関連コンテンツ

高配当株を買うタイミング(年単位の買い場)について

高配当株を買うタイミングはなかなか難しいものがあります。

今回は年単位の買い場について。10年に1回か2回レベルの買い場について考えます。

日経平均と配当利回り平均の推移と比較_convert_20151130082013

日経平均プロフィル(ヒストリカルデータ)←データはここから引いています。表は自作のものです。期間は2004年10月から2015年11月まで。オレンジのグラフが日経平均株価、ブルーのグラフが単純平均の日経配当利回りです。左が配当利回り、右が日経平均の数字です。

ちょっと眺めてみるだけでも面白いと思いますが…

配当金利回りの平均は、1%弱から2.5%強ぐらいの間を行き来していますね。
高配当株というからには、少なくとも平均利回りが2%を超えたあたりで仕込みたいです。この10年でそういう期間は2回ありました。

2008年11月から2009年4月までの6か月間と、2011年9月から2012年12月までの16か月間です。このどちらで仕込んだかで、結果は天国と地獄ほど違ってきます。

前者の期間は、「見せかけの高配当」期間です。リーマンショック後の株価急落で配当利回りは急上昇しますが、景気後退が誰の目にも明らかになった半年後には企業業績の悪化による減配ラッシュがやってきます。こうなるともう地獄です。株価急落→配当利回り上昇→配当金狙いの買いによる株価上昇→減配発表→株価急落というスパイラルで損失が拡大します。

後者の期間は、「真の高配当」期間です。期間の長短は後になって初めて分かるものですが、景気後退入りによる減配ラッシュがなんとか収まり、株価が長い底練りを始める期間です。復配や増配を行う企業が少しずつあらわれ始め、しかし株価の反応がまだ鈍いこの期間が10年に1回あるかないかの年単位での買い場です。

現在が地獄フェイズか天国フェイズか、それ以外かの判断は難しいですが、すくなくとも配当利回りだけを見て高配当株を買うのがいかに危険な行為かは分かると思います。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

kindleで青空文庫の文学作品を読む。全集を買うかは悩む。

著作権の切れた昔の文学作品は、青空文庫化されていればkindleなどの電子書籍リーダーで無料で読むことができます。

例えば、吉川英治の三国志だと、

三国志 01 序



このように一冊ごとダウンロードすれば無料で読めます。

ただ例えば三国志だと、全8巻で8回ダウンロードしなければいけないんですよね。それにライブラリが散らかるのが残念です。パソコンみたいにファイルをフォルダ分けしてツリー構造にできないのかな?まだkindleを使いこなせていません。

有料ですが全集を買うという手もあります。値段も100円から200円ぐらいなので、気軽に買えます。

『吉川英治全集・111作品⇒1冊』



こちらは100作品とかまとまって入っていて便利な気もしますが、目次から目的の作品に辿りつくのがちょっと大変です。それによく見ると全巻収録されていない作品もあるようです。三国志とか宮本武蔵とか、有名作品だけをまとめた物も売っているのでそちらの方がいいかもしれません。リーズナブルさは圧倒的ですけどね。全部読んだら300時間ぐらいかかりそう…

どちらにせよいくら本を入手しても物理的なスペースや引っ越しの事を考えないでいいので、私はすっかり電子書籍派になってます。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ドコモがスマホ放送「NOTTV」終了へ、赤字続きで継続困難…ドコモの平常運転です

ドコモがスマホ放送「NOTTV」終了へ、赤字続きで継続困難

>[東京 27日 ロイター] - NTTドコモ(9437.T)は27日、スマートフォン(スマホ)向け放送サービス「NOTTV(ノッティーヴィー)」を2016年6月30日で終了すると発表した。動画サービスの競争が激しくなる中で、会員数が思ったほど伸びず、事業継続が困難と判断した。

>ドコモは2015年3月期決算で、同事業に関連して302億円の減損損失を計上していた。今期業績に与える影響については「限定的と想定しており、年間見通しは変えない」(広報担当者)という。

240億ほどペロッと増資してこの有様。採算の取れそうにない事業に出資して、損失を出してさっさと撤退するのはNTTドコモ(9437)のお家芸です。株主としてあきれます。慣れてるから保有は続けますけどね。一応放送サービスは通信事業だから関連性があるだけマシで、過去には有機野菜販売業者を買収したりしてます…規模が小さいから影響はほとんどありませんけど。

NTTドコモ(9437)はインフラ企業なんだから余計な事をしないでいいんですけど、どうも経営者というのはお金があると何かせずにいられないんでしょうね。お金のあるところから無い所へのプレゼントみたいなものですね。2週遅れみたいなスピード感ゼロの経営は相変わらずです。これでも配当金生活の主力銘柄で、配当をもらえる疑似債券みたいな銘柄だと思ってます。

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村