関連コンテンツ

パンクした自転車を押している人を見かけたので話しかけたら

今日いつものように自転車で買い物に出掛けたら、自転車を押して歩いている若者を見かけました。

自転車ジャージにレーサーパンツという恰好で、ロードバイク(タイヤの細い自転車です)を押していました。どうやらパンクらしいですが、本格的な恰好なのにパンク修理セットも持ってないの?と思って声をかけてみました。

どうやらロードバイクを買って間もない初心者らしく、パンク修理セットも予備チューブも無く、自転車屋を探しているとのこと。私は自転車のバッグにパンク修理セットと携帯ポンプを常備しているので、よかったら修理するけど…と申し出た所、嬉しそうにお願いします、と。

こうなるとヒマ人の本領発揮です。道端で即興のパンク修理講座の開講です。
さいわい、以前にパンク修理の記事を書いたことがあるので手順と解説は頭に入っています。

過去の記事:パンク修理講座
過去の記事:パンク修理講座(チューブのパッチ修理)

解説、雑談しながら30分ほどで修理完了。あくまで素人の修理なので、あまり信用せずに早めに自転車を買ったお店に行って見てもらうように、と話しておきました。

修理代を実費で払いたいということでしたが、素人の修理ということもあり断りました。

今後彼がパンク修理をマスターしたら、同じようにパンクした人を助ける時が来るかもしれません。それまで彼が自転車を続けてくれればいいな、と思いました。なんせ新年は3日坊主のシーズンですから。

PARKTOOL(パークツール) パッチキット VP-1C


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
颯爽とパンク修理。
そして修理講座も。
かっこいいなあ。
Re: No title
> 颯爽とパンク修理。
> そして修理講座も。
> かっこいいなあ。

こういうのはお互い様ですからね。
自転車乗りの輪ですよ。
No title
いいですね。
時間と心に余裕があるのがいいです。
初心者の人もそんな経験したら自転車を続けるでしょう。
そして同じようにパンクした人を助ける時が来ると思いますよ。
Re: No title
> いいですね。
> 時間と心に余裕があるのがいいです。
> 初心者の人もそんな経験したら自転車を続けるでしょう。
> そして同じようにパンクした人を助ける時が来ると思いますよ。

そうですね、ヒマ人ゆえにこういう事もできますね。
自転車趣味は継続のハードルが高めなので、続けてくれればいいなあ、と思います。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント