月別アーカイブ:2016年01月

  • 2016/01/25時事・相場

    農林中央金庫(ウィキ)農林中央金庫とは「農林中金いらない」小泉進次郎の「農林中金不要論」の真意>「農林中金の貸し出し残高のうち農業に回っているのは0.1%。だとしたら要らない」>小泉進次郎・自民党農林部会長が1月13日、茨城県内の農業関連の施設を視察した際に放ったこの一言が、波紋を呼んでいる。この指摘は、父親譲りとも言うべきか、単純明快に今の日本の農業の課題を言い当てていると感じる農業関係者と金融関係者...

    記事を読む

  • 2016/01/24シンプルライフ

    朝6時でテント内室温が10.5℃、テント外室温が6.9℃。テント内湿度は65%。家中の暖房は切ってあります。屋外の外気温はマイナス3℃、湿度は72%でした。この冬一番の冷え込み。冬の快眠の為には一般的に室温は18℃以上は必要なようです。一方、羽毛布団などを使用すれば人間は3℃ぐらいでも眠ることができるらしいです。室温は目安に過ぎないのでしょうか。今日は快眠できました。室温を上げるために暖房を使用すれば湿度が下がるの...

    記事を読む

  • 2016/01/22シンプルライフ

    室内に設置したテントで就寝する生活をしています。やはり難しいのはテント内の温度調整です。テント内の熱源は自分の体温のみですが、それだけで外気温…テント外の室温(ややこしい)より2~3度くらいは温まるようです。体感ではもっと暖かいように感じます。この温度を上げるにはテント内の毛布などの量を増やし、テントのベンチレーション(風通し)を絞ればいいのですが、やりすぎるとどんどん湿度も上がってしまい最後には...

    記事を読む

ウォール街で最も有名な日本のヘッジファンドは農協(農林中金)。一方で小泉進次郎議員の「農林中金不要論」が話題。

農林中央金庫(ウィキ)

農林中央金庫とは


「農林中金いらない」小泉進次郎の「農林中金不要論」の真意

>「農林中金の貸し出し残高のうち農業に回っているのは0.1%。だとしたら要らない」
>小泉進次郎・自民党農林部会長が1月13日、茨城県内の農業関連の施設を視察した際に放ったこの一言が、波紋を呼んでいる。この指摘は、父親譲りとも言うべきか、単純明快に今の日本の農業の課題を言い当てていると感じる

農業関係者と金融関係者以外はほとんど一般国民の関心が無いと思われる巨大金融機関が農林中央金庫です。日本最大のヘッジファンドとして投資家にもおなじみでしょう。これぐらい関係者と一般人で認識の違う機関も珍しいと思います。

で、農林中金はJAバンクが集める80兆(!)の預金を運用してします。この運用資金を農業に融資するのが本来の仕事ですが、実際に農業に回っているのはこのうちのわずか0.1%、だから農林中金はいらない、というのが進次郎議員の主張です。まあもっともな話です。

やる気のある農家は農協を当てにせず地元の銀行や信金から融資を受けているそうです。JAは共済とローンだけやってろと。

農林中金はバブル崩壊後の住専問題や2008年のサブプライム問題で大穴を空けたことがあり、いずれも政府によって救済されています。昨年から続いているチャイナショックも心配ですが、本業の農業融資を疎かにしてウォール街での派手なディーリングばっかりやっている農林中金の体質が変わっていないとしたら、確かにいらない組織ですね。

JAバンクの貯金は郵貯やメガバンクの預貯金より利率がいいので一部で有名です。たとえばこんなのです→相互リンク先の1億円を貯めてみよう!さんのページ:高利の定期貯金!JA草津市 常盤支店新築オープン記念 特別貯金取扱中(3月31日まで)

利用するには組合員になる必要がありますが、農業関係者以外も出資して准組合員になることで利用できます。

こうやって集まった預金がどうやって運用されているのかは、確かに国民はもっと関心を持った方がいいですね。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

室内テント生活で暖房費ゼロの試み

室温_convert_20160124061355

朝6時でテント内室温が10.5℃、テント外室温が6.9℃。テント内湿度は65%。家中の暖房は切ってあります。屋外の外気温はマイナス3℃、湿度は72%でした。この冬一番の冷え込み。

冬の快眠の為には一般的に室温は18℃以上は必要なようです。一方、羽毛布団などを使用すれば人間は3℃ぐらいでも眠ることができるらしいです。室温は目安に過ぎないのでしょうか。

今日は快眠できました。

室温を上げるために暖房を使用すれば湿度が下がるので、今度は加湿器を使用する必要があります。湿度は50%を切ると喉や肌によくない…肌に最適な湿度は60から65%、しかし湿度を上げ過ぎるとカビやダニ、結露の心配が。

断熱性能の低い住居は暖房コストがかかる上に温度と湿度を最適に保つのが難しいです。

室内キャンプ生活によって暖房費ゼロで快眠する試みですが、その日の夜の気温を読んで寝具の選択(毛布を増やすとか)やテントのベンチレーション(通気孔)の調整である程度テント内の気温、湿度はコントロールできるようです。今日はちょっと換気しすぎた感じです。なかなか奥が深いです。

この冬一番の冷え込みでもこの程度なら就寝時は暖房なしでいけそうです。明日の夜が勝負ですね。

関連記事:室内テント生活のその後

タスミ保温テント 1-2人用 床無し (ピンク)



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ

室内テント生活

室内に設置したテントで就寝する生活をしています。

やはり難しいのはテント内の温度調整です。テント内の熱源は自分の体温のみですが、それだけで外気温…テント外の室温(ややこしい)より2~3度くらいは温まるようです。体感ではもっと暖かいように感じます。

この温度を上げるにはテント内の毛布などの量を増やし、テントのベンチレーション(風通し)を絞ればいいのですが、やりすぎるとどんどん湿度も上がってしまい最後には結露します。これでは本末転倒です。

温度と湿度のバランスを最適に保つためにやはり温湿度計が必要、ということで購入しました。

電池式デジタル室内室外温度計室内湿度計 デジタル時計HTC-2




これと同じものですが、安いところで1480円で購入しました。できればログが取れるものが欲しいのですが、それだと完全にプロ用機材で値段がハネ上がってしまいます。


IMG_1249_convert_20160122120825.jpg


これをテントの天井から吊るします。これでテント内の温度と湿度がモニターできます。


IMG_1243_convert_20160122120848.jpg


外部センサーはベンチレーションの孔を通してテントの上部にテープで貼りつけます。これで外気温…テント外室温が測れます。


就寝時の最適な気温と湿度はここを参考にしました。

冬場の室温18℃~22℃、湿度45%~60%ぐらいがターゲットです。気温の最も下がる深夜から明け方にかけては、暖房なしではこの温度は下回るでしょうが、参考までに。

極端に室温、湿度が低下するとインフルエンザウイルスが活動したりします。風邪もひきやすくなるし喉も痛めるし肌にも悪いです。

一方で室温、湿度が上がり過ぎると寝苦しく、カビ、ダニの発生の元になります。

結局、テント内を清潔に保ち、ベンチレーションのこまめな調整でテント内の温度、湿度を管理するというキャンプの基本みたいな話になってきます。

真冬にテント内でお布団で寝るのは極楽なのですが、毎日の布団の上げ下げ、テント内の換気、天気の良い日は布団干しが必須になってきます。あとお布団の下には銀マットを敷かないとフローリングの床との温度差で湿ってきますね。

手抜きしようと思えば結局キャンピングマットを敷いて寝袋で寝る…という室内キャンプになるようです。物好きなハナシですが、暖房費がゼロになるのでヒマ人の趣味のひとつだと思えばやる価値はあるかもしれません。温暖な地方では、本当に気温と湿度が下がる真冬の一時期だけのことですし。

関連記事:室内テント生活で暖房費ゼロの試み

タスミ保温テント 1-2人用 床無し (ピンク)


関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます