月別アーカイブ:2018年01月

  • 2018/01/28コインチェック

    不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について | コインチェック株式会社 https://t.co/cm9pLcTa9H #ビットコイン @coincheckjpさんから— ひとり配当金生活-さいもん (@hitori_haitou) 2018年1月28日1月26日に不正送金されたNEMの補償について総額 : 5億2300万XEM 保有者数 : 約26万人 補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。 算出方法 : NEMの取扱高が国内...

    記事を読む

  • 2018/01/28シンプルライフ

    あまりの寒さに2年ぶりに室内テント作戦を発動しました。関連記事:室内テント生活のその後室内でテントを設置してその中で寝るだけの単純な作戦ですが、ひと工夫はあります。このテントも使い込んで大分ぼろくなってきましたね……モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム2型 [2人用] スカイブルー 1122491-SKBposted with カエレバ モンベル(mont-bell) Amazon楽天市場Yahooショッピング7netこのクロノスドーム2型は2人...

    記事を読む

  • 2018/01/27コインチェック

    仮想通貨取引所コインチェック 不正アクセスで580億円相当流出 | NHKニュース https://t.co/oguFOxiBIK— ひとり配当金生活-さいもん (@hitori_haitou) 2018年1月26日2018年1月26日、仮想通貨取引所コインチェックがハッキング(不正アクセス)され、580億円相当の仮想通貨「NEM(XEM)」が流出するという(金額的に)歴史的大事件が起こりました。インターネット上の仮想通貨を取り扱う国内の大手取引所「コインチェック」は、...

    記事を読む

コインチェックの仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針がトネガワ理論



1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。   

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。


引用文は重要と思われる所を赤字強調しています。

まず補償金額ですが、「88.549円×5億2300万」なので、463億1112万7000円です。

当初の被害総額が580億円と報じられていたので、事件発生からほとんど何も言えず混乱を助長した深夜の会見などを挟んで、一日引っ張ったおかげというかNEMの暴落効果で、補償すべき金額を580億円から463億円まで圧縮できた事になります。

「NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金」とありますが、返金の時期については触れられていません。また銀行口座への振込などではないので返金されてもいつ出金できるのかも未定です。

仮想通貨ではなく日本円での返還なので、利益確定または損失確定となって税金を心配する人もいるようですが、今心配するのはそこじゃないと思います。

関連記事:ビットコインの税金で誤解している人が多そうな所をまとめてみた

「返金原資については自己資金より実施」というのは、債務超過で潰れる訳ではないという主張なので、大きいです。

ただコインチェックは財務諸表を公開している上場企業ではないので本当のところの財務状態は謎です。

金融庁に登録されている仮想通貨交換業者ではないので、分別管理が適切に行われていたかも謎です。

外部リンク:仮想通貨交換業者登録一覧(金融庁)

こういう闇鍋状態の企業に大金を預けていた事に気が付いた人は、今頃震えているでしょう。

「金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参ります」という文章も味わいがあります。

「登録申請の継続的な取り組み」というのは、登録審査が継続中ではなく、審査がはねられて再申請も受理されていない状態とも読めます。日経新聞の報道ではコインチェックはみなし業者という事でしたが、誤報だったのでしょうか?

もしそうだとするとコインチェックはみなし業者ですらなく、みなし業者を偽装したモグリ企業だったという所まで墜ちてしまいます。そうでない事を祈ります。

事業継続の意思も示していますが、これだけは明言しないと出金を開始したと同時に取り付け騒ぎになるので当然でしょう。そもそも本当に出金開始できるのでしょうか。


以上の補償「方針」はあくまでコインチェック側が「言ってるだけ」のものであり、返金の時期や出金が可能になる時期が未定なのを考えると、努力目標に過ぎません。

金額が莫大なのと自己資金からの返金を明言しているのでインパクトがあり一瞬力強くもありますが、今までコインチェックが言ってきた事の多くが守られていなかった事が判明しているので、現時点では評価不能になっています。

なので返金決定といってあまり喜んでいると、


「この利根川幸雄 こと金に限り虚偽は一切言わぬ」

「出す・・・・・・!出すが・・・・・・今回 まだその時の指定まではしていない」

「そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい。つまり」


トネガワ_convert_20180128120115


と言われてしまい、


sahara_convert_20180128120049.png


こんな顔になりかねません。

誠意とはお金を確実に返す事。

静かに事態の推移を見守りたいと思います。


関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





あまりの寒さに2年ぶりに室内テント作戦を発動

あまりの寒さに2年ぶりに室内テント作戦を発動しました。

関連記事:室内テント生活のその後

室内でテントを設置してその中で寝るだけの単純な作戦ですが、ひと工夫はあります。


室内テント_convert_20180127130157


このテントも使い込んで大分ぼろくなってきましたね……





このクロノスドーム2型は2人用なので1人用より内部スペースに余裕があります。余談ですが、キャンプ場にいくとソロキャンパーの二人にひとりはこのクロノスドーム2型を使っているような気がします。そのぐらい定番のベストセラーです。

テントの中にふとんをしくと、フローリングの床との温度差で湿ってくる事があります。それを防止するために、下には必ず銀マットをしいて断熱します。

小道具としてはテントの天井からLEDランタンを吊るして照明とし、テント内に温湿度計を取り付けます。


テントベンチ_convert_20180127130109


テントの中にはこういうベンチレーションがあるので、温度・湿度が上昇しすぎたと思えば解放して下げる事ができます。寒くなったらまた絞ればよいわけです。


温湿度計_convert_20180127130136


温湿度計でテント内、テント外の室温と湿度をモニターできます。時計が付いてるので目覚まし機能もあるよ。


テント kindle_convert_20180127130125


ふとんをしいてkindleで読書します。自分の体温でテント内もだんだん暖かくなってくるので、寒い夜でもそのうち眠れるでしょう……


関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





コインチェック 不正アクセスで580億円相当流出……で、お金は返ってくるの?そこの所どうなの?



2018年1月26日、仮想通貨取引所コインチェックがハッキング(不正アクセス)され、580億円相当の仮想通貨「NEM(XEM)」が流出するという(金額的に)歴史的大事件が起こりました。

インターネット上の仮想通貨を取り扱う国内の大手取引所「コインチェック」は、26日未明に外部からの不正なアクセスによって580億円相当の仮想通貨が流出したことを明らかにしました。流出したのは顧客が預けていた資産で、会社は金融庁や警視庁に報告するとともに補償などを検討するとしています。


こういう時に一番気になるのは、預けたお金が返ってくるかどうかですよね。現在コインチェックでは全ての出金が停止されているので、預けてる人は気が気ではないでしょう。

銀行や証券会社などの金融機関の場合は、最悪金融機関が破綻した場合でも、銀行はペイオフ制度により1000万円までは確実に保証されていますし、証券会社は信託保全という仕組みで全額保護されています。

国内FX会社にも信託保全の仕組みがありますね。(2010年から信託保全管理を義務付け)


仮想通貨はどうかというと、まずコインチェックの「仮想通貨取引説明書」(規約)を確認してみます。

外部リンク(PDFファイル):Coincheck 仮想通貨取引説明書

14.本取引におけるリスク
本取引には様々なリスクが存在します。下記の内容をお読みになり、仮想通貨取引の特徴、仕組み及びリスクについて十分に理解し、これらに異議なく承諾した上で、お客様のご判断と責任において取引を行ってください。

(中略)

(9) 破綻リスク
〈現物取引・レバレッジ取引・信用取引〉
外部環境の変化(仮想通貨に対する法規制の強化を含みます。)、当社の財務状況の悪化、当社にシステムその他の必要なサービスを提供する委託先等の破綻等によって、当社の事業が継続できなくなる可能性があります。
当社が事業を継続できなくなった場合は、お客様の資産についての対応を含め、破産法、民事再生法、会社更生法、会社法等の適用ある法令に基づき手続きが行われます。

当社は、お客様から金銭や仮想通貨の預託を受けることがありますが、お客様からお預かりした資産については、自己の資産とは分別して管理しております。しかし、これらの資産に関して信託保全等の措置はとられておらず、当社が破綻した際には、お客様の資産を返還することができなくなり、お客様に損失が生じる可能性があります。


信託保全されていないので、最悪コインチェックが破綻した場合は預かり資産が毀損する可能性……つまりお金が返ってこない可能性があります。

深夜に行われた記者会見も視聴しましたが、どうもかなり脇が甘い会社のように見受けられます。

コインチェックは仮想通貨交換業者の登録を受けられていないみなし業者(申請はしてるので営業はできる)ですし、問題の仮想通貨「NEM(XEM)」を扱っている取引所も国内ではコインチェックを含めて2社だけのようです。もう一社はZaifです。

そういえばコインチェックは仮想通貨(ビットコイン)をクレジットカードで買える業者でした。Zaifも……

関連記事:仮想通貨をクレジットカードで買う人たち

借金で買ったビットコインが出金できない事態になったらと考えると、やはりクレカで仮想通貨を買うというのは無茶ですね。



三菱UFJ信託銀行は、仮想通貨取引所が破綻した場合や取引所関係者が不正を行った場合に、利用者の通貨を保全するサービスを始める。同行では仮想通貨を委託者の財産と別勘定で扱う信託とする世界初の手法を開発し、特許を出願。金融庁が仮想通貨を信託財産の一種として認めれば、2018年4月にもビットコイン向けにサービスを開始する。



仮想通貨の信託保全に関してはこのような動きがあります。今回の事件の影響で今後は注目を集めるでしょう。



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます