月別アーカイブ:2017年02月

  • 2017/02/26ブログ運営

    広島県の大久野島に行った時に撮って、YouTubeにアップしたこの動画↓なんですが、これがプチヒットぐらいのアクセス数があって、まあ動物は人気ジャンルなんでしょうけど、たまにアドセンス収益が発生している事があります。具体的な金額を言うとアレですけど、月平均にすると缶コーヒーが飲めるぐらいの金額かな?牛丼が食えるぐらいの金額になっていてビックリする事もあります。ということは、これぐらいのプチヒットの動画を1...

    記事を読む

  • 2017/02/25資産運用

    個別株投資を敬遠する人の理由のひとつとして、個別企業は倒産することがある、というものがあると思います。つまり投資金額がゼロになってしまう事態を恐れる訳ですが、私に言わせると価値がゼロになる企業に投資していたり、株価が1円になるまで保有を続けたりする人は100%自業自得ですし、常識的な判断力のある人なら100%ないとは言いませんが、まずそんな事にはなりません。まともな投資を心がければそれほど倒産という事態...

    記事を読む

  • 2017/02/24金融リテラシー

    日本株には全て4ケタの証券コードが設定されています。証券コードにはある程度、規則性があって知っていると憶えやすくなります。頭ふたケタが業種を表していて、2000番台が食品、7000番台が自動車・輸送機器といった具合です。例えば食品だと、2501 サッポロ2502 アサヒグループ2503 キリン2801 キッコーマン2802 味の素2804 ブルドックソースこんな具合です。食品などは銘柄数が多くてビールだとか調味料だとかカテゴリが分けや...

    記事を読む

YouTubeで副収入ってどうなの?

広島県の大久野島に行った時に撮って、YouTubeにアップしたこの動画↓なんですが、





これがプチヒットぐらいのアクセス数があって、まあ動物は人気ジャンルなんでしょうけど、たまにアドセンス収益が発生している事があります。

具体的な金額を言うとアレですけど、月平均にすると缶コーヒーが飲めるぐらいの金額かな?牛丼が食えるぐらいの金額になっていてビックリする事もあります。

ということは、これぐらいのプチヒットの動画を10、20、30と増やしていけばそのうち、けっこう馬鹿にならない収入になるんじゃないかと思ったりします。

しかし普通に考えると、日常生活を送る上でそんなに面白い動画が撮れるチャンスなんてまずありませんね。このウサギ動画だって明らかに非日常の世界ですし。

そうすると非日常的な動画を撮りに行くか、もしくは自分で非日常的な行動を起こして動画を作るしかありません。

こうなってくると、いわゆる職業的なユーチューバーになるんでしょうね。

はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(1) (KCデラックス)





現代は誰もが撮影者になっているので、ひょっとしたら歴史的なスクープ動画を撮るチャンスがあるかもしれません。偶然撮れた動画で、ある日突然YouTube収益でウハウハになる…という妄想をたまにしたりします。まあ、まず無いですね。


はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(2) (KCデラックス)




関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

上場廃止、倒産する企業の傾向

個別株投資を敬遠する人の理由のひとつとして、個別企業は倒産することがある、というものがあると思います。

つまり投資金額がゼロになってしまう事態を恐れる訳ですが、私に言わせると価値がゼロになる企業に投資していたり、株価が1円になるまで保有を続けたりする人は100%自業自得ですし、常識的な判断力のある人なら100%ないとは言いませんが、まずそんな事にはなりません。

まともな投資を心がければそれほど倒産という事態は恐れることではありません。では、どういう企業が倒産しやすいか、最も倒産の多かった特異点である2008年度の事例で傾向を見て行きます。


tousan.png


2008年度の倒産による上場廃止は33件です。わかりやすいように多い業種ごとに並べてみましたが、一目瞭然で不動産・建設が多く、全体の3分の2を占めます。

私が配当金生活的目的では不動産・建設セクターに投資しないのはこの辺にも理由があります。またこの年、ニューシティ・レジデンス投資法人がJ-REITで初めて経営破綻しました。

この年は東芝(6502)の「チャレンジ」が密かに始まった年であり、歴史的世界的な不況で不動産・建設セクターの資金繰り状況は最悪でした。

不況の時に不動産・建設セクターがバタバタと倒れるのはイメージ的に分かると思いますが、こうして表にしてみると圧倒的です。また倒産こそしていませんが、両セクターに資金を供給していた金融セクターも大ダメージを受けて生き残りに必死になります。

傾向として上場市場はあまり関係ありませんね。東証1部の大企業でも潰れる時はあっさり潰れます。新興企業が倒産しやすいイメージがあるのは、もともと株価が過剰評価気味で不況時の暴落のイメージが強いからでしょう。

2017年2月現在、アメリカはトランプ相場で金融セクターを中心に、日本は新興株を中心にワッショイワッショイやっていて、今すぐどうこうなるとは言いませんが、こういう時こそ歴史を振り返って気を引き締めてみることも必要でしょう。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ

証券コードと証券コード辞書を使ったカンタン入力法

日本株には全て4ケタの証券コードが設定されています。証券コードにはある程度、規則性があって知っていると憶えやすくなります。頭ふたケタが業種を表していて、2000番台が食品、7000番台が自動車・輸送機器といった具合です。

例えば食品だと、

2501 サッポロ
2502 アサヒグループ
2503 キリン

2801 キッコーマン
2802 味の素
2804 ブルドックソース

こんな具合です。食品などは銘柄数が多くてビールだとか調味料だとかカテゴリが分けやすいのか、比較的規則的ですが例外もあるのであくまで参考です。ひとケタ番号はその業種を代表する企業が多いですね。

2803が無いのはおそらく使用済みの廃番だと思います。そう、証券コードは使い切りで再利用はしないルールになっています。アメリカなどのアルファベットを使ったティッカーシンボルは再利用可だそうですが。

だったら四ケタのコードでは将来、数字が足りなくなるのでは?と思いますが、実際すでに足りなくなってきていて最近の新規上場企業はあまり業種に関係無く2000番台から4000番台、特に3000番台のコードが多く割り当てられて業種の法則が崩れてきています。

証券コード評議会の公式ページを見ると、設定可能な残コード数はあと2000いくつしかないようです。その為、方針として今後アルファベットを組み入れる事がすでに決定しています。システム的な対応の為周知の期間が必要なので、すぐに実施される訳では無いようですが。



ここからお役立ち情報ですが、証券コードからカンタンに企業名を入力したり、企業名から証券コードを入力する方法があります。

使用しているPCの日本語入力システム(Microsoft IMEやATOK)にシステム辞書を追加するのがその方法ですが、騰落レシオ情報で有名なサイト「NOTEAREA」さんの所にMicrosoft IME用の辞書データがあります。ありがたい事に最新データの更新が続いているので新規上場したばかりの企業にも対応しています。

ATOK派の人はどうするのかというと、以前は「会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK」という製品があったのですが販売終了になっています。それで、調べてみたらこんなのがありました。

ATK35 リクエスト辞書選抜総選挙 for Windows

8位に「企業名←→証券コード辞書」がランクインしているのですが、作成してプレゼントする対象は3位までなので対象外です。ATOK派の人はもはや諦めるしかないのでしょうか。

気を取り直して「NOTEAREA」さんの証券コード辞書の使い方ですが、例えば「さっぽろ」と入力すると、変換候補が、

sapporo.png

こんな感じになってある種の人にとっては超便利です。逆に2501から変換しても正式名と短縮名が両方出るので使えます。

面白いのは、「キヤノン(正式名称)」でも「キャノン」でも、「キユーピー(正式名称)」でも「キューピー」でもどちらも変換できる事ですね。証券コード辞書を使用すれば株ブログを書いていて企業名を間違えて恥をかくといった事もなくなります。

医学辞書2017 for ATOK 通常版



↑高くてもこういう専門辞書は需要があるんでしょうね、なるほど。無料の辞書はありがたく使わせていただきましょう。このブログ作成にも証券コード辞書は欠かせないものになっています。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます