関連コンテンツ

Chromebookはセキュリティ対策面でも低コスト

現在、パケット通信料0円生活実施中なので手持ちのWi-Fi機器のセキュリティ対策を総チェックしています。

公衆無線LANを使う場合は、セキュリティに関しては自衛する必要があります。
参考:一般利用者が安心して無線LANを利用するために(総務省)

最も対策に手間が掛かるのはWindowsのパソコンで、なんでもできる汎用性がある反面、セキュリティ対策が大変でコストがかかります。今時は仕事で使うパソコンは部外への持ち出しを禁止している会社がほとんどだと思います。

セキュリティ対策を大変なコストを掛けて実施したとしても、パソコンを忘れて帰ったら全てがパアですもんね。

安全対策とそのコストを考えると私が外に持ち出すのはほぼChromebook一択になりつつありますね。とにかく手間がかかりません。キーボードがあるのでブログ更新もできますし。

Chromebook のセキュリティ(Google)

・自動更新
chromebookはウィルス対策ソフトのインストールが不要…というか、そもそもソフトのインストールができないPCなのでウイルスによって勝手に変なソフトウェアをインストールされる心配が最初から無いわけです。ウイルス対策はGoogle本体でやっていて、chromebookの起動時に自動更新されるので普段はウィルス対策を意識することすらありません。

・データの暗号化
パソコンを外に持ち出す時に一番怖いのは、単純に置き忘れや盗難です。パソコンの中に重要なIDやパスワードなどが保存されていた場合は、恐ろしい事になると思います。重要なデータが流出した恐れが存在するだけで、全部やりかえないといけなくなるでしょう。chromebookの場合はPC上にそもそもデータを保存しないのでその点安心です。

問題は、ダウンロードしたファイル、Cookie、ブラウザのキャッシュなどですがこれも暗号化されているので簡単にはアクセスできません。定期的にこれらのデータはクリアするようにしてます。


後は公衆無線LANに繋ぐ時は絶対に金融機関のサイトやクレジットカード情報を入力するショッピングサイトなどに行かないようにしています。要するに株取引やネットショッピングに使わないようにしてます。IDやパスワード、クレジット番号の送信をしないという事ですね。

こうすればchromebook上に他人に見られて困るデータが残らないので、万一PCが他人の手に落ちても安心です。また買い直せばいいだけなので気楽です。

要は「取り返しのつかない事態」が起きないような対策を、きわめて低コストで実現できるのがchromebookのいいところだと思います。

Chromebook C200MA C200MA-KX015



↑コレとか安いですね。重いのでモバイル用途には向かないけど入門用に。

ASUS ノートパソコン Chromebook Flip C100PA-RK3288 タッチパネル/10.1インチ/シルバー



↑私が今使っているのはコレです。すでに3代目のchromebookです…

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク