月別アーカイブ:2018年06月

  • 2018/06/10セミリタイア(早期リタイア)

    配当金生活をしている人はその原資をどうやって作ったのでしょうか?私の場合は株式投資ですが、別に高配当株をコツコツ買っていった訳ではありません。そんなコツコツ投資で30代でセミリタイアできるような資金が出来るほど高給取りではありませんでしたし、そんな身分の人はそもそもセミリタイアなんかしないでしょう。ネット上で配当金生活をしている人の情報を探してみても、投機的な手法で資産を増やしたか何らかの事業で資金...

    記事を読む

  • 2018/06/09自転車・旅行

    「野宿野郎」の1~6+7号がkindleアンリミテッドで読み放題になっているので紹介します。野宿野郎 ためしに1号: 人生をより低迷させる旅コミ誌 (野宿野郎デジタル)posted with カエレバかとうちあき 野宿野郎出版 2016-10-22 Amazon楽天市場Yahooショッピング7net「野宿野郎」というタイトルの旅コミ誌ですが、編集長?は女性です。野宿入門―ちょっと自由になる生き方 (草思社文庫)posted with カエレバかとう ちあき 草思社 20...

    記事を読む

  • 2018/06/09投機論

    むかし「パチンコで食ってる時点で負け組」と言った人がいます。確かその人はパチプロだったと思うので、自嘲の言葉なのでしょう。パチンコ愛好者はいくら負けているか分からなくなっているような人が大半ですので、そういう人から見たら期待値マイナスのギャンブルであるパチンコで勝ち越してプラスになっているだけで凄いと思うかもしれません。しかしそれで食ってる人にしてみればプラスになるのは当たり前で、やっとスタート地...

    記事を読む

配当金なんか当てにする人に配当金生活はできません

配当金生活をしている人はその原資をどうやって作ったのでしょうか?

私の場合は株式投資ですが、別に高配当株をコツコツ買っていった訳ではありません。

そんなコツコツ投資で30代でセミリタイアできるような資金が出来るほど高給取りではありませんでしたし、そんな身分の人はそもそもセミリタイアなんかしないでしょう。

ネット上で配当金生活をしている人の情報を探してみても、投機的な手法で資産を増やしたか何らかの事業で資金を作った人が殆どのようです。

コツコツ系で資金を増やして配当金だけで生活できるぐらいまでになった人もごく稀にいるようですが、そういう人ほどまだ働いていたりします。

これはセミリタイアする決断が付かないというよりは、根が勤勉なんでしょう。


つまり配当金生活をしている人は、配当金をもらい続ける高配当株投資戦略の有効性なんかたいして当てにしていないのです。

その戦略で資金を作った訳じゃありませんからね。

ただ効率は悪くても凄く楽な投資法なんで、採用しています。

だから配当金生活の効率の悪さ(指数に対する勝ち負けとか)を指摘されても全然気になりません。

配当金生活の資金を作るのに株式投資ならもともと指数なんか問題にならないぐらいの効率で資金を増やさないと若年でのセミリタイアは無理でしょうし、事業で資金を作った人なら投資で増やすなんて効率の悪い事は考えないでしょう。

そう、投資でお金を増やすというのは本来は凄く効率の悪い話なんです。効率を上げようとすればするほど資金が危険にさらされるんですから。

配当金なんかを当てにして生きて行こうという器の小さい考えだとそもそも配当金生活はできないでしょうね。逆説的な話ですがこんなところです。


関連記事:「お金持ちの教科書」 純金融資産5000万円の魔力

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





「野宿野郎」の1~6+7号がkindleアンリミテッドで読み放題

「野宿野郎」の1~6+7号がkindleアンリミテッドで読み放題になっているので紹介します。





「野宿野郎」というタイトルの旅コミ誌ですが、編集長?は女性です。





この人ですね。テレビや雑誌にもたびたび紹介されているみたいなので知ってる人もいるかもしれません。

「野宿者100人に聞きました」みたいな企画があってパラパラ読んでいると、このかとうちあきさんの野宿体験のエッセイみたいなのがあるんですが、いきなり女子高生の時に多目的トイレに泊まった話(2号以降へ続く)で、まあそういうディープな内容の本です。





何でこんな本を読んでいるかというと、第2号が遍路特集だったからです。面白いから全部読みました。

Amazonの紹介文によると内容は以下の通り

内容/
[特集]お遍路野宿
あんまり野宿しないお遍路日記
なんどか野宿してみたお遍路日記
四国遍路を歩いて
野宿遍路のホンネと実態
真夏のお遍路さん
最強ローラーブレーダー日本一周
THE誕生日野宿
時にはトイレの中で……
などなど




以上です。

野宿野郎のHP:野宿野郎



関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ

パチンコで食ってる時点で負け組(株で食ってる時点で負け組)

むかし「パチンコで食ってる時点で負け組」と言った人がいます。確かその人はパチプロだったと思うので、自嘲の言葉なのでしょう。

パチンコ愛好者はいくら負けているか分からなくなっているような人が大半ですので、そういう人から見たら期待値マイナスのギャンブルであるパチンコで勝ち越してプラスになっているだけで凄いと思うかもしれません。

しかしそれで食ってる人にしてみればプラスになるのは当たり前で、やっとスタート地点に立ったに過ぎません。

そしてパチプロは純然たる肉体労働なので、自分ひとりで打つ限り、きつい割にはいくら勝てるようになったとしても知れています。

だからパチンコで食ってる時点で負け組、という自嘲の言葉がしみじみと出てくるわけです。

パチプロになったら一刻も早く稼いでパチプロを卒業して次のステップに行かないと詰んでしまいます。


短期売買を繰り返す株のトレーダーにも同じ事が言えます。

専業トレーダーは目指すものではなく気が付いたらなっているものでしょう。専業トレーダーを目指しているレベルで専業になるのは危険過ぎます。

株の場合はパチンコと違って賭け額を増やせるので、勝ちが積もって金額が大きくなって生活費のレベルを超えればもう切った張ったの危険なトレードはしなくても済みます。

小さいロットで勝負を繰り返していつまでもそのレベルを超えられないと、一時的には食えてもいずれはパチプロと同じ事になってしまいます。


配当金だけで生活費を賄えるようになればもう、「株で食ってる」とは言わなくて済むでしょう。

「専業投資家を目指す」というのは負け組を目指すと言ってるのと同じです。

もちろん無限に勝ち続けられる人は別ですよ。そんな人は殆どいませんし。

ちなみに専業投資家とは言いますが専業投機家と言ってるのは聞いたことがありません。イメージが悪いからでしょうか。


どうせ目指すなら投資家ではなく投資なんかしなくても生きていける資産家を目指すのが理想です。

もちろん投資をしても良いのですが、運用益をいっさい当てにしないので専業投資家と肩肘を張って名乗ることはないでしょう。

関連記事

スポンサーリンク



スポンサーリンク





カテゴリ
タグ
Copyright © ひとり配当金生活-株式投資でセミリタイア All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます