月別アーカイブ:2017年05月

  • 2017/05/25セミリタイア(早期リタイア)

    (2017年5月25日更新、追記あり)IBM、在宅勤務廃止へ「退社するかオフィスに戻るか」 - ZAPZAP! https://t.co/A9ausuGmzP— さいもん (@hitori_haitou) 2017年2月12日自宅で仕事を行う『在宅勤務』を導入している企業がありますが、大手IBMはこれまでの成果から判断した上で在宅勤務精度を撤廃するとしており、今後30日以内にオフィス勤務に戻らない場合は退社することになると声明をだしているとのことです。企業側からする...

    記事を読む

  • 2017/05/23セミリタイア(早期リタイア)

    富裕層が人生を"積分"「もう蓄財やめた」 実質「20歳で人生半分終了」に戦慄一般的に、年齢を重ねるに従って、子ども時代とは違って年々月日が経つのが速く感じられるといわれています。「一年があっという間だね」「子供のころの夏休みって、ホント長くて楽しかったよね」というように。そこで紹介したいのが「ジャネーの法則」です。これは、生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)...

    記事を読む

  • 2017/05/21四国遍路

    へんろみち保存協力会の発行する「四国遍路ひとり歩き同行二人 解説編(第7版)」の「第四 費用・予算」によると、では実際にはどれ位の経費がかかったか、徒歩遍路体験アンケート応募六十名の、四国に至る交通費から土産品を含めた概算は、平均三十万円から四十万円の例が多い。最低八万円、最高は高野山詣りをふくめて百万円の例がある。とあります。歩き遍路の話ですが、参考になるでしょう。歩きの場合40日前後かかると言わ...

    記事を読む

IBMが在宅勤務廃止「退社するかオフィスに戻るか」

(2017年5月25日更新、追記あり)



自宅で仕事を行う『在宅勤務』を導入している企業がありますが、大手IBMはこれまでの成果から判断した上で在宅勤務精度を撤廃するとしており、今後30日以内にオフィス勤務に戻らない場合は退社することになると声明をだしているとのことです。


企業側からすると社員にはやはり出社してもらった方が良い、というのが最近の流れのようです。もちろん企業側にも在宅勤務を採用するメリットがあるからこそこれまで導入していたのでしょうが、デメリットと計りにかけて判断したという事でしょう。

日本の場合、政府としてはテレワークを推進している立場です。

テレワークの普及・促進に向けた総務省の取組(総務省HP)

ただ私が思うに、これは国や企業(経営者)側の問題ではなく労働者側の問題ではないかと思います。どういう事かと言うと、現状では在宅勤務など望まない労働者が大半ではないのかと。早期リタイア界隈では信じられないかもしれませんが。

在宅勤務にすると、オフィスの経費を圧縮できるし離職率も低下するので経営者側に多大なメリットがあるはずなんですよね。何故そうしないのか?労働者側が拒んでいるのではないか、と。


この疑問に体系的かつ科学的な方法で答えを見出そうと、我々(スタンフォード大学教授および同ビジネススクール教授)は2名の研究生とともに、中国のオンライン旅行代理店の最大手シートリップで実験を行った。

(中略)

実験結果を受け、シートリップの経営チームは在宅勤務制度の効果に非常に感銘を受け、全社的に導入することを決定した。そして実験の対象となった在宅組とオフィス組の両方に、改めてどちらを選ぶか選択の機会を与えた。

 ここで経営陣の予期せぬことが起こる。在宅組の半数がオフィス勤務へと戻り、対照群も――実験開始前には在宅勤務を希望したはずだが――4分の3がオフィス勤務を選んだのである。その主な理由は、自宅勤務に伴う孤独感にあるようだ。この予想外の結果が示すのは、この種の業務慣行がもたらす変化は、導入してみるまで従業員にも経営陣にも予測がつかないということだ。それはまた、新たな制度の導入に二の足を踏む企業が多い理由でもある。



これは早期リタイア者にはよく分かる話です。

早期リタイア者にとっては意外な事ですが、世の中には早期リタイアなんかしたくないという人が多いように、在宅勤務なんか冗談じゃないという人が案外多いのです。むしろこの実験結果から見ると大半かもしれません。


【2月21日追記新情報】

「IBMが在宅勤務を廃止」は誤報かも。(河野英太郎ブログ "On")

はい、「IBMが(日本でいう)在宅勤務を一切禁止した」というのは、あるいみ誤報です。

いわゆる日本でいう「在宅勤務型」のワークスタイルはこれからもIBMでは当たり前のように続けていきますし、日本においても導入する意義は大いにあるので、ご心配なく!

以上、「会社を代表しない“個人”の立場」での「感想」の「メモ」でした!



誤報だった、という事でいいのかな?働き方改革としてテレワークは国が推進している最中だし、これから議論が活発になりそうです。


テレワークで働き方が変わる! テレワーク白書2016 (NextPublishing)





(2017年5月25日追記)




米IBMは今週、米国にいる同社のリモートワーク(在宅勤務)従業員数千人に対し、在宅勤務をやめて地域別に定めたオフィスに職場を移すか、退職するかの選択を迫る。

IBM、在宅社員数千人をオフィス勤務へ リモートワーク制度廃止で(THE WALL STREET JOURNAL)


結局、やはり在宅勤務廃止ということで正式通達されたようです。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





富裕層が人生を"積分"「もう蓄財やめた」 実質「20歳で人生半分終了」 これは面白い

富裕層が人生を"積分"「もう蓄財やめた」 実質「20歳で人生半分終了」に戦慄

一般的に、年齢を重ねるに従って、子ども時代とは違って年々月日が経つのが速く感じられるといわれています。「一年があっという間だね」「子供のころの夏休みって、ホント長くて楽しかったよね」というように。

そこで紹介したいのが「ジャネーの法則」です。これは、生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)というもの。

ジャネーの法則
Y=k/X (Y:心理的な時間 X:年齢)

19世紀のフランスの哲学者、ポール・ジャネが発案した法則です。ジャネーは心理学的な手法によって、主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を説明しました。

プレジデントオンライン プレジデント・マネーNEWSより


47歳の著者が人生を「積分」してみたら、なんと体感時間の8割を消化していたというもの。
面白い記事ですね。

寿命を80歳で計算しているので、残りの人生は33年、80分の33年で数字上はまだ4割を残しているのですが体感上は2割しか残っていないというのです。

まあ歳を取るにつれ1年があっという間というのは、誰しも体感するところですが20歳で体感人生の半分は終了しているのですね。


定年退職者が判を押したように皆旅行しているのは、おカネもヒマもあるのに人生を体感できず、新しい経験や刺激を旅行に求めるからです。

しかし体力も気力も落ちているので、面倒の無いパック旅行を選択してつまらなそうに名所旧跡を回っているのをよく見かけます。


おカネは若いうちに使った方がいいのか、老後の為に貯めこんだ方がいいのかという2択ではなく、人生の体感上の残り時間をにらんだ上で計画した方が良いと思います。

老後に備えるというより、資産形成や資産運用の計画は世間一般で言われているより20年は前倒しで計画した方が面白いおカネの使い方ができると思うんですよね。

つまり一般的な人が本腰を入れる資産形成期は、結婚や出産といったイベントを考えると30代なかばから50代なかばですが、体感人生の急激な減少カーブを考えるとこれでは遅すぎ、早期リタイア的には高校生ぐらいには基礎的な知識を身に着け30代なかばには資産形成・運用計画を完成させると理想的でしょう。

定年後に株を始めるなんて狂気の沙汰です。


あとは体感上の残り人生を考えながらおカネを使っていくとずいぶん楽しい人生になると思います。
一般に言われるより20年は早くおカネの使い方を考えていく。

グラフ上は70代、80代なんてほとんど体感時間も残っていないし、おカネを使って体感しなければいけないような事も残っていないでしょう。

夢物語のようですが、早期リタイア志向の人ならひとつの理想として理解できると思います。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記




関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





自転車での四国遍路にいくらかかったのか、費用まとめ

へんろみち保存協力会の発行する「四国遍路ひとり歩き同行二人 解説編(第7版)」の「第四 費用・予算」によると、

では実際にはどれ位の経費がかかったか、徒歩遍路体験アンケート応募六十名の、四国に至る交通費から土産品を含めた概算は、平均三十万円から四十万円の例が多い。最低八万円、最高は高野山詣りをふくめて百万円の例がある。


とあります。歩き遍路の話ですが、参考になるでしょう。

歩きの場合40日前後かかると言われているので、一日あたりざっくり一万円で考えれば大きくはハズレないようです。

へんろみち保存協力会のリンク:四国へんろひとり歩き同行二人



それを踏まえて、今回の自転車遍路でいくらかかったのか、ざっくりまとめました。


遍路固有の費用


遍路に最低限必要な費用です。遍路の象徴的な菅笠、金剛杖、白衣すら省いているので本当に最低限です。

ロウソクや線香も省略しています。

さんや袋というのは納経帳を入れるバッグです。これは何でもよいです。


交通費


自転車なので交通費は基本ゼロ円です。

基本的に全ての札所は徒歩ならゼロ円でたどりつけるはずですが、危険な個所もありロープウェイを推奨している所もあります。

太龍寺などロープウェイ料金が高いですが山登りが連続するエリアなので特に惜しいとは思いませんでした。

四万十川などは渡し船が使えるポイントがあるので機会があれば使えそうです。


宿泊費


普通は一番費用がかかるのは宿泊費でしょう。

費用を節約したいというより、どこまで進めるのか分からないのに先々まで宿を予約するのが面倒くさい、という理由でほとんどまともな宿に泊まっていません。

歩き遍路では通常は民宿などを毎日予約しながら進むようです。

春は遍路シーズンなので、早めに予約していかないと宿はなかなか取れません。

ネットカフェが多いのは野宿を続けるとスマホの電源が確保できないためで、3日に一回はコンセントが確保できる所に泊まる必要がありました(特大容量モバイルバッテリーを持参)。

キャンプ場の情報は事前に調べておきましたが、旅程と合わずほとんど利用できませんでした。

人口の希薄な地方に行けばいくほどテントを張る場所は見つかりやすいので、自然豊かな高知県はテント泊が増えました。その一方で室戸岬などは雨が多いのであまり野宿には向いていないかもしれません。

寝袋のみの野宿は四国の場合はへんろ文化があるので他の地方よりやりやすいと思います。他の地方で積極的にやろうとは思いませんけど。


洗濯代


洗濯は2日に1回のペースでしていました。コインランドリーの位置情報は重要です。

普段のキャンプではまめに手洗濯をしているのですが、遍路中はなかなか手洗濯などしている余裕が無いのでコインランドリー頼みです。

宿に泊まれば四国の民宿やビジネスホテルはお遍路さん対応で洗濯設備が充実しているようです。洗濯の心配はいりません。

なぜ洗濯に拘るかというと、お遍路さんは荷物の重量削減の為に着替えは最小限の量にしているからです。こまめな洗濯の必要があります。


入浴代


集計してみておどろくのですが、ほとんどの街で日帰り温泉を利用しています。

お遍路というより温泉めぐりのようです。

ほとんどの街になんらかの入浴施設があったのですが、1週間ほど入浴の記録がないのでその期間は濡れタオルで拭いたり川で行水したりしていたのでしょう。


ここまで合計で77,100円になっています。

全体で14万円ほど費用が掛かっていたのが分かっているので、こまごました雑費を除くと残りはたぶん食費でしょう。

普段のキャンプでは米を炊いたりしているのですが、移動を続ける遍路中はのんびり炊飯、片付けをしているヒマなどないので、自炊はお湯を沸かすだけで済むラーメンやインスタントスープ類などです。

あとはレトルトカレーとパックご飯ぐらいは食べたかな、というぐらいです。

それ以外はカロリーメイトをかじったり食パン菓子パン、牛丼屋などのファーストフードを利用。

この食生活だと野菜に飢えるので、スーパーでサラダを買ったりしていました。

自転車遍路ではとにかく食べていないとどこでエネルギー切れを起こすかわからないので、食べたいものは遠慮なく食べていました。

無駄な観光を控えるとすると、感覚として通し打ちの四国遍路にかかる費用の下限は10万円前後かと思います。



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます