月別アーカイブ:2015年04月

  • 2015/04/30トヨタ自動車「AA型種類株式」(個人向け新型株)

    小黒とらさんのサイトで紹介されたトヨタ(7203)の個人向け新型株について、興味が湧いてきました。(「小黒とらのパーソナルファイナンスと悠々自適な生き方」をリンクに追加しました。)(長文記事です。お暇な人はどうぞ。)トヨタの個人向け新型株は、お買い得←該当記事です。トヨタ自動車、中長期保有を前提とした 「AA型種類株式」の発行に向けた手続きを開始←トヨタの記者発表全文>トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)...

    記事を読む

  • 2015/04/27投資本

    個別株とくらべてインデックスファンドやETFを嫌う人の言い分としては、1 欲しくない銘柄も含まれている2 パフォーマンスが平凡(というか指数そのもの)3 信託報酬がかかるなどがあります。もちろんこれらの短所は長所と裏返しなわけですが、ではある種の日本株高配当株ファンドはどうかというと、1と2はそのままで、3のコストがまた高くなっています。ただでさえ低めの日本株の配当利回りが高めの信託報酬で削られるの...

    記事を読む

  • 2015/04/07無職

    私の現在の職業は無職ということで、公式な書類にはそう記入しています。(非公式な書類には気分によって自由業などと書くこともあります)無職という言葉にはネガティブなイメージもあり、それを気にする人は実際に無職であっても主婦(これは普通)、主夫(これを名乗る人は少ない)、家事手伝い、自営業手伝い、フリーター(実際にバイトしてなくてもフリーター)、求職活動者(実際は活動していない)などと名乗ったりします。...

    記事を読む

おいしすぎる話?「トヨタ(7203)の個人向け新型株」について考えた

小黒とらさんのサイトで紹介されたトヨタ(7203)の個人向け新型株について、興味が湧いてきました。(「小黒とらのパーソナルファイナンスと悠々自適な生き方」をリンクに追加しました。)

(長文記事です。お暇な人はどうぞ。)

トヨタの個人向け新型株は、お買い得←該当記事です。
トヨタ自動車、中長期保有を前提とした 「AA型種類株式」の発行に向けた手続きを開始←トヨタの記者発表全文

>トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、中長期の保有を前提とした、議決権のある、譲渡制限付種類株式として「AA型*種類株式」を発行する手続きを開始する。トヨタは同種類株式を今後複数回にわたって発行していくために、6月に開催が予定される定時株主総会で、関係する定款の一部変更を提案する。

要するに、議決権あり、譲渡制限ありの種類株式(普通株以外の株式)を新たに発行するということです。まだ先の話ですが、詳しい解説は小黒とらさんの解説記事をご覧ください。


特徴として、
発行価格は価格決定日の普通株式株価の120%以上。当日の株価が仮に10000円なら12000円以上ということ
発行から概ね5年経過後以降に、「普通株式への転換」および「発行価格での取得請求」が可能。つまり当日の株価が発行価格を下回っていたら、発行価格で買い取って貰うことが可能。元本確保に近いしくみ。
配当は「発行日が属する事業年度は0.5%、翌年度以降5年目まで0.5%ずつ 段階的に増加(5年目以降2.5%) 」 つまり5年間の平均配当は1.5%になる。
流動性なし。全期間譲渡制限付きかつ非上場なので、売却はできない。5年経過後はトヨタに発行価格で買い取って貰うか、普通株に転換することができる。

どうでしょうか。ちょっとややこしいですが、元本確保の仕組みがあり配当があらかじめ決まっているため、債券的な性格を持つ株式であると言えます。しかし決して債券ではなく普通株式でもありません(議決権はある)。

元本と配当が確保された上、株が値上がりしていればキャピタルゲインまで期待できる。配当利回りは、トヨタの長期社債の利率を上回る。非常にお買い得な金融商品です。まず損をすることはありません。

…がしかし、そんなおいしい話があるものでしょうか。どこかに落とし穴がないでしょうか?皆さんも考えてみて下さい。
考えた末に、疑問をコメント欄でぶつけてみた所、詳細な回答を頂きましたので紹介します。小黒とらさん、どうもありがとうございました。

(さいもん)一番大きいのは流動性がゼロと言う所でしょうね。だから社債や株とは比較できないのではないでしょうか。社債や株ならいざとなったら損失を覚悟で市場で売れますから。
もちろん債券的資産は償還まで持ちきるのが基本ですが、そうはいっても実際は長い期間の間には個人的事情で売らざるを得なくなる人が絶対に出て来ます。
だから、本当の本当に5年間は絶対に必要のない資金を投じなければならないという点で覚悟のいる投資だと思います。
それを考えると私なら5年1.5%はバーゲンプライスかというと微妙かなと。トヨタもおそらく株価が天井に近いという読みで出してきた条件だと思います。



(小黒とら)そうですね。流動性はポイントですね。トヨタの個人向け新型株は、仰るように長期の資金を費やすべきですね。逆に言うと、長期の資金じゃないとおいしさ半減です。
信用リスクと元本保全の確実性、5年以降の換金性、転換オプションが付いていることを考えると、トヨタの5年1.5%はバーゲンプライスだと思います。5年以降は毎年2.5%がほぼ確実に入ってきますので、本当においしいのは5年過ぎてからです。株なので償還はないとして、5年以降は2.5%でFixされますし、インフレになったらトヨタの普通株の値上がりも期待できるので転換オプションが効いてくるはず。どう転んでも悪くないと思います。
個人年金の運用対象として、いい商品性だと思いますよ。
もちろん、仰るように流動性は大きなポイントですし、流動性を犠牲にしていることの対価としての魅力的な商品性とも言えますね。



(さいもん)そうですね、120%の仮条件でプレミアムを払って5年間拘束されるかわりに、社債との金利差を得る商品と考えればいいでしょうか。株価が高い時期でさらに20%を載せれば5年後にキャピタルゲインを得られるかどうかは判断の難しいところですが、トヨタの配当利回りが2%を超えてるのを考えると、また普通株との比較が難しいですね。
元本保証や流動性の価値をどれだけ金利に反映するかという査定が難しい。
債券的性格を持つ株式ということで、ノックイン条項や早期償還条件のある仕組み債ともまた違うし面白い商品だと思います。



(小黒とら)面白い商品です。流動性、元本確保性、転換のオプションをどう評価するかでしょうね。信用リスクはほとんど無視していいでしょうから、安全性を重視する投資家には受けると思います。
トヨタは個人株主を増やしたいけど、普通株の元本毀損のリスクを取りたくない人が多いので、元本確保+転換オプションはそういう投資家向けのスキームなんでしょうね。(株式という体裁を取るためのスキームで議決権もありますし)



(さいもん)最後にひとつだけ、「どうころんでも悪くない」かどうかは、「インフレ下の株安」という最悪の事態がないとは言えないので断言はできないと思います。こうなると安全なのは外国資産か金ぐらいでしょうけど、そのぐらい情勢が悪くなっても逃げられない。トヨタ自体の信用リスクはほとんどないとしても、市場全体のリスクは丸被りしないといけません。
普通はここまで考える必要は無いのですが、流動性ゼロというのはそのくらい特殊な条件だと思います。長々と書いてすみません。ありがとうございました。



(小黒とら)多面的な意見、ありがとうございます。さいもんさんのようにリスクを洗い出して検討する姿勢は大事ですね。
トヨタの個人向け新型株は、ユニークなスキームなので議論は尽きないです。さいもんさんのおかげで私も理解が深まりました。ありがとうございました。



どうでしょうか。私は興味が湧いたので無事発行されたら少し申し込んでみようかと思います。
ふと思ったのは、もしトヨタ(7203)が株主優待実施企業だったら、申込みが殺到するのではないかということです。
元本確保、優待付で配当利回りが固定の種類株(議決権あり)…可能な限り転換しないでホールドしそうです。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

高配当株ファンドの上位互換?ダウの犬について

個別株とくらべてインデックスファンドやETFを嫌う人の言い分としては、

1 欲しくない銘柄も含まれている
2 パフォーマンスが平凡(というか指数そのもの)
3 信託報酬がかかる

などがあります。
もちろんこれらの短所は長所と裏返しなわけですが、ではある種の日本株高配当株ファンドはどうかというと、1と2はそのままで、3のコストがまた高くなっています。

ただでさえ低めの日本株の配当利回りが高めの信託報酬で削られるので、さらに魅力のない商品になってます。

米国でも事情はあまりかわりませんが、その米国で編み出された古典的投資戦略がダウの犬投資法です。

やり方はダウ平均採用30銘柄のうち、配当利回りの高い銘柄を上から順に10銘柄均等に買うこと。たったこれだけ。1年経ったらまた同じ基準で銘柄入れ替えです。

これで擬似的な高配当株ファンドが作れます。売買は年一回だけなので、コストは非常に低くなります。その上、統計的にはダウ平均を上回るパフォーマンスが得られることになってます。日本株でやる場合はトピックスコア30か何かで代用すれば良いでしょう。

このやり方の優れた所は、株式投資のセオリーを自然に含んでいることです。

まず銘柄をダウ採用銘柄に限るということは、銘柄の選別が最初に済んでいることを意味します。まず倒産が考えられない30銘柄です。

また配当が高いということは相対的に株価位置が低いということで、優良株ならば株価が反発する可能性が高いです。一種の逆張り投資です。

そしてコストが低い。

しかも機械的に、初心者でも誰でもできます。

どうでしょうか?

もちろん上級者が実際にやる場合はアレンジを加えるでしょうが、全くの初心者ならば自分の判断を入れずに機械的にやった方がうまくいく可能性は高いと思われます。

最小の労力でインデックスのパフォーマンスを上回るために考えだされた、非常に合理的な戦略です。

ダウの犬投資法 ──プロにも株価指数にも勝つ「単純」戦略



関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

the・無職。無職の定義とは?

私の現在の職業は無職ということで、公式な書類にはそう記入しています。(非公式な書類には気分によって自由業などと書くこともあります)

無職という言葉にはネガティブなイメージもあり、それを気にする人は実際に無職であっても主婦(これは普通)、主夫(これを名乗る人は少ない)、家事手伝い、自営業手伝い、フリーター(実際にバイトしてなくてもフリーター)、求職活動者(実際は活動していない)などと名乗ったりします。

私は特に気にしないので、無職を名乗っています。


ただ厳密に言って本当に自分は無職と言えるのか気になったので、資料をあたってみました。

日本標準職業分類(平成21年12月統計基準設定)-日本標準職業分類一般原則

>3) 職業
職業分類において職業とは、個人が行う仕事で、報酬を伴うか又は報酬を目的とするものをいう。

報酬というものがキーワードのようです。では、報酬とは、


>2) 報酬
職業分類において報酬とは、賃金、給料、利潤(個人業主)、その他名目のいかんを問わず、労働への対価として給されたものをいう。なお、賃金・給料等には、現物(自家生産物を除く。)を含む。
 したがって、次のような収入は、報酬に当たらない。

 ア 利子、株式配当、家賃、間代、小作料、権利金等の財産収入(ただし、アパート経営、貸金等により労働の対価として得ている場合を除く。)

 イ 恩給法、生活保護法、厚生年金法、国民年金法、雇用保険法等の社会保障制度に基づく収入又はその他の年金収入

 ウ 小遣い、仕送り金等の贈与

 エ 競馬、競輪、競艇、パチンコ等の配当又は景品

 オ 預貯金引出、保険金受取、借入、不動産等の売却による収入

 カ 自己所有の株券等の売買差益による収入

 キ 学生・生徒が受ける奨学金等の学資金

 ク 職業訓練施設において、職業訓練生が受ける訓練手当・褒賞金



うん、やはり私の職業は無職で間違いなさそうです。
総務省の資料だから役所的には間違いない。

これからも胸を張って無職を名乗りたいと思います。
関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます