月別アーカイブ:2018年02月

  • 2018/02/28配当金生活の実態

    配当金生活でありがちなこと https://t.co/8nYkj0xdp4— ひとり配当金生活-さいもん (@hitori_haitou) 2018年3月1日大量の株式関係書類の処理、皆どうしてるんでしょうね?配当金生活の日常 https://t.co/4e8fWWCCn6— ひとり配当金生活-さいもん (@hitori_haitou) 2018年2月27日私は個人情報保護用ローラー式スタンプを使っています。配当金生活の悩みのひとつ…個人情報保護問題 https://t.co/SB7Tw4Xmau— ひとり...

    記事を読む

  • 2018/02/27【JT】日本たばこ産業(2914)

    最近、「JT 株価 下落 理由」などの検索ワードでこのブログを訪れる人が増えてます。関連記事:【JT】日本たばこ産業(2914)は特殊な高配当株しかも特に、JTこと日本たばこ産業(2914)の株価下落の理由などは語ってないんですよね。いったいグーグルの検索アルゴリズムはどうなってるんだ(笑)JTに関するニュースが増えています。米厚生省所長:「利益相反」辞任 JT株購入で - 毎日新聞 https://t.co/hz6p3dqqoi— ひとり配当金生活...

    記事を読む

  • 2018/02/26信金中央金庫(8421)

    信金中央金庫(8421)という配当株をご存知でしょうか?信金中央金庫はWikipediaを参照すると「信用金庫の中央金融機関」「信用金庫の中央銀行的存在」「信用金庫の守護神」などとあり、まあ農協に対する農林中金、銀行に対する日銀のような存在と考えればいいでしょう。信金中央金庫は株式会社ではないので、正確に言うと8421は株ではありません。正確には優先出資証券という分類ですが、東証に上場しているので株式と同じように売...

    記事を読む

大量に届く株式関係書類の封書……個人情報保護にローラー式スタンプがおすすめです







株式投資をしていると、毎月のように大量に「株式関係書類」という奴が郵送されてくる訳です。

私の場合は個別株の分散投資というスタイルを取っているため、とくに銘柄数が多く、決算期などには郵便受けがとんでもない事になることがあります。

株式関係書類というものには、住所氏名や金額などが記載されているため、個人情報保護の観点からそのままゴミ箱に捨てるわけにはいきません。

処理が必要になるわけですが、私の場合は、専用の裁断用のハサミを買ってみたり、家庭用シュレッダーを導入したりして、試行錯誤の結果、現在は「個人情報保護用ローラー式スタンプ」に落ち着きました。


製品名で言うとコレになります。マックス株式会社のコロコロケシコロ。


コロコロケシコロ_convert_20180228000641


レターオープナーつきです。まあレターオープナーはおまけ程度の機能ですが、ひとつにまとめたのは良いアイディアですね。


コロコロケシコロ インク_convert_20180228000625


カバーをはずした所。このローラー式スタンプをコロコロ転がすのが楽しい。


コロコロ前_convert_20180228000723


たまたま手元にあったハガキ(最近仮想通貨の口座を開設しています)


コロコロ1回目_convert_20180228000540


1回ローラーをコロっと転がした所。ちょっと下の文字が見えてますが十分でしょう。


コロコロ2回目_convert_20180228000610


2回転がしたところ。私は1回でいいと思いますが、気になるなら2回転がせば心配ないレベルです。


コロコロケシコロ分解_convert_20180228000707


インクカートリッジは着脱可能になっているので交換できます。インクが薄くなってきたら交換します。



業務で使うなら大量に買えば安くなるわけですが、個人用途だとどうですかね?レターオープナー部分の替刃は無いので、新しく買い換えるのもアリかも。






こんなのも出てます。ディズニーのミッキー&ミニー。
関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ

【JT】日本たばこ産業(2914)の株価下落の理由と今後の展望

最近、「JT 株価 下落 理由」などの検索ワードでこのブログを訪れる人が増えてます。

関連記事:【JT】日本たばこ産業(2914)は特殊な高配当株

しかも特に、JTこと日本たばこ産業(2914)の株価下落の理由などは語ってないんですよね。

いったいグーグルの検索アルゴリズムはどうなってるんだ(笑)


JTに関するニュースが増えています。


アメリカの疾病対策センターの所長がJT株を買っていて、利益相反で責任を問われたというニュース。ただ、ここには書かれていませんが、JTだけじゃなくてフィリップモリスなどの主要なタバコ株はだいたい持っていたそうです。ふーんという感じ。



安倍総理大臣が東欧訪問した際にJT(日本たばこ産業)関係者が同行したことについて、条約違反ではないかけしからんと野党が追及したというニュース。

JTは国内より海外の売上が多くて、しかも先進国の喫煙率はどこも下がり続けているのでそれ以外の地域に重点を置いています。



首相が東欧に行っていたというのはこのニュース。読むとJTだけでなく、三菱商事などの商社、IHI、住友林業が同行。IT(情報技術)に強みを持つエストニアには楽天も同行とあります。いいんじゃないでしょうか。


JTこと日本たばこ産業(2914)の株価下落の理由についてですが、そんなもの知らない、下がるべくして下がってるんだろう、としか言えません。

決算が普通に悪かったし、目先の悪材料は満載ですが反転のきっかけになりそうな明るい兆しは見えてませんしね。

米国の国債利回りが上昇していて、円高傾向とあわせて相対的に日本の高配当株の魅力が薄れているというのもあります。


株の需給的な要素で言うと、たぶん外国人を中心に機関投資家が確信的に売っています(適当)

配当利回りが高いので、下値が限定されているとして少しでも下がると大量の信用買いが入って、少しでも上がるとやれやれ売りが出る、この繰り返しで上値が重くジリジリ下がり続ける典型的な超大型株の値動きになっています。


ニュースを読んでいると経営陣は加熱式タバコに社運を賭けて巻き返しに自信があるようですが、逆に言うと現状それだけ同業他社に対して出遅れているということで、この経営のスピード感の無さが失望売りにつながっているのでしょう。

悪材料というのはある程度時間が経過して事態が好転すれば好材料に変わるので、悲観の極みで株価が下落しきった所で配当利回りを足がかりに買っておけば、なんとかなるでしょう、たぶん。

株は余裕資金でやれとはよく言いますが、これなんかはその代表的な銘柄でしょう。余裕の無い人はよそに行った方が良さそうです。

関連記事:配当金狙いの株の買い方の一例





関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





信金中央金庫(8421)は知られざる配当株

信金中央金庫(8421)という配当株をご存知でしょうか?

信金中央金庫はWikipediaを参照すると「信用金庫の中央金融機関」「信用金庫の中央銀行的存在」「信用金庫の守護神」などとあり、まあ農協に対する農林中金、銀行に対する日銀のような存在と考えればいいでしょう。

信金中央金庫は株式会社ではないので、正確に言うと8421は株ではありません。

正確には優先出資証券という分類ですが、東証に上場しているので株式と同じように売買できます。

株式と同じように配当がありますし、優待も実施しています。ただ、議決権がありません。その分配当が上乗せされています。

まあ議決権が無いだけでほとんど株と同じに考えて良いと思います。

この分類に属するのは信金中央金庫(8421)が唯一の存在で、一般にはあまり知られていないので、知られざる配当株というわけです。


信金中央金庫(8421)の配当株としてのメリットは主に3つです。

・安定配当
・安定した株価
・信用リスクの低さ

信金中央金庫(8421)はいちおう公的な機関ではなく民間の機関で国からの独立性もありますが、やはり信用があるので安定した投資先と見られています。

外部リンク:信金中金の配当政策

ほぼ安定的に6500円の配当(分割考慮)を続けていて、現在の株価からすると配当利回りは2.7%ぐらい、現状では高配当株とは言えませんが、配当が安定しているので株価が下がっている時に買えば高配当利回りで安定します。

面白味のある株ではありませんが、安定した配当株として見ればよい投資先かもしれません。

利回り的にはオマケ程度ですが、ギフト券などの優待制度もありますしね。

株式同様に配当金は配当控除の対象にもなります。

NISAでも問題無く買えます。



ここからは注意点ですが、安定した投資先とは言っても、万全ではありません。

あくまで株式同等の優先出資証券であり、比較的穏やかな値動きとはいえ株価は変動しますし、これは衝撃的な話ですが金融危機時の2008年にはいきなり無配になったことがあります。

その時の最安値が10万円くらいで、翌年からまた復配しているので、無配というか配当金が減ったのは本当にこの時一度限りです。

信金中金_convert_20180225195704

これをどう考えるかはその人しだいですが、いきなり大赤字、無配転落になった事があるというのは、それまで安定配当の固い投資先だと考えていた人には青天の霹靂(へきれき)で、驚いたのは間違いないでしょうね。

私としてはもしまた似たような事があれば、ひとつの賭けになりますが資金の一部を割いて投資してみるのも良いかと考えています。

暴落した資産を買う時は、何よりも投資先が最悪でも潰れないという事が大事ですからね。


スポンサーリンク



スポンサーリンク





Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます