関連コンテンツ

【注意】2017年9月末までにマイナンバーの届け出をしないと年末にNISA口座は失効します。まだの人は忘れずに。【喚起】



一ヶ月ものあいだ四国遍路をしていたので遍路ボケのような状態になっていて、ブログ更新も感覚を取り戻す手探り状態です。

こういう時はお役立ち系というか注意喚起の記事を書けば有意義なのではないかと思って、NISA口座とマイナンバーのハナシです。



2017年9月末までにNISA口座を開設した金融機関にマイナンバーの届け出をしないと、年末にNISA口座が失効してしまいます。

その場合は再度のNISA口座開設手続きが必要になり、マイナンバーの届け出のほかに非課税適用確認書の交付申請書の提出が必要になります。

これは大変なので、NISA口座保有者で手続きがまだの人は9月末までに忘れないようにマイナンバーの届け出をしましょう。


記事によるとNISA口座保有者でマイナンバーの届け出をしている人はまだ半数以下という事なので、このままだと年末には大量の非課税措置失効者が発生する事になります。

NISA口座の稼働率は現時点で6割程度という事なので、気づかずにそのまま失効したままという人も増えそうです。
銀行で投信を買って放置という人も、気付かないうちに失効してそうです。
あと半年もありません。


一方で課税口座の方は2018年末がマイナンバー提出の期限なので、まだ1年半の猶予があります。
課税口座とNISA口座で期限がズレているのが、認識の落とし穴になっているんですね。

制度のツギハギや、財務省、金融庁、あと厚労省など省庁間で連携が取れない為にこういった落とし穴的なズレが生じる事が日本ではよくあるような気がします。

制度のわかりにくさは困ったものですが、注意喚起的に紹介します。


【完全ガイドシリーズ169】 NISA完全ガイド (100%ムックシリーズ)




関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

富裕層が人生を"積分"「もう蓄財やめた」 実質「20歳で人生半分終了」 これは面白い

富裕層が人生を"積分"「もう蓄財やめた」 実質「20歳で人生半分終了」に戦慄

一般的に、年齢を重ねるに従って、子ども時代とは違って年々月日が経つのが速く感じられるといわれています。「一年があっという間だね」「子供のころの夏休みって、ホント長くて楽しかったよね」というように。

そこで紹介したいのが「ジャネーの法則」です。これは、生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)というもの。

ジャネーの法則
Y=k/X (Y:心理的な時間 X:年齢)

19世紀のフランスの哲学者、ポール・ジャネが発案した法則です。ジャネーは心理学的な手法によって、主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を説明しました。

プレジデントオンライン プレジデント・マネーNEWSより


47歳の著者が人生を「積分」してみたら、なんと体感時間の8割を消化していたというもの。
面白い記事ですね。

寿命を80歳で計算しているので、残りの人生は33年、80分の33年で数字上はまだ4割を残しているのですが体感上は2割しか残っていないというのです。

まあ歳を取るにつれ1年があっという間というのは、誰しも体感するところですが20歳で体感人生の半分は終了しているのですね。


定年退職者が判を押したように皆旅行しているのは、おカネもヒマもあるのに人生を体感できず、新しい経験や刺激を旅行に求めるからです。

しかし体力も気力も落ちているので、面倒の無いパック旅行を選択してつまらなそうに名所旧跡を回っているのをよく見かけます。


おカネは若いうちに使った方がいいのか、老後の為に貯めこんだ方がいいのかという2択ではなく、人生の体感上の残り時間をにらんだ上で計画した方が良いと思います。

老後に備えるというより、資産形成や資産運用の計画は世間一般で言われているより20年は前倒しで計画した方が面白いおカネの使い方ができると思うんですよね。

つまり一般的な人が本腰を入れる資産形成期は、結婚や出産といったイベントを考えると30代なかばから50代なかばですが、体感人生の急激な減少カーブを考えるとこれでは遅すぎ、早期リタイア的には高校生ぐらいには基礎的な知識を身に着け30代なかばには資産形成・運用計画を完成させると理想的でしょう。

定年後に株を始めるなんて狂気の沙汰です。


あとは体感上の残り人生を考えながらおカネを使っていくとずいぶん楽しい人生になると思います。
一般に言われるより20年は早くおカネの使い方を考えていく。

グラフ上は70代、80代なんてほとんど体感時間も残っていないし、おカネを使って体感しなければいけないような事も残っていないでしょう。

夢物語のようですが、早期リタイア志向の人ならひとつの理想として理解できると思います。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記





スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ

自転車による四国遍路の装備品

自転車の遍路なので最重要の装備は自転車そのものなのですが、これについて語り出すとキリが無いのでカンタンに済ませます。

私の場合は自転車の類別で言うとMTB(マウンテンバイク)規格のパーツを使った、荷物運搬用の自転車をツーリング仕様にしたものを使用しました。

マニアックで何のことか分からない人も多いと思いますが、徒歩かクルマかせいぜいバイクでやるのが妥当な四国遍路をわざわざ自転車でやろうという人はマニアックな人が多いのです。

実際、今回の四国遍路で延べ1000人以上のお遍路さんを見たと思いますが、その中で自転車で回っていたのは10人ぐらいでした。
その自転車もママチャリはゼロで、趣味的な折り畳み自転車やツーリング仕様の自転車が多かったです。

自転車は荷物を積むことを考えるとある程度頑丈な自転車で、そこそこ走行性能も高いものが向いているでしょう。


私の場合は自転車の遍路としては最大限の荷物を積んでいたと思います。ほとんど小型バイクと同等の積載量があります。
普通は自転車の遍路ならもっと装備は厳選して軽量小型化した方がいいでしょう。

・寝袋とマット
四国の最低気温が3月はだいたいマイナス1℃、5月は10℃ぐらいなので、これを目安に寝袋は選べばいいでしょう。
下に敷くマットは重要なので、ノーブランドのものや銀マットよりはちゃんとしたアウトドアブランドのものを選んだ方がいいです。

私は空気を入れて膨らませるタイプのものを持っていきましたが、途中で小さな穴が空いたらしく、高松のモンベルで買い直しました。登山用のコンパクトタイプは毎日空気を入れたり抜いたりするのが大変だし、遍路ではこのタイプがベストかと思います。↓

モンベル(モンベル) モンベル mont-bell フォームパッド 150 1124628 キャンプ用品 マット (Men's、Lady's)



マクラは不要で、衣類を詰めた袋をマクラがわりに使えば荷物を減らせます。その分、マットも余程大柄な人でなければ短めで済みます。

・雨具と防水袋
雨具も重要アイテムで自転車用のものを上下持っていきました。
コンビニのカッパなどは役に立たないので、自転車の場合は自転車用一択でしょう。

自転車のバッグは防水がしっかりしているのはもちろんですが、中身も防水袋に入れた方が良いです。
特に寝袋と着替えは濡らすとどうしようもなくなるので乾燥機のあるコインランドリーを探すはめになります。
それとは別に、納経帳は絶対に濡らせないので防水は2重にする必要があります。

・テント
テントは野宿に必須ではないのですが、持っていきました。それも一人用のコンパクトなものではなく二人用の内部空間に余裕があるものです。その方が快適だからですが、正直眠れればそれでいい遍路向きではないと思います。ちゃんとしたキャンプ場で使えるなら居住性抜群なんですけどね。

モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム2型 [2人用] スカイブルー 1122491-SKB




・衣類
着替えは2日分持っていきました。
シャツも下着もスポーツ用の速乾性のものにすれば洗濯がラクになります。
長時間自転車に乗っていると尻が痛くなるので、自転車用のパッドが入ったレーサーパンツは必須です。
遍路にレーパンは似合わないのでその上に普通の7分丈のズボンを履きましたが、これが速乾性でなかったので洗濯に苦労しました。旅後半で自転車用グローブをいつのまにか無くしていて、手のひらが痛くなったりしたのでグローブはあった方がいいです。

・お湯を沸かすコンロ
お湯が沸かせればなんでも良いのですが、登山用のものよりカセットガスを使うタイプのものがコンビニでもガスを調達できるので便利です。私が使ってたのはコレです。↓

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310




・クッカー・ディッシュセット

サウスフィールド クッカー&ディッシュセット



このタイプのセットを持って行ったのですが、炊飯をしなかったので使いづらかったです。
特にパックご飯がサイズ的に入りきらなくて、パックを折りたたんで潰して無理やりボイルしたりしました。
ラーメンを作ったりお湯を沸かしたりするだけなら他のものを検討した方が良さそうです。

・洗濯用品
結論から言うとあまり使いませんでした。あれば便利なのは間違いないのですが、遍路向きでは無かったです。
シャツを干すのに携帯ハンガーは必要。

・特大容量モバイルバッテリーとソーラーパネル
今の時代モバイルバッテリーは必須だと思いますが、特に野宿遍路ではコンセントが使えない状況が続く事が多いので、特大容量のモバイルバッテリーがあると便利です。2つあっても良かったなと思ったぐらいです。

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 A1271012




ソーラーパネルの方は天候の関係でほとんど使えませんでした。
夏の遍路ならもっと活躍したかもしれません。

Anker PowerPort Solar (21W 2ポート USB ソーラーチャージャー) iPhone 6 / 6 Plus / iPad Air 2 / mini 3 / Xperia / Galaxy S6 / S6 Edge / Android各種他対応 【PowerIQ搭載】




・マグライトとヘッドランプ
自転車のライトと併せて3種あった方がいいと思います。ヘッドランプは夜間のテント設営の時に必須、マグライトもあった方が便利です。自転車のライトが光量不足なので、室戸岬や足摺岬の街灯の無い区間ではマグライトを自転車のハンドルにくくりつけて、ヘッドランプを装着して乗り切りました。ハタから見ると八つ墓村状態で怖かったと思いますが、タヌキぐらいしか居なさそうな区間だったので問題ありませんでした。


他に重要な小物としては蚊取り線香があります。夏ほど必須ではありませんが、野宿にはあると役に立ちます。


関連記事

スポンサーリンク


にほんブログ村 セミリタイア生活
にほんブログ村 株ブログ