前回、携帯電話を解約して固定電話のみにしたという記事を書きました。
過去の記事:携帯電話を解約して、いよいよ世捨て人に近づきました

その後、固定電話も要らないんじゃないかと思い、思い切って解約しました。

厳密に言うと自宅では光回線を引いているのでアレですが、専業投資家ですからこれは必要経費と言うことで。自宅の回線は太く安定しているにこしたことはないでしょう。逆に言うとそれ以外の回線は無料で十分ということです。


そうは言っても社会生活上やはり連絡先の電話番号は必要なのと、こちらから金融機関や公共機関へ連絡を取る時の通話手段は必要です。

これも無料で済ませます。

まず電話機としては解約したSIMなしのスマホなどを利用します。iPodtouchや場合によってはPCでも可。要するに対応アプリとマイクとスピーカーがあればいいわけです。

待ち受け専用の番号としてIP-Phone SMARTに登録して050番号を取得します。もちろん登録も月額基本料も0円です。発信は有料(携帯よりは安いですけど)なので、別に手段を確保する必要があります。

肉親や知人と通話する時は無料の通話アプリを使うとして、固定電話に電話を掛ける時用にviberに登録します。これはキャンペーンで固定電話への通話が無料になっています。キャンペーン終了時期は未定です。キャンペーンが終わったらまたその時で安い方法を考えましょう。


では通話料0円生活の問題点は?

・050番号のIP電話では緊急通報(110、119)できない

これは確かに問題です。去年緊急入院した経験もあり、楽観視はしていません。対策としては最寄りの警察消防の電話番号を登録しておくことですかね。最寄りの警察消防を検索するアプリもあります。あとこれは偶然なんですが、私が住んでる賃貸住宅の目の前に公衆電話があったのでこれで十分な気もします。


・050番号のIP電話ではフリーダイヤルに掛けられない

これは公衆電話にGO!もしくは通常の電話番号が用意されていないか探して、viberで掛ける。

・050番号しか持っていないと社会的信用が無い

今時こういう事を言う人も減ってきていると思いますが、もともと無職の時点でそんなものは無いので気にしないことにします。


一つだけ心配なのは、あまりにネット回線というインフラに依存しすぎているという事ですね。ここがトラブったらかなり支障が出ます。そうしてみるとネットどころか停電しても使える黒電話は偉大でした。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
タグ