関連コンテンツ

小型株が大型株をアウトパフォームって言うけど、どっちにしても暴落ですから

日本の小型株、波乱相場で大型をアウトパフォーム-増益率優位も (1)

>(ブルームバーグ):人民元安や上海株急落など中国市場の混乱、中東情勢など地政学リスクへの警戒から年始につまずいた世界の株式市場。日本株も東証再開の1949年以降初めて大発会からの6日続落を経験した中、規模別でみると小型株が大型株に対し底堅い動きとなっている。海外市場の影響を受けにくい特性に加え、来年度の増益率が大型株を上回るとの期待感が要因だ。

記事タイトルでオチがついちゃってますけど、

>2016年年初から14日までの東証マザーズ指数は6.9%安、TOPIXスモール指数は8.4%安と、同期間のコア30指数の9%、ラージ70指数の10%安、TOPIX100指数の9.5%安などをいずれもアウトパフォームしている。世界的株安の震源地だった中国上海総合指数は15%安。

小型株の方が大型株や中国株よりマシだよね、っていう程度でどっちにしても暴落には変わりないのであまり慰めになりません。小型株中心の「ひとり配当金生活PF」も順調に時価総額を減らしています。

ただ、確かに全体が暴落中でも決算の良かった小型株が反発するパターンは散見されました。持ち株で言うとピープル(7865)とかありがとうサービス(3177)とかですね。

暴落中でも割と業績と割安度に応じて買われている銘柄があり、この調子なら月末にかけて決算が良かった銘柄を中心に反撃が始まるんじゃないかと、最大限希望的観測ですが思っています。

そうすると業績がクソな銘柄はいくら暴落で安く見えても買っちゃだめですね。本当にクソ相場になればそういう銘柄の方が買われたりするので難しいですけど、それは一時的なものですからね。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
ありがとうサービスきた!w
こんな時にも底堅くてありがとう。
いや、ほんと落ちるナイフを拾うのは怖いですわ、そういうのも好きでやっちゃいそうですけど。。。
Re: No title
> ありがとうサービスきた!w
> こんな時にも底堅くてありがとう。
> いや、ほんと落ちるナイフを拾うのは怖いですわ、そういうのも好きでやっちゃいそうですけど。。。

ありがとうサービス、まったく市場の影響を受けてませんねw

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント