月別アーカイブ:2016年01月

  • 2016/01/30自転車・旅行

    ちょっとヤボ用で大阪に1泊2日で行ってきました。旅行では無く用事ができたからで本当に行って帰ってきただけです。高速バスの強行軍だったので疲れましたよ。「ビジネスホテル来山北館」はドヤ街のヒルトン。(GMOファンの株主優待ブログ)滞在費を浮かすためにドヤ街のビジネスホテルに泊まりました。一泊2,600円。ビジネスホテルと称してますが、昔のドヤ街の簡易宿泊所としての性格、大都市のど真ん中にあるので、外国人...

    記事を読む

  • 2016/01/25時事・相場

    農林中央金庫(ウィキ)農林中央金庫とは「農林中金いらない」小泉進次郎の「農林中金不要論」の真意>「農林中金の貸し出し残高のうち農業に回っているのは0.1%。だとしたら要らない」>小泉進次郎・自民党農林部会長が1月13日、茨城県内の農業関連の施設を視察した際に放ったこの一言が、波紋を呼んでいる。この指摘は、父親譲りとも言うべきか、単純明快に今の日本の農業の課題を言い当てていると感じる農業関係者と金融関係者...

    記事を読む

  • 2016/01/24シンプルライフ

    朝6時でテント内室温が10.5℃、テント外室温が6.9℃。テント内湿度は65%。家中の暖房は切ってあります。屋外の外気温はマイナス3℃、湿度は72%でした。この冬一番の冷え込み。冬の快眠の為には一般的に室温は18℃以上は必要なようです。一方、羽毛布団などを使用すれば人間は3℃ぐらいでも眠ることができるらしいです。室温は目安に過ぎないのでしょうか。今日は快眠できました。室温を上げるために暖房を使用すれば湿度が下がるの...

    記事を読む

「ドヤ街のヒルトン」に泊まってきました。

ちょっとヤボ用で大阪に1泊2日で行ってきました。旅行では無く用事ができたからで本当に行って帰ってきただけです。高速バスの強行軍だったので疲れましたよ。


IMG_1274_convert_20160225065939.jpg


「ビジネスホテル来山北館」はドヤ街のヒルトン。(GMOファンの株主優待ブログ)


滞在費を浮かすためにドヤ街のビジネスホテルに泊まりました。一泊2,600円。ビジネスホテルと称してますが、昔のドヤ街の簡易宿泊所としての性格、大都市のど真ん中にあるので、外国人旅行者、バックパッカー、受験生、就職活動者相手の安宿の性格があるんでしょうね。少なくともここ以外でこのようなビジネスホテルに泊まった事はありません。客層も老人、若者、女性、外国人とバラエティに富んでいました。


1456196892981.jpg


レンタサイクルは宿泊者は無料で借りられるそうです。


IMG_1278_convert_20160225065954.jpg


清潔なシーツ、バスタオル、タオル、浴衣が揃っています。これなら文句はないでしょう。ドアを開けるとこの状態の真のワンルーム。壁も薄いですが安宿なので全然文句はありません。

洋室と和室がありますが狭い部屋なので、ベッドにフローリングの洋室では無く畳敷きの和室の方がスペースを広く使えるかもしれません。しかしベッドで寝た方が疲れは取れそうです。


IMG_1279_convert_20160225070010.jpg


備品はエアコン、液晶テレビ、小型冷蔵庫、机と椅子、あと使い捨てのスリッパとボックスティッシュがありました。これも文句なし。


IMG_20160224_062140_convert_20160225070622.jpg


1階に調理スペースがあります。近くにスーパー玉出があるので、食パンを買ってきてトーストにして朝食にしました。無料のコーヒーサービスがあります。

マンスリー契約で住んでそうな人もいました。

サウナ付の風呂(サウナの温度が低かった)もあるし、簡単な調理もできるので貧乏観光拠点として長期の滞在も可能ですね。

無料Wi-Fiも使えますが、夜は速度が出ない時がありました。多分相当多人数が繋いでいるのではないかと思います。

ちなみに平日にも関わらず満室で、予約を入れておいて良かったと思いました。


1456196560640.jpg


ドヤ街初心者なので、こういう所はまた今度来ることがあれば…なかなか勇気が要りそうですが。”一泊1250円、「カラー」テレビ付き”の掲示がいい味出してますね。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

ウォール街で最も有名な日本のヘッジファンドは農協(農林中金)。一方で小泉進次郎議員の「農林中金不要論」が話題。

農林中央金庫(ウィキ)

農林中央金庫とは


「農林中金いらない」小泉進次郎の「農林中金不要論」の真意

>「農林中金の貸し出し残高のうち農業に回っているのは0.1%。だとしたら要らない」
>小泉進次郎・自民党農林部会長が1月13日、茨城県内の農業関連の施設を視察した際に放ったこの一言が、波紋を呼んでいる。この指摘は、父親譲りとも言うべきか、単純明快に今の日本の農業の課題を言い当てていると感じる

農業関係者と金融関係者以外はほとんど一般国民の関心が無いと思われる巨大金融機関が農林中央金庫です。日本最大のヘッジファンドとして投資家にもおなじみでしょう。これぐらい関係者と一般人で認識の違う機関も珍しいと思います。

で、農林中金はJAバンクが集める80兆(!)の預金を運用してします。この運用資金を農業に融資するのが本来の仕事ですが、実際に農業に回っているのはこのうちのわずか0.1%、だから農林中金はいらない、というのが進次郎議員の主張です。まあもっともな話です。

やる気のある農家は農協を当てにせず地元の銀行や信金から融資を受けているそうです。JAは共済とローンだけやってろと。

農林中金はバブル崩壊後の住専問題や2008年のサブプライム問題で大穴を空けたことがあり、いずれも政府によって救済されています。昨年から続いているチャイナショックも心配ですが、本業の農業融資を疎かにしてウォール街での派手なディーリングばっかりやっている農林中金の体質が変わっていないとしたら、確かにいらない組織ですね。

JAバンクの貯金は郵貯やメガバンクの預貯金より利率がいいので一部で有名です。たとえばこんなのです→相互リンク先の1億円を貯めてみよう!さんのページ:高利の定期貯金!JA草津市 常盤支店新築オープン記念 特別貯金取扱中(3月31日まで)

利用するには組合員になる必要がありますが、農業関係者以外も出資して准組合員になることで利用できます。

こうやって集まった預金がどうやって運用されているのかは、確かに国民はもっと関心を持った方がいいですね。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

室内テント生活で暖房費ゼロの試み

室温_convert_20160124061355

朝6時でテント内室温が10.5℃、テント外室温が6.9℃。テント内湿度は65%。家中の暖房は切ってあります。屋外の外気温はマイナス3℃、湿度は72%でした。この冬一番の冷え込み。

冬の快眠の為には一般的に室温は18℃以上は必要なようです。一方、羽毛布団などを使用すれば人間は3℃ぐらいでも眠ることができるらしいです。室温は目安に過ぎないのでしょうか。

今日は快眠できました。

室温を上げるために暖房を使用すれば湿度が下がるので、今度は加湿器を使用する必要があります。湿度は50%を切ると喉や肌によくない…肌に最適な湿度は60から65%、しかし湿度を上げ過ぎるとカビやダニ、結露の心配が。

断熱性能の低い住居は暖房コストがかかる上に温度と湿度を最適に保つのが難しいです。

室内キャンプ生活によって暖房費ゼロで快眠する試みですが、その日の夜の気温を読んで寝具の選択(毛布を増やすとか)やテントのベンチレーション(通気孔)の調整である程度テント内の気温、湿度はコントロールできるようです。今日はちょっと換気しすぎた感じです。なかなか奥が深いです。

この冬一番の冷え込みでもこの程度なら就寝時は暖房なしでいけそうです。明日の夜が勝負ですね。

関連記事:室内テント生活のその後

タスミ保温テント 1-2人用 床無し (ピンク)



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます