関連コンテンツ

中国株安、人民元安、原油安…

中国株、29分間で取引停止-人民元の中心レート引き下げで混乱深まる

>(ブルームバーグ):この20年で最悪の年明けとなった中国市場で混乱が続いている。中国人民銀行(中央銀行)が7日、人民元の中心レートを昨年8月以来の幅で引き下げたことを受け本土株が急落、取引が停止された。

ちょっと第二次チャイナショック相当の規模になってきましたね。

オフショア人民元、5年ぶり安値から反発-人民銀が介入の観測

>(ブルームバーグ):オフショア人民元は7日、対ドルで反発して一時約2週間ぶりの大幅高となった。中国人民銀行(中央銀行)が同日の中心レートを引き下げたことを受けていったん急落したが、その後人民銀が相場下支えのために為替市場に介入したとの観測が広がっている。

為替市場、株式市場ともに介入が観測されています。

ブレント原油先物、2004年4月以来の33ドル割れ 中国株急落響く

>[シンガポール 7日 ロイター] - 原油の国際指標である北海ブレント先物LCOc1が4%超下落、2004年4月以来初めて1バレル=33ドルを割り込んだ。中国株式市場の急落と、それに伴う取引停止措置、供給過剰問題が重しになっている。

やはり売られすぎには違いないと思うのですが…

中国株安、人民元安、資源安、と3重苦なのでリスク回避の流れが止まらないですね。ドルも買われていますがそれ以上に円が買われるので円高になるという状況。

新興市場株めぐる疑念、リーマン破綻後の水準に近づく-チャート

>ブルームバーグ):新興市場の株式に対する投資家の懐疑的な見方が、米リーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻後の水準に近づいている。
>株価純資産倍率(PBR)が2009年の早い時期以来の水準に迫っている。

新興国の下げの角度が急なので、底値圏に達するスピードがほとんどの人の予想より速そうです。怖い所ですが底値圏ではある程度目をつぶって機械的に買っていくのも必要かなと思っています。ナンピン地獄にだけは陥らないようにしたい所です。

デクセリアルズ(4980)を買い増し、グラファイトデザイン(7847)を新規買いしました。新興国債券はもう一声の下げがあったら本格的に買い増しを考えたいと思います。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク