2016年07月の記事一覧

株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

月別アーカイブ:2016年07月

  • 2016/07/25セミリタイア(早期リタイア)

    賃貸収入7000万円の消防士、兼業で懲戒他に6人が賃貸収入 消防士7千万円兼業問題約半年前に話題になった「消防士7000万円兼業問題」です。早期リタイアとか経済的独立のためにサラリーマンとしての給料の他になんらかの収入を得ている人は多いと思います。サイドビジネスとか兼業とか副業とか言いますね。公務員の場合には原則として副業が禁止されています。公務員は許可なく営利を目的とする私企業を営んだり、その企業で...

    記事を読む

  • 2016/07/20配当・株主優待

    これは超個人的な意見なので同意は貰わなくて結構なのですが、いわゆる優待タダ取りのクロス取引とか、バカなんじゃないかと思ってます。優待タダ取りのクロス取引についてご存知ない方は適当にググッて下さい。そもそも株式投資の目的はおカネを儲ける事なのに、何が悲しくておカネを払って現物を貰わなければならないんでしょう?全然タダじゃありません。もちろん現物を換金すれば利益が出たりする事があるのは理解できます。た...

    記事を読む

  • 2016/07/20配当・株主優待

    色んな人を敵に回しそうな記事タイトルですが、今に始まった事でも無いので淡々と書いていきます。株主優待を貰って喜んでる人がおカネ持ちになったケースはほぼありません。これは断言できます。株主優待でおカネ持ちになった人はいます。どういうことかと言うと、株主優待を貰って喜ぶというより、株主優待まわりのシステムを利用して儲けている人たちです。1 優待株の値動きを利用して儲けている人 オーソドックスなやり方と...

    記事を読む

「消防士7000万円兼業問題」公務員(サラリーマン)の副業問題

賃貸収入7000万円の消防士、兼業で懲戒

他に6人が賃貸収入 消防士7千万円兼業問題

約半年前に話題になった「消防士7000万円兼業問題」です。

早期リタイアとか経済的独立のためにサラリーマンとしての給料の他になんらかの収入を得ている人は多いと思います。サイドビジネスとか兼業とか副業とか言いますね。

公務員の場合には原則として副業が禁止されています。

公務員は許可なく営利を目的とする私企業を営んだり、その企業で地位を得たり、あるいは報酬(収入)が発生するいかなる事務にも従事してはならないと規定されていて、副業をするには申告してそれぞれの許可の主体から例外許可を受けなければなりません。

他に許可の要らない営利性の乏しい副業として、

・小規模な農林水産業
・一定規模以下の不動産賃貸業
・寺院の住職等、非営利の宗教活動による布施その他の名目による収入
・農業協同組合・消費生活協同組合等の非営利目的団体で、無報酬の役員に就く場合
・預金利子・積立保険・株式・投資信託・FX取引など、貯蓄・資産運用に属する性質のものからの収入


があります。農林水産業や不動産業、寺院の経営を家業とする家庭の出身者が公務員になった場合は、それらの収入が発生しているかもしれません。

問題なのはどこまでが「営利性の乏しい副業」でどこからが「許可の必要な副業」なのかですが、これはそれぞれの職業ではっきりとした規定があるはずです。公務員の場合は法律で決まってます。

この消防士の場合は規模が基準を超えていて、かつ許可を取らなかった事で処分を受けたという事ですね。実質的に不動産業をやっていたようですし、業務に支障が出そうです。ちゃんと許可を取るか、十分な収入があるのだから消防士を辞めるかの2択だと思いますが、第3の道を取ったために社会的な問題になってしまいました。

この人の場合はかなり確信犯的で悪質だと思いますし一般的な話ではないですが…他の6人は明らかにこの人の影響がありそうですが報道では否定しています。

どうもサラリーマン一般に副業はバレなきゃいい、雇用主に言いづらい、という風潮があって正面から副業問題に向き合わない人が多い気がします。

まあサラリーマンが副業をバラしたくない気持ちは分かります。無用の摩擦を生みたくないですからね。株式投資の場合は特定口座の源泉分離課税で確定申告さえしなければ絶対に会社にはバレないはずなので私ならそうします…というかそうしてました。

サラリーマンが副業をする場合はそれぞれの職業で規定をしっかり確認するべきですね。勤務時間外の副業を雇用主が禁じるのは憲法違反だという議論もありますが、公務員の場合は法律だから仕方ないでしょう。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活

優待タダ取りのクロス取引の意味が本気で分からない

これは超個人的な意見なので同意は貰わなくて結構なのですが、いわゆる優待タダ取りのクロス取引とか、バカなんじゃないかと思ってます。

優待タダ取りのクロス取引についてご存知ない方は適当にググッて下さい。


そもそも株式投資の目的はおカネを儲ける事なのに、何が悲しくておカネを払って現物を貰わなければならないんでしょう?

全然タダじゃありません。

もちろん現物を換金すれば利益が出たりする事があるのは理解できます。ただ、そんな手作業するぐらいなら他にやることがあるだろうと思います…

この優待タダ取りを奨励しているのは一部の証券会社と一部の雑誌やWebサイトですが、それは彼らの利益になるからですね。売買手数料とか広告収入とか。

一連の取引にかかったコストをいったい誰が負担しているんでしょうね。問題はないのでしょうか。

繰り返しますが、この記事は超個人的な意見なので同意は貰わなくて結構です。異論も認めます。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ

株主優待とかもらって喜んでるからいつまでたっても貧乏なんだよ?

色んな人を敵に回しそうな記事タイトルですが、今に始まった事でも無いので淡々と書いていきます。

株主優待を貰って喜んでる人がおカネ持ちになったケースはほぼありません。これは断言できます。

株主優待でおカネ持ちになった人はいます。どういうことかと言うと、株主優待を貰って喜ぶというより、株主優待まわりのシステムを利用して儲けている人たちです。


1 優待株の値動きを利用して儲けている人

 オーソドックスなやり方としては、優待權利日の数ヶ月前に株を買って權利日前に売るやり方があります。優待株の値動きは銘柄によって個々の特徴があり、研究が必要です。当然優待を貰って喜んでいる人ではありません。

2 優待株に関する報道で儲けている人

 これは説明不要だと思います。テレビ、雑誌、Webなど。1と併用するとさらに効率がいいですね。優待を貰う奴はバカ!と思ってるかもしれません。また株の売買自体ではあまり儲けられないため、損失補てんとして株主優待に特化している人もいます。桐谷さんとか。

他に金持ちというほどでは無いかもしれませんが、手数料や金利収入で儲ける証券会社の関係者や経済誌のマスコミ関係者なども優待株に関する報道で食っている人達です。

メディアに1年中株主優待の記事が載ってるのは、それが確実に需要があるからです。売れる記事を載せるのが仕事なので、これは仕方ありません。


優待を貰って喜んでいる人というのは、いわばこれらの人達の商売のカモになっている人なので、おカネ持ちになれる道理はありません。

どうしても優待を貰いたければ、ある程度おカネ持ちになって「から」趣味としてやればいいでしょう。そうでなければ株主優待で儲ける側にまわるか、もしくは最初から関わらない方がいいでしょう。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます