関連コンテンツ

配当控除の暫定まとめと国民健康保険料の地域格差

「課税所得金額」が330万円以下の時は総合課税で確定申告するのが有利。たとえば年間の配当金が300万円(税引き前)として、これを配当所得として総合課税で確定申告すると実質税率が源泉分離課税の場合の20%から7.2%まで低下します。

収入が配当金のみで300万円というのは低収入の部類になりますが、サラリーマンの年収300万円に比べると給与所得控除が無い分国民健康保険料が跳ね上がります

しかし国保の値上がり分より配当控除の方が多い場合は節税になる、というのが基本線です。

こうなるとなるべく国保の安い地域に住みたくなります。源泉分離課税ではいくら配当が増えても所得がゼロなので国保は最低負担で同じですが、総合課税にすると配当控除と国保の値上がり分の差額が節税効果になるので、将来配当が増えていくとすると国保が安い地域が有利です。

国民健康保険料の地域格差は将来的には是正されていくそうですが、いつの事になるかわかりません。

国民健康保険計算機
↑このサイトで国民健康保険料が計算できます。

加入者1人、年齢40歳、給与収入0円、その他収入300万円、固定資産税0円という早期リタイア配当金生活者を想定して入力して比較してみました。正確な数字かどうかは確認できませんでしたが、目安にはなると思います。

都道府県 市区 1年分 月当たり
北海道 札幌 ¥535,690 ¥44,641
  函館 ¥608,230 ¥50,686
宮城 石巻 ¥425,400 ¥35,450
山形 山形 ¥520,000 ¥43,333
福島 福島 ¥459,600 ¥38,300
東京 世田谷 ¥355,800 ¥29,650
神奈川 横浜 ¥454,190 ¥37,849
  平塚 ¥332,900 ¥27,742
  相模原 ¥316,800 ¥26,400
千葉 浦安 ¥295,100 ¥24,592
  千葉 ¥370,440 ¥30,870
  松戸 ¥397,500 ¥33,125
新潟 新潟 ¥467,400 ¥38,950
長野 松本 ¥445,500 ¥37,125
静岡 富士 ¥299,100 ¥24,925
愛知 豊田 ¥312,900 ¥26,075
  春日井 ¥325,200 ¥27,100
  名古屋 ¥456,406 ¥38,034
大阪 大阪 ¥493,209 ¥41,101
  東大阪 ¥587,820 ¥48,985
兵庫 神戸 ¥770,000 ¥64,167
  明石 ¥403,380 ¥33,615
広島 尾道 ¥450,000 ¥37,500
府中 ¥265,220 ¥22,100
高知 高知 ¥516,000 ¥43,000
福岡 福岡 ¥517,985 ¥43,165
熊本 熊本 ¥488,400 ¥40,700
沖縄 那覇 ¥450,000 ¥37,500
  宮古島 ¥337,800 ¥28,150


神戸、函館、高っ!地味に東大阪も。何かの間違いじゃないですかね?コレ。
神戸と明石って隣の市なんですけど。

工業都市は国民健康保険料が安めというのは以前記事にしました。千葉、神奈川、静岡、愛知県あたりですね。
早期リタイア後の移住先を考える(国保の地域格差)

いくら国民健康保険料が安いといっても家賃の高い地域に住んではあまり意味がありません。工業都市は独身者向けの安い賃貸も多いのでひとり配当金生活には向いているかもしれません。ただ、工業都市に移住というのはロマンが無いですねw

ロマンで言うと宮古島ですか。


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

今年も楽しく見させてもらいますね。
国保の地域格差は有名ですね。
いっそ住民票だけ移しちゃえば?
Re: タイトルなし
> 今年も楽しく見させてもらいますね。
> 国保の地域格差は有名ですね。
> いっそ住民票だけ移しちゃえば?

居住の実態が無いと色々面倒ですよ。最近は行政も郵便局もこまめに確認してます。
No title
おはようございます。

課税総所得330万以下だと、実質税率7.2%。
実質税率で考えるなら、配当控除のみでなく住民税の配当割控除も
考慮に入れたら、さらに5%オフかな、と思いますが、違いますかね?

他の控除が多い場合などは、住民税の均等割への充当、さらに還付も
あり得ますし。
Re: No title
> おはようございます。
>
> 課税総所得330万以下だと、実質税率7.2%。
> 実質税率で考えるなら、配当控除のみでなく住民税の配当割控除も
> 考慮に入れたら、さらに5%オフかな、と思いますが、違いますかね?
>
> 他の控除が多い場合などは、住民税の均等割への充当、さらに還付も
> あり得ますし。

5%オフはどこから?

所得税率10%−配当控除10%=所得税負担0%
住民税率10%−配当控除2.8%=住民税負担7.2%
で、実質税率が7.2%になります。と思います。

しかし素人が憶測で言ってもラチがあかないので専門家に相談しようと思います。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント