関連コンテンツ

追加緩和ってなんでいつも5対4で決まるの?という調査

金融政策決定会合でマイナス金利政策が5対4で決定されました。

追加緩和を決める重要な会合ではいつも5対4で決まる…ような気がすると思って調べてみたら、去年12月の「補完措置」決定の時は6対3、一昨年の第2次黒田砲の時も5対4でした。

なんでいつも票が割れるのか、気になったので反対票を投じた委員を確認してみました。

イイン


9人の委員の内、黒田総裁と2人の副総裁は当然賛成、原田氏も安倍内閣が任命した筋金入りのリフレ派なので、賛成票は最低4票は確定しています。過半数にはあと1票。

残り5人の内、布野氏は安倍内閣が任命した人物なので賛成派かと思いましたが、布野氏はトヨタ出身で中立的な立場でバランスを取っているようです。今回は賛成。

白井氏は結構ブレているような印象です。民主党時代に任命された委員だからでしょうか。今回は反対。

後の3人は常に反対です。

布野氏がバランスを取るとすると、重要な追加緩和の時は常に賛成5反対4で決まるような気がします。

ちなみに現状維持の時はいつも木内委員だけが反対して、8対1で決まっていました。

注目なのは今年の3月と6月にそれぞれ菅内閣時代に任命された委員が任期満了を迎えることで、次の委員は追加緩和に好意的な人物が任命されるはずです。

そうすると次の追加緩和があるとすると、安倍内閣時代に任命された委員が7名になるので、最大で賛成7の反対2で決まるはずです。割れてもやはり賛成5反対4までですね。

別にこんな事は株式投資をする上では必須の調査では無いと思いますが、気になった事はその都度解決しておいた方が余計な心配をせずに済み、重要な局面で投資判断を誤る可能性を減らせると思います。

マイナス金利―ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末路




スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

2016年1月の家計簿。ここから改善していきます。

過去の記事:生活費の見直しにあたってやること

早期リタイア2年目の今年からは生活費の見直しをやっていきます。

1.png

上記の表は全自動家計簿のマネーフォワードからそのまま書き写したものです。

とりあえず2016年1月の家計簿。ここから改善していきます。

説明を要する項目は特にないですかね…
あ、ブログ経費はFC2の独自ドメイン代と有料プランの代金で、1年分の前払いです。来月からはゼロですね。

パッと見で削れそうな所は…やはり食費ですね。食べたい物は食べていきますが、無駄に食費を掛けなくても美味しいものは食べられるはず。あとコンビニでの買い物が全て食費として記録されてますね。雑誌とかゴミ袋とか酒とかも全部。

一般的な家計と違う所は、携帯電話代、通勤通学の交通費が無い事ぐらいかな。車やバイクも持ってません。あと散髪は自分でやっているので散髪代が無いですね。


スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

マイナス金利は庶民には関係ない…そんな風に考えていた時期が俺にもありました

住宅ローン金利が下がる(現状でも低いのであまり下げ余地は無いですが)とかは大きな影響ですね。とにかくあらゆる金利に下げ圧力がかかる。

現状では銀行は普通預金の金利をマイナスにすることは当然しません。ただし、全ての銀行が口座維持手数料を取る時代が来ないとも言い切れません。今でも口座維持手数料を取っているネット銀行とかありますし…そうなると実質的なマイナス金利になります。

すでに超低金利時代でMMFの運用維持が難しくなってきていましたが、マイナス金利時代になると当然維持できなくなるでしょう。

2013年に作家の橘玲が「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」の中で「普通預金は最強の金融商品」と言っていましたが、著者が予想しなかった形で結果的に予想が実現する形になりました。

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル




この本の中で長期国債の空売りの話が出てきます。国債価格は額面が100円で、期間10年、年利率6パーセントという設定です。周知のとおり現在は異次元の超低金利時代でしたから、国債価格はジリジリと150円に近づいていました。

理論的には国債価格は160円で金利はゼロパーセントになり、マイナスになることはあり得ないので150円近くで国債の売りポジションを取る事は必勝のトレードと言われていました。この本にも、きわめて割りのいいギャンブル「フリーランチ」という表現が出てきます。

しかし現実にマイナス金利は導入され、1月30日現在の長期国債先物は史上最高値の150.590円です…常識は時代によって変わるという事ですね。

確かに長期国債がマイナスになるかもしれない世界で、金利を取られないだけでも普通預金が最強ですね。

もちろん、リスクを取って株や土地に投資する(投資せざるを得ない)人は大きなリターンを得る可能性もありますし、判断を間違えれば大きな損失を被る事もあるでしょう。

しかしこの時代、金融知識も無く預金しか選択肢の無い人はこれからどうするんでしょうね。インフレ誘導が成功すれば財産が目減りし、失敗してもマイナス金利下のデフレ不況で苦しむだけです。いや大失敗したらついにハイパーインフレになるのか。

せめてお決まりの投資詐欺にだけは騙されないようにして欲しいですね。

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました(ニコニコ大百科)

マイナス金利―ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末路




スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村