2016年11月の記事一覧

株式投資でセミリタイアして高配当株式、ETF、債券などに投資して配当金のみで生活するブログ

月別アーカイブ:2016年11月

  • 2016/11/29投機論

    ヤフー掲示板については、タチの悪い買い煽り掲示板だとか、アホー掲示板だとか、便所の落書きだとか酷い事を言う人もいますが、私は使いようによっては使えると思っています。ようは資料は見る順番があると言う事です。私の銘柄選定はまず四季報の数字をパラパラとチェックして、目に止まった銘柄から詳しく読んでいきます。競馬新聞の馬柱でもそうですが、膨大なデータが詰まっている書物でも注意して見る所は限られています。自...

    記事を読む

  • 2016/11/21金融リテラシー

    金融における複利効果の威力を強調するために、冒頭にアインシュタインの名前が書かれているような記事を見つけたら私は眉にツバをつけて読みます。というのも、アインシュタインがこのような事を言ったという記録は実は無いからです。アインシュタインが言ったらしい、という伝聞調の記事があって、そこから枝分かれした都市伝説のたぐいでしょう。そもそも金融の金利計算って複利が当たりまえなんですよ。サラ金におカネを借りた...

    記事を読む

  • 2016/11/20資産運用

    金融というのは向き不向きがあって、向いていない人はとことん向いていません。そして向いてないのは別に悪い事ではありません。だいたい金融に向いている計算高くて冷酷でいつも人の裏を取る事ばかり考えているような人って、性格が悪くて感じ悪いじゃないですか。株が下手な人の方が人間味があって魅力がある人である事が多いのです。だから別に無理に資産運用なんかする必要は無いと思います。悪いのは自分が向いていないのに、...

    記事を読む

ヤフー掲示板の上手い使い方

ヤフー掲示板については、タチの悪い買い煽り掲示板だとか、アホー掲示板だとか、便所の落書きだとか酷い事を言う人もいますが、私は使いようによっては使えると思っています。

ようは資料は見る順番があると言う事です。

私の銘柄選定はまず四季報の数字をパラパラとチェックして、目に止まった銘柄から詳しく読んでいきます。競馬新聞の馬柱でもそうですが、膨大なデータが詰まっている書物でも注意して見る所は限られています。自分なりのチェックポイントを持つ事が大事です。

次にその銘柄のホームページに移動して、IR資料を読んでいきます。有価証券報告書と決算短信です。その次に会社が作成した分かりやすい広報資料。この順番は守るようにしています。

会社の作った広報資料は自社にとって都合の悪い書き方はしていないので最初に読むとどうしても印象が引きずられてしまいます。ある程度は予備知識が無いと批判的な目で見る事は出来ません。

ここまで相当時間がかかっていますが、どうもしっくりこない、と感じたら実際の投資は見合わせます。くれぐれもここまで調べた労力が惜しいからと言って、無理に投資に踏み切らない事です。いませんか?買った後に含み損になって、詳しく調べていく内にホールドする理由を無理やり探しているような人。

で、最後にヤフー掲示板を見に行きます。

掲示板をざっと見ればその銘柄の最近の話題や雰囲気がおおまかに掴めます。

買い煽りをする人、業者の書き込み、ホルダーの悲鳴、願望、愚痴、「下がったら買いで余裕です」、「筋は拾っている」、イナゴの集まり具合等々、多彩というかカオスな書き込みで一杯です。

ヤフー掲示板というのは会社のホームページすら見ないで書き込んでる人のあほな書き込みがあるので、そういうのは事前に調べていればすぐに分かります。

一般に掲示板が盛り上がってる銘柄ほど新規参入には向いていません。ボラティリティが増大している状態で、有利な価格で仕込むのが難しいからです。高値掴みの危険性も増します。仕込みは注目されていない時、チャートが心肺停止状態の時にするのが基本です。

目を付けた銘柄のスレッドの最後の書き込みが半年前だったりすると興奮します。そういう銘柄をたっぷり仕込んだ後、掲示板が盛り上がってくるような状況になれば上々ですね。

つまり四季報を起点として有報から順番に資料を見ていって、最後にヤフー掲示板を見たりする訳です。

世の中には恐ろしい事に、予備知識ゼロに近い状態でいきなりヤフー掲示板を見に行って、そこから混乱したアタマで投資する銘柄を考える人がいます。私はこれを発狂投資法とか基地外戦術とか呼んでいます。正気の沙汰じゃないって事です。TwitterなどのSNSも似たような物です。

Yahoo!ファイナンス - 株価、為替の総合アプリ(無料)




関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

アインシュタインは「複利は人類史上最大の発見」と言ったか?

金融における複利効果の威力を強調するために、冒頭にアインシュタインの名前が書かれているような記事を見つけたら私は眉にツバをつけて読みます。

というのも、アインシュタインがこのような事を言ったという記録は実は無いからです。アインシュタインが言ったらしい、という伝聞調の記事があって、そこから枝分かれした都市伝説のたぐいでしょう。

そもそも金融の金利計算って複利が当たりまえなんですよ。サラ金におカネを借りたら複利で計算するのが当たり前でしょう。単利のサラ金ってあり得ます?

アインシュタインがわざわざこんな自明の事に言及するとは思えません。本当に言ったとしたらジョークのたぐいで、なおさら取り上げる意味がありません。

複利効果なんて金融の基本でことさらに強調するようなものではありません。

じゃあなんで強調するのか、アインシュタインの名前をわざわざひっぱり出してくるのかを考えたら、これはもう一つです。

純真な初心者の読者にハッタリをかましたいからです。

まっ、どうせ怪しいサイトでしょうね。エクセルの複利計算の表でも貼りつけておいて、株式投資(FXでもマンション投資でも何でも可)して30年複利で1億円達成!とかそんな感じです。

もうこの辺りから滅茶苦茶ですが、とにかく複利にまつわるお話はハッタリをかまされやすいので初心者の方は気を付けて下さい。先の事は分からないのに30年複利とかおとぎ話ですよ。

アインシュタイン150の言葉




(追記)


セミリタイアブロガーのKotaroさんに取り上げて頂きました。私のブログと違って学術的な話で面白いので紹介します。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ

資産運用なんかしなくてもいい

金融というのは向き不向きがあって、向いていない人はとことん向いていません。

そして向いてないのは別に悪い事ではありません。

だいたい金融に向いている計算高くて冷酷でいつも人の裏を取る事ばかり考えているような人って、性格が悪くて感じ悪いじゃないですか。

株が下手な人の方が人間味があって魅力がある人である事が多いのです。

だから別に無理に資産運用なんかする必要は無いと思います。


悪いのは自分が向いていないのに、変な方向に行くことです。専門家と称する怪しい人に頼ったり。単に働きたくないからと言って勉強もせず適正も考えずに株で一発当てようとか考えたり。

本来資産運用なんか銀行預金で十分なんですよ。

こう言うとすぐ銀行預金じゃロクに利息が付かないとかインフレに負けるとか言い出す人がいますが、これはそれこそ金融リテラシーが低い人を騙す一種のウソに騙されてるんです。

金利が低くても今の日本のように低インフレが続くなら、別に全然問題ないのです。

インフレになったらなったで、その時はいずれ金利も上ってくるから日本のような安定した国なら銀行預金でも問題ありません。

そうは言っても目減りするのが嫌だって?だったら普通に働いて稼げばいいじゃないですか。インフレになったら給料も上がるし。

ハイパーインフレになったらどうするかって?その時は資産運用と称して必死に株の売り買いをしてるような山っ気のある人はいの一番に破産してますよw

皆が破産するような局面で自分だけ生き残ろうなんて考えが山師そのものじゃないですか。

つまり預貯金信者は何が起ころうと激しく得もしないかわりに損もしないのです。それでいいじゃないですか。

長期ローンとか組んでバクチを打つから取り返しのつかない事になるのです。

超長期投資だって、信念の無い人が安易に手を出すべきじゃありませんよ。こう言うとすぐにリスク許容度がどうとか、株は失ってもいいおカネでやりなさい、とか分かったような事を言う人がいますが、失っても良いおカネなんか本来は一円も無いのです。

株価が上った時に株を持ってないと損をした気になりますが、実際は別に何も損してません。株価が暴落した時に株を持って無くて良かったと考えるようにタラレバに過ぎません。


投資の事しか考えてない投資脳に偏向した記事ばかり今まで書いてきたので、バランスを取る為に「銀行預金は最高です!」という記事を書いてみました。割と本気でこう思ってます。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!




関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます