関連コンテンツ

生活費の見直しにあたってやること

生活費の見直しを始めるにあたって、最初にやることは固定費の見直し、それと家計簿のつけ方と見かたの見直しですよね。

固定費については後で個別に触れるとして、まず家計簿から考えてみます。

私は家計簿についてはネット家計簿、それも全自動で記帳されるマネーフォワードを利用しています。




生活費の支払いを全てクレジットカード払いと口座からの引き落としにしていれば、全て即日記録されていくので家計簿をつける必要は無くなります。現金払いの必要がある時だけ手入力すればいいですね。

で、私が家計簿の見直しにあたって新たにやることは、このマネーフォワードの家計簿を月1回だけ、項目ごとの合計額をエクセルに書き写すことだけです。

マネーフォワードのいい所は全自動家計簿であること、記帳漏れが無くなること、です。しかし便利すぎて往々にして家計簿を眺めるだけに終わってしまう危険性があります。やはりたまには手を動かして記録してみないと数字が頭に入ってこないんですよね。問題意識も薄れがちです。

項目

↑書き写す項目のイメージはこんな感じです。

大項目の合計金額と中項目の合計金額はそれぞれ一致します。中項目の項目数は月によって変わるはずです。これらはマネーフォワードの機能によって分類され表示されるので、それを月1回書き写すだけです。最低月一回は家計の見直しについて考える機会を作るわけです。

原始的な家計簿だと項目を増やすごとに記帳が複雑で面倒臭くなるので、そのうち家計簿自体が嫌になってやめてしまった人も多いはずです。その場合は項目数を思い切って減らすのも一つの手ですが、クレジットカード払いに問題が無い人にはマネーフォワードをおすすめします。

全自動記帳と記帳漏れが無くなる安心感は、原始的な家計簿や今までの類似のサービスとは次元が違います。私のように几帳面さに自信の無い人は是非どうぞ。

(あと確定申告機能と連動してるのが便利ですね。税金関係の記帳漏れはうっかりじゃすみませんからね…)





関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント