関連コンテンツ

中国政府の買い支え、相場介入再び

中国が株式市場に介入、時価総額70兆円消失の相場急落後-関係者 (1)

>(ブルームバーグ):中国当局が下落する株式相場の下支えに動いた。当局系の資金で株式を買い入れたほか、大株主による保有株売却の禁止措置を維持する方針を証券当局が示したと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

>関係者によると、中国証券監督管理委員会(証監会)は大株主による株式売却の禁止措置が週内に期限を迎えた後も、この措置を続けることを上場企業に伝えるよう証券取引所に口頭で指示した。同措置は中国株が大幅下落していた昨年7月に半年間の期限で導入されていた。

大株主の株式売却の禁止措置の延長と、再びの当局の大規模な相場介入。今日の上海市場が妙に強かったのはこれですか。どうなんだろう、昨年のチャイナショック時ほどのパニックにはならないと思いますが、かと言って急反発するほどの材料もなし、と新年早々キナ臭くなってきましたねえ。

中国政府の相場介入は資本主義国のそれとはケタが違いますが、それでも一時的な効果しかないのはもうわかってますし…

中国人民銀行、国有銀行通じ人民元買い介入=市場筋

>[香港/上海 5日 ロイター] - 市場筋によると、中国人民銀行(中央銀行)は5日、国有銀行を通じ人民元買い介入を実施したもよう。

人民元も買い介入だそうです。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
こういうところに社会主義らしさが出てますねw
Re: No title
> こういうところに社会主義らしさが出てますねw

なりふり構わないんですよね。力技というか、動きがバレバレなのはわざとですかね?

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント