関連コンテンツ

追加緩和ってなんでいつも5対4で決まるの?という調査

金融政策決定会合でマイナス金利政策が5対4で決定されました。

追加緩和を決める重要な会合ではいつも5対4で決まる…ような気がすると思って調べてみたら、去年12月の「補完措置」決定の時は6対3、一昨年の第2次黒田砲の時も5対4でした。

なんでいつも票が割れるのか、気になったので反対票を投じた委員を確認してみました。

イイン


9人の委員の内、黒田総裁と2人の副総裁は当然賛成、原田氏も安倍内閣が任命した筋金入りのリフレ派なので、賛成票は最低4票は確定しています。過半数にはあと1票。

残り5人の内、布野氏は安倍内閣が任命した人物なので賛成派かと思いましたが、布野氏はトヨタ出身で中立的な立場でバランスを取っているようです。今回は賛成。

白井氏は結構ブレているような印象です。民主党時代に任命された委員だからでしょうか。今回は反対。

後の3人は常に反対です。

布野氏がバランスを取るとすると、重要な追加緩和の時は常に賛成5反対4で決まるような気がします。

ちなみに現状維持の時はいつも木内委員だけが反対して、8対1で決まっていました。

注目なのは今年の3月と6月にそれぞれ菅内閣時代に任命された委員が任期満了を迎えることで、次の委員は追加緩和に好意的な人物が任命されるはずです。

そうすると次の追加緩和があるとすると、安倍内閣時代に任命された委員が7名になるので、最大で賛成7の反対2で決まるはずです。割れてもやはり賛成5反対4までですね。

別にこんな事は株式投資をする上では必須の調査では無いと思いますが、気になった事はその都度解決しておいた方が余計な心配をせずに済み、重要な局面で投資判断を誤る可能性を減らせると思います。

マイナス金利―ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末路



関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

2016年1月の家計簿。ここから改善していきます。

過去の記事:生活費の見直しにあたってやること

早期リタイア2年目の今年からは生活費の見直しをやっていきます。

1.png

上記の表は全自動家計簿のマネーフォワードからそのまま書き写したものです。

とりあえず2016年1月の家計簿。ここから改善していきます。

説明を要する項目は特にないですかね…
あ、ブログ経費はFC2の独自ドメイン代と有料プランの代金で、1年分の前払いです。来月からはゼロですね。

パッと見で削れそうな所は…やはり食費ですね。食べたい物は食べていきますが、無駄に食費を掛けなくても美味しいものは食べられるはず。あとコンビニでの買い物が全て食費として記録されてますね。雑誌とかゴミ袋とか酒とかも全部。

一般的な家計と違う所は、携帯電話代、通勤通学の交通費が無い事ぐらいかな。車やバイクも持ってません。あと散髪は自分でやっているので散髪代が無いですね。

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

バルチック海運指数の歴史的低下の意味するもの

バルチック海運指数チャート(ブルームバーグ)

バルチック海運指数とは

バルチック海運指数(Wikipedia)

国際的な海上運賃の指標であるバルチック海運指数が歴史的レベルに下がっています。

バルチック海運指数の史上最高値はリーマンショック前の2008年5月20日の11793、現在は350を切っています。

バルチック海運指数をどうやって株式投資に生かすかは難しい話です。

海運株とはある程度連動性があります。それ以外はどうでしょう。

この指数が異常に低下しているということは、とりあえず世界の景気は悪いんでしょう。問題はこれからの株価。

この指数は株価に先行する先行指標と言われていました。上の用語説明にもそのような事が書いてあります。しかし2007年のサブプライムショックで株価が天井をつけた後、その後のリーマンショックの直前までバルチック海運指数が上昇を続けた事例があるためこの指数に先行性はなく、むしろ遅行指標であると言われるようになりました。

要するに、訳がわからんのです。

ただこの指数は未来予想的な株価先物指数と違って、海運会社やブローカーなどから運賃を聞き取って結果を取りまとめて算出するものです。ある程度リアルな生きた数字と言えます。この数字と株価の関連性がよくわからなくなったのは、サブプライム~リーマンショック時の金融の需給が異常だったのと、その後の世界的な金融緩和で実体経済と株価の関係が歪められたからでしょう。

現実に中国の原料需要の減少と作り過ぎた船舶がダブつく事によって海上運賃が歴史的レベルに下がっているのは確かなんですよね。これからどうなっていくんでしょうね。

関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ