2016年02月の記事一覧

高配当株に投資して配当金のみで生活しているブログ。仕事を辞めてセミリタイア(早期リタイア)生活中です。

月別アーカイブ:2016年02月

  • 2016/02/29セミリタイア(早期リタイア)

    いつも近所の公園を散歩しているのですが、定期的にゲートボール?をやっている老人のグループがいます。ヒマなので観察してみると、どうも記憶にあるゲートボールと微妙にルールや道具が違うような気がする…?私が知らなかっただけかもしれませんが、ゲートボールというスポーツは近年かなり衰退していて、似たルールのグラウンド・ゴルフというスポーツに切り替わっているようです。日本グラウンド・ゴルフ協会違いを簡単に言う...

    記事を読む

  • 2016/02/26ブログ運営

    ブログ村注目記事の謎が解けたこの人の記事を読んで思ったことと、日ごろからブログ村の注目記事について考えていたことです。ブログ村注目記事システムについて、村長の説明をまとめると、・INポイントとも OUTポイントとも PVアクセスとも関係ない。・選定に人力は入ってない。・ネット上(ブログ村の内外)でのブログの読者の無意識行動が関係している。・注目記事の順位変動は激しい。・記事ランキングの基準や条件は公表しな...

    記事を読む

  • 2016/02/25資産運用

    私がやっている配当金生活は、保有資産の殆ど全てを株式と現金にしてそこから上がるお金で生活するものです。資産配分が偏っているのでそのほかの土地とか保険といった資産はほぼゼロです。配当金生活の利点は資産の流動性が高い事です。この資産の流動性が高い、という状態の反対はどういう状態かというと、資産の大部分が持ち家になっている人を考えればわかりやすいでしょう。家はすぐには現金化する事はできませんし、そもそも...

    記事を読む

近所の公園で老人達がやっていたのはゲートボールではなく、グラウンド・ゴルフだった

いつも近所の公園を散歩しているのですが、定期的にゲートボール?をやっている老人のグループがいます。

ヒマなので観察してみると、どうも記憶にあるゲートボールと微妙にルールや道具が違うような気がする…?

私が知らなかっただけかもしれませんが、ゲートボールというスポーツは近年かなり衰退していて、似たルールのグラウンド・ゴルフというスポーツに切り替わっているようです。

日本グラウンド・ゴルフ協会

違いを簡単に言うと、ゲートボールは団体競技でグラウンド・ゴルフは個人競技という点のようですね。

ゲートボールは相手チームの球に自球を当てて、スパーク打撃によって相手チームの球をコート外にはじき出す行為が認められています。この為戦略性が非常に高く、イメージと違ってかなりシビアで知的な競技です。カーリングとかと似てますね。打撃もゴルフのパッティングと同じでメンタル的な要素が大きく、真剣にやれば奥が深そうです。

ただ…このルールだとシビアすぎて(第1ゲートを一発で通過しないと始まらないとか)レクリエーションでやるにはかなり敷居が高いし、基本的に相手チームの妨害がゲーム性のキモなので人間関係がギスギスしそうですw

その点、グラウンド・ゴルフは個人競技なので人間関係が壊れる事はないでしょう。老人界でも人間関係のわずらわしさを避ける個人主義が浸透しているようです。


もの珍しそうに見てたら、ヒマそうな人に「打ってみるかい?」と誘われたのでやってみました。

感想としては道具が違うものの、ゴルフのパッティングとほぼ同じです。土のグラウンドでやっていたので球足は遅く強め強めに打つので、ゴルフのようにラインを読んだり繊細な打撃はあまり必要ない感じでした。

ぶっちゃけた話、すぐに飽きました。

ゲートボールの方は面白そうなんですけど、これは退屈で要するに単なる老人界の社交場なんでしょう。若い時に非リア充だった人には辛そうですw

あと平均年齢が非常に高いです。70歳以下は居ないんじゃないかな?考えてみたら今の60歳代は普通に働いている人が多いです。

それにしても早期リタイアしなければこんな事には気づきませんでした。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

ブログ村注目記事の謎とブログ村について思っている事

ブログ村注目記事の謎が解けた

この人の記事を読んで思ったことと、日ごろからブログ村の注目記事について考えていたことです。

ブログ村注目記事システムについて、

村長の説明をまとめると、

・INポイントとも OUTポイントとも PVアクセスとも関係ない。
・選定に人力は入ってない。
・ネット上(ブログ村の内外)でのブログの読者の無意識行動が関係している。
・注目記事の順位変動は激しい。
・記事ランキングの基準や条件は公表しない。

以上を材料にして、さらに私のブログが注目記事に入ったときの動きを加味して推理しました。これでも推理小説マニアなので、推理は得意中の得意です。



ブログ村は注目記事のランキングについて、基準を公表していないので考察は全て推測になります。それを念頭においても、説得力のある推理です。というのも日頃から同じような事を体感で感じているからです。詳しくは元の記事をお読みください。


ブログ村の注目記事ランキングは、Nポイントとも OUTポイントとも PVアクセスとも関係ない…また選定に人力が入っていないということは、つまりブログ記事の内容の濃さやオリジナリティなど数値化しにくいものは一切考慮されないという事です。

記事タイトルや記事本文中のキーワードの”旬”が考慮されているとすれば納得が行きます。また統計データや体感的な経験で注目記事ランキングの上位に表示されやすい記事を作るテクニックのような物を会得したり意識している人もいます。

注目記事ランキングの上位に表示されるとてっとり早く最低限のアクセスが集まるので、始めて間もないブログの集客には有効だと思います。

ただ集客効果があるのは注目記事ランキングの上位に表示されている間だけ、それも所属するカテゴリの村民人口によって大きく左右されますから、過疎カテゴリではあまり意味がありません。あまり村民人口の多くないカテゴリで、注目記事ランキングを狙ってキーワードだけに注目して中身の無い記事を量産するのは割に合わないと言えます。

ある程度の規模になったブログがブログランキングの登録を外すケースがあるのは、上位表示されるメリットが薄くなるからでしょう。

2大ブログランキングサイトとして、「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」がありますが、私は業者のサイトが上位表示されにくいという点で「にほんブログ村」の方をひいきにしてます。

ただそれでもブログの質がランキングに反映されにくいという点で、いっその事INポイントは廃止してしまった方がいいような気がします。その場合はINポイント以外でブログ村にアクセスを集めるシステムが必要になりますが…。

注目記事ランキングがPV数と関係なく選定されるのはランキング下位の良質なブログを掘り起こすという意味で面白いシステムだと思いますが、もうひと工夫しないとキーワード対策だけした内容のない記事が上位にきてしまう弊害が出ています。

という意見をアンケートに書いて出せばよかったかな、と今更思いました。

必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意



関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

配当金生活の利点は資産の流動性が高い事。欠点も流動性が高い事。

私がやっている配当金生活は、保有資産の殆ど全てを株式と現金にしてそこから上がるお金で生活するものです。

資産配分が偏っているのでそのほかの土地とか保険といった資産はほぼゼロです。

配当金生活の利点は資産の流動性が高い事です。この資産の流動性が高い、という状態の反対はどういう状態かというと、資産の大部分が持ち家になっている人を考えればわかりやすいでしょう。家はすぐには現金化する事はできませんし、そもそも自分の住む家を売ってしまうとただちに生活に支障がでます。

配当金生活は手持ちの資産を簡単に現金化する事もできるし、他の資産に換える事もできます。

これは良し悪しがあり、資産を簡単に売れるという事はチャンスがあれば素早く動くことができると共に、間違った判断を下してしまうとあっというまに没落する危険性があるという事です。株の世界の怖い所は電話一本で破滅する可能性が常にあることだ、と言った人がいますが今ならさしずめクリック1回ですね。

そのため配当金生活者というのは、生活者(年金生活者のような)という言葉のイメージとは裏腹に相場師の一種であると言えます。


逆に言うと安定配当を望むのなら流動性は必要ありません。流動性は低いが表面利回りが充分に高く、買い値だけでほぼ勝負が決まる資産に振り分けた方がいいです。そうすると条件に合うのはやはり不動産になると思います。


この記事で何が言いたかったかと言うと、数千万円から2億程度の資金の配当金生活者というのはバクチ打ち、相場師のたぐいであって長く生き残るために配当金利回りに注目しているだけに過ぎないという事です。とても一般にイメージするような配当金生活とは程遠いです。

資産がそれ以上になると、配当金生活というよりは単なる資産家ですね。

似たような物に投資信託の分配金生活というのがありますが、あれは金融機関のシノギのカモになっているだけなので論外です。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます