には「億る」ようです。

たっちゃん氏にならって「減らさない投資」に移行すべきか…
それともシーゲル風に大半を株式で運用するか…

上昇についていくと同時に守りも固めるという、難しい時期に入っていると思います。
関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

ブラック企業の株は買わない

私は投資家として投資判断はドライでありたいと思っていました。
実際、投資は合理的、打算的で、人間味のないものが成功しやすいのです。

ただし、反社会的行為で儲けている会社、「合理化のみ」で儲けている会社はダメだと思います。
こういう会社は一時的には凄く儲かるのですが、長期的な目で見ると衰退していくはずです。
サラ金、商品先物取引、某絵売り会社など。
合理化が行き過ぎてブラック企業化した会社群。

逆に「ホワイト企業」は買いかというと、これは一概には言えません。
日本では従業員に手厚くて株主の方を向いてない企業もあり、そういう企業の方が一般受けはいいのです。
業績が上がり、従業員にも株主にも報いる本物の「ホワイト企業」が成立するには何かユニークな特徴が必要です。
そういう株を買いたいです。
関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

投資信託も本当は買いたい

私が思うに投資信託の最大のメリットは、個人が投資するのが難しい分野に簡単に投資できることです。

全世界の株式の平均値を買う、なんていうのは個人では不可能。
大手の証券会社でも扱いがないような、マイナーな複数の国の債券に分散投資するとか。
マイクロファイナンスに投資したかったら、少し前までは大和証券のファンドしか選択肢がなかったり。

投資のツールとしては投資信託はとても便利で、本当は積極的に利用したいのです。
しかし、販売手数料と信託報酬が高い。

投資信託のコストがなかなか下がらないのは、結局売る方も買う方もこれでいいと思っているからでしょう。

売る側については、高コストの投資信託でも特配続きの毎月分配や高金利の外貨建でごまかせば売れますし。
買う側についても、投資の勉強の手間を回避できるのなら、「プロにまかせる」という大義名分で高いコストを払っても買いたいのでしょう。

需給のバランスで成り立っているので、いまさら文句を言うつもりはありません。

私は買う側としてこれでいいとは思っていないので、投資信託用として「フィデリティ証券」の口座開設だけはしてあります。
ここは年に一回か二回(ボーナス時期?)全投資信託が販売手数料無料になるキャンペーンをやっています。
販売手数料が3%を超えるようなふざけた投資信託もこの時だけは買えるかもしれません。

あとフィデリティ証券では大口の顧客は手数料が下がり、超大口になると無料になります。
超大口の顧客になれば、コストは向こうから下げてくれるんですよね。
逆に言うと、高いコストを喜んで払っているうちはゴミ投資家です。
同じゴミ投資家なら、とことんコストを削って資産を育てましょう。
関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ