関連コンテンツ

独特の雰囲気を持つ、ありがとうサービス(3177)の株主通信

100銘柄以上も株を持っていると、毎日のように株式関係書類が届きます。

そのほとんどは数字を斜め読みして、ゴミ箱にポイですが3177の株主通信は毎回つい読んでしまいます。何か心にひっかかるものがあるんですよね。全体としては凄く地味なんですけど。

たぶん株をやってない人はまず知らない、株をやっている人でもほとんどの人が気にもかけてない、ありがとうサービス(3177)ですが株価は堅調です。

ありがとうS

上場から3年足らずですが、株価は地味に2倍になってます。売上高も利益もコツコツと積み上げ、地味に連続増配を続けています。

時価総額はいまだ30億足らずの極小の小型株で、本社が愛媛県の今治、業態がブックオフ、ハードオフ、モスバーガーなどのフランチャイズ経営事業(そんなの誰でもできるだろう、わざわざ上場する程のことかって思いません?)という超地味なもの。

しかし業績は順調で株価はご覧の通りです。おかげで持ち株も、


ありがとう株価


この状態です。ありがとう、ありがとうサービス(3177)!

この知られざる謎企業のありがとうサービス、調べていくと非常にユニークです。ほとんどの人は面白いとは感じないでしょうが、こんな株誰も買わないだろう、という要素が詰まった株ほど知らないうちに上がっていたりするから株は面白いんです。

たぶん続きます。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

お金を掛けずに旅行はできます(ヒマと体力があれば)

小豆島行きで掛かった費用の集計です。

 
金額 備考
交通費 ¥2,620 フェリー代
宿泊費 ¥3,300 キャンプ場
飲食費 ¥6,536
おみやげ ¥2,508
入館料 ¥210 マルキン
温泉代 ¥2,800 4回分
その他 ¥750 ロープウェイ代
合計 ¥18,724


4泊5日だから下手したら自宅にいるよりお金使わなかったかもしれません。

自転車とテントなどの装備一式がすでにあること、米や酒などは持参するなどの条件がありますが自分でもこの低消費はびっくりです。

こうして見ると旅行代金って交通費と宿泊費、割高な飲食費が大きいのでそれらが無ければ気軽にいつでも行けるんですよね。

まあ体力的にはそれなりに厳しくトレーニングだと思ってやっているので、誰にでも奨められるものではありませんがこういう旅もあるよということです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

小豆島編の残り、ダイジェスト風

カレー_convert_20151031065903


小豆島のある日の食事風景です。マッサマンカレー(レトルト)、サラダ(食べきりのパック)、わかめスープ、梅昆布茶。調理としてはご飯炊いてお湯を沸かしただけですね。今回はまな板とか必要無かったです。1食あたり200円ぐらいかな?


サンオリーブ温泉_convert_20151031065916


道の駅に併設されているこの温泉もおすすめです。露天風呂の眺望もいいんですけど、脱衣所にオリーブオイルが置いてあるのがうれしい。顔や体にぬってテカテカになるのも良し、自転車乗り的には脚のマッサージオイルとしても使えます。小豆島は激坂が多いので脚のケアは大事です。


オリーブソフト_convert_20151031065822


これも道の駅のオリーブソフト。味はまあ及第点。


千枚田+(5)_convert_20151031070305


有名な中山の千枚田。ここまで登って写真を取るのが大変でした。


小豆島街路_convert_20151031070014


小豆島の快走路。小豆島は島が大きいのとアップダウンが多めということで、レンタサイクルのママチャリや小径車でまわるのはきつい印象。瀬戸内海の最高峰である星ヶ城山があるし、ロードバイクやクロスバイクで走るぶんには最高のコースだと思います。



おりんぴあどりーむ+(2)_convert_20151031065846


さらば小豆島。小豆島編はこれで終わりです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村