月別アーカイブ:2015年02月

  • 2015/02/27大塚家具(8186)

    気になる本日の株価は、オリックス(8591) 1,696.5  前日比 +73 (+4.50%)大塚家具(8186)  1,643 前日比 +238 (+16.94%)でした。どちらも売り買いはしてません。今日も平和でした。大塚家具(8186)は1000株をホールド中です。なお大塚家具(8186)は空売りが殺到したため本日の午後、新規売停止、現引停止になりました。いわゆる「売り禁」です。解除されるまで新しく空売りはできないということです。さらに「貸借取引品貸し申...

    記事を読む

  • 2015/02/26大塚家具(8186)

    昨日2月25日後場引け後、大塚家具(8186)は来季の年間配当予想を40円から80円に引きあげると発表しました。これにより大塚家具(8186)の予想配当利回りは一気に7%超に達しました。翌26日本日の株価はストップ高に張り付いたまま、300円高 (+27.15%)の1405円で引けました。これでも配当利回りはいまだ5%以上です。日経新聞:相いれぬ父娘 大塚家具、泥沼化する「お家騒動」 (日経新聞はメールアドレスを登録すると月10本まで会...

    記事を読む

  • 2015/02/25名言・格言

    相場は心配の壁をよじ登る。(Markets like to climb a "wall of worry.")私が好きなウォール街の古い諺です。「ピーターリンチの株で勝つ」で紹介されています。少子高齢化だから日本は駄目だとか、財政問題がどうだとか、株価高杉だから今に暴落するとか、ギリシャ問題が不安だとか、中東情勢がどうだとか、ロシアが、ウクライナが…といった「心配の壁」を乗り越えて、相場は上昇していきます。「心配の壁」が消滅したと思った...

    記事を読む

大塚家具(8186)とオリックス(8591)の株価はどうなったか

気になる本日の株価は、

オリックス(8591) 1,696.5  前日比 +73 (+4.50%)
大塚家具(8186)  1,643 前日比 +238 (+16.94%)

でした。
どちらも売り買いはしてません。今日も平和でした。
大塚家具(8186)は1000株をホールド中です。

なお大塚家具(8186)は空売りが殺到したため本日の午後、新規売停止、現引停止になりました。
いわゆる「売り禁」です。
解除されるまで新しく空売りはできないということです。

さらに「貸借取引品貸し申込みにおける品貸料の最高料率を10倍とする臨時措置」が実施されました。
いわゆる逆日歩の10倍適用です。
売り方は逆日歩を通常の10倍払う必要があります。相場のスリルを存分に味わうことができます。

逆日歩は日証金のサイトで確認することができます。
品貸料率 詳細情報

以下は参考資料です。
参考:品貸料について
10倍適用のケースは年に数回あるかどうかなので、詳細を忘れた時はよくここを見に行きます。

今日の記事の内容が、「なるほど、わからん」という人はくれぐれも空売りには手を出さないように忠告します。

現物取引オンリーの人も、本来は信用取引のルールを頭に叩き込んでから売買の戦略を練る必要があります。
(需給が将来の値動きに関係するため)

それでは売り方のみなさん、よい週末をお過ごしください(他人事)。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

大塚家具(8186)が配当金倍増と思惑買いでストップ高

昨日2月25日後場引け後、大塚家具(8186)は来季の年間配当予想を40円から80円に引きあげると発表しました。
これにより大塚家具(8186)の予想配当利回りは一気に7%超に達しました。

翌26日本日の株価はストップ高に張り付いたまま、300円高 (+27.15%)の1405円で引けました。
これでも配当利回りはいまだ5%以上です。

日経新聞:相いれぬ父娘 大塚家具、泥沼化する「お家騒動」
(日経新聞はメールアドレスを登録すると月10本まで会員記事を無料で読めます)

さて、この株価で新規買い(私の場合は買い増し)は可能かというのが問題です。

記事の通り大塚家具(8186)はお家騒動を抱えています。
先日の雪国まいたけ(1378)同様、創業者の扱いというのはどこでも大変です。

いまどき家具屋というのはもうからない業態なので、収益性は知れてます。
現社長は改革に着手していましたが、創業者の会長がまた前面に出てきたので泥沼になってます。
これだけゴタゴタが続くともうどうしようもないでしょう。

ただ大塚家具(8186)は200億そこそこの時価総額に対して、280億の利益剰余金を持ってます。
80円のタコ足配当でも当分は問題ありません。

できれば細く長く配当を続けて欲しかったのですが…
もしこれ以上株価が高騰するようなら、いったんサヨナラする時が来るかもしれません。

いかに鉄壁の財務を誇るとはいえ…今後はどうなるか分かりません。
過去に07年のインサイダー取引のような事件があった会社を保有するには、安値でないとリスクにつりあわないからです。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

上昇相場で不安になる人に

相場は心配の壁をよじ登る。(Markets like to climb a "wall of worry.")


私が好きなウォール街の古い諺です。

「ピーターリンチの株で勝つ」で紹介されています。

少子高齢化だから日本は駄目だとか、財政問題がどうだとか、株価高杉だから今に暴落するとか、ギリシャ問題が不安だとか、中東情勢がどうだとか、ロシアが、ウクライナが…といった「心配の壁」を乗り越えて、相場は上昇していきます。

「心配の壁」が消滅したと思ったら、それは天井のサインでしょう。
あなたが不安なうちは、相場は上昇します。
知識としては皆知っていることですが、これを実際の投資行動に生かせる人は少ないです。


ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます