関連コンテンツ

独特の雰囲気を持つ、ありがとうサービス(3177)の株主通信

100銘柄以上も株を持っていると、毎日のように株式関係書類が届きます。

そのほとんどは数字を斜め読みして、ゴミ箱にポイですが3177の株主通信は毎回つい読んでしまいます。何か心にひっかかるものがあるんですよね。全体としては凄く地味なんですけど。

たぶん株をやってない人はまず知らない、株をやっている人でもほとんどの人が気にもかけてない、ありがとうサービス(3177)ですが株価は堅調です。

ありがとうS

上場から3年足らずですが、株価は地味に2倍になってます。売上高も利益もコツコツと積み上げ、地味に連続増配を続けています。

時価総額はいまだ30億足らずの極小の小型株で、本社が愛媛県の今治、業態がブックオフ、ハードオフ、モスバーガーなどのフランチャイズ経営事業(そんなの誰でもできるだろう、わざわざ上場する程のことかって思いません?)という超地味なもの。

しかし業績は順調で株価はご覧の通りです。おかげで持ち株も、


ありがとう株価


この状態です。ありがとう、ありがとうサービス(3177)!

この知られざる謎企業のありがとうサービス、調べていくと非常にユニークです。ほとんどの人は面白いとは感じないでしょうが、こんな株誰も買わないだろう、という要素が詰まった株ほど知らないうちに上がっていたりするから株は面白いんです。

たぶん続きます。

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

365連休を達成しました

やりました!

鉄の意志をもって一年間の完全無職を貫き通しました。

この間、ビタ1日も働いておりません。
人間、うっかりすると働いてしまいますからね。

過去の記事:無職を貫くのも鉄の意志が必要です


これからはどうするかなあ。

清新作品集 12連休 (ビームコミックス)


関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

「1961年生まれ世代の男性の生涯賃金推定」が興味深い

1961年生まれ世代の男性の生涯賃金推定(データえっせい)

本当に興味があるのは私自身が所属する「就職氷河期世代」の生涯推定賃金なんですが、これはまだまだデータが出そろっていないので推定のしようがありませんね。

よくサラリーマンの生涯賃金が2億とか3億とか言われますが、バブル発生以前に就職したこの世代で中卒小企業で1億5千万強大卒大企業で2億9千万弱というのがだいたいの所のようです。

学歴と就職する企業の規模で生涯賃金には大きく差がつくわけですが、学歴より企業規模の方が影響が大きいのは日本らしいハナシです。

このデータで興味深いのは、大卒者が中卒や高卒を逆転するのは37歳時点ということです。ということは、早期リタイアが前提なら学歴はあんまり関係が無い?逆に言うと高学歴大企業で早期リタイアする人は大ばか者という事になります。まあそんな事はわかっていた事ではありますが、37歳という数字がリアルですね。

問題は「就職氷河期世代」「ゆとり世代」「さとり世代」の推定値なんですけど、バブル崩壊後のデフレ時代の話なので世代を追うごとに数値は悪化しそうです。

私は本来は早期リタイアというものは社会的にも金銭的にも恵まれた人がするものだと思いますが、これを見ると低学歴で小企業に勤めるあまり恵まれていない人ほど早期リタイアを目指した方がいいような気がします。後の世代になるほど8掛け、7掛けぐらいの数値になってきますし。

実際セミリタイアブログを巡回してるとそういう人が多い印象を受けます。
関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ