関連コンテンツ

【断捨離】専業投資家でアフィリエイター(?)の私の最小金融口座、クレジットカード構成

私は金融機関の口座とクレジットカードを作るのが趣味のような所があります。

しかし無職になるとクレジットカードを新規に作るのも難しくなってくるし、金融機関の口座も個人情報の保護や本人確認のやかましい時代ですからそう気軽に作れる感じでは無くなってきました。

もうここらで一気に口座数とクレカ枚数を絞ってもいい時期だと思います。ここ数年でネット銀行やネット証券、クレカ業界の勢力図も大分決まってきたことですし。

私の考える最小構成は次の通りです。


・銀行口座

生活用、事業用、証券会社との連携口座、の3つです。
主婦や学生、投資や副業をしないサラリーマンなら当然1つが最小構成になるわけですが、個人事業主的な立ち位置ならこの3つが必要になってきます。

生活用と事業用を分けなくてもなんとかなりますが、確定申告の時期には後悔するかもしれません。
証券会社との連携口座というのはSBI証券に対する住信ネット銀行、楽天証券に対する楽天銀行、野村證券に対する野村信託銀行などです。生活用口座と証券用口座を一緒にするのはさすがに専業投資家としてはNGですし、これらの連携銀行口座はグループ内の資金移動が無料でスムーズ、他行宛の無料振り込み回数などもあるので必須となっています。


・証券口座

これは1つです。その場合は選択肢は実質SBI証券と楽天証券の2つに絞られてくると思います。ネット専業銀行で最後まで残るのはこの2つでしょう。


・クレジットカード

これも1つ…と言いたい所ですが、やはり事業用のクレカがあった方が管理が楽なので、泣く泣く2つです。普通の人は文句なく1つに絞って構わないでしょう。ポイントは1社に集約した方が有利ですからね。

クレカのブランドはVISAかマスターがいいですが、JCBでも別に構いません。私は現にJCBです。海外だとJCBが使いにくいのがアレですが、今は他にも決済手段があるしでなんとかなります。海外に行く時だけ与信審査の無いマネパカードのようなプリペイドカードを作るという手もあります。

ただどうしても1枚に絞るとしたらやはりVISAかマスターですね。昔はマイナーマスター問題があって、「マスターカードなのに使えない」という場面に遭遇したこともありますが、今はそういう事もないようです。VISAかマスター1枚あればどこでも決済できるでしょう。


こうして見ると最小構成で銀行口座3つ、証券口座1つ、クレジットカード2つで計6つですか。ミニマリストとは程遠いですが、こんな所です。


睡眠口座 (ハヤカワ・ミステリ 296)




関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク