関連コンテンツ

日経平均は黒田バズーカ2以前の水準に。騰落レシオの考察。

日本株は昨年来安値を更新、マクロ不安で日銀追加緩和時の水準へ急落

> (ブルームバーグ):20日の東京株式相場は大幅反落し、昨年来安値を更新した。国際原油市況が下げ止まらない上、減速方向の中国経済や国際通貨基金(IMF)が世界の成長率予想を引き下げ、マクロ景気の先行き不安が広がった。鉱業や石油など資源関連、海運や鉄鋼、機械、不動産株など幅広く売られ、東証1部33業種は全て安い。

>TOPIXの終値は前日比51.44ポイント(3.7%)安の1338.97、日経平均株価は632円18銭(3.7%)安の1万6416円19銭。TOPIX、日経平均とも2014年10月31日以来、およそ1年3カ月ぶりの安値水準。一昨年10月末は、日本銀行が異次元金融緩和の追加策を発動した日だ。両指数の下落幅は昨年9月29日以来の大きさとなった

日経平均1万6416円は一昨年10月末、黒田バズーカ2の発動前まで押し戻された事になります。ちょうど私が早期リタイア配当金生活に入る直前ですね。

今日は売られすぎ指標として日経平均の25日騰落レシオを見ていました。売られすぎ指標としての騰落レシオは上昇相場では強力な武器になりますが、弱気相場ではいまいち機能しません。この感覚、リーマンショック時というよりその前のライブドアショック時の感じに似ています。

1月20日の日経平均25日騰落レシオは60.41、今年最低は先週の57.86です。2000年以来の各年の最低値は、

2015 64.49
2014 69.35
2013 68.16
2012 59.33 第2次安倍内閣成立
2011 63.32
2010 62.96
2009 57.68
2008 52.75 リーマンショック
2007 56.62 サブプライム問題
2006 54.31 ライブドアショック
2005 68.84
2004 67.12
2003 72.44 りそな銀行救済
2002 68.01
2001 59.00 ITバブル崩壊、小泉内閣成立
2000 68.19 ITバブル

これを見ると、騰落レシオ60割れという異常値が出る事自体が弱気相場入りを示しているようにも見えます。売られすぎ指標が機能しなくなるんですね。

例外は2012年だけで、この時は真の底値期間でした。

ライブドアショックの時はその後猛烈な反発が続いたので、それを期待しているんですがどうでしょうね。

(2016/1/21追記)21日の騰落レシオがついに53.82、ライブドアショックの年とサブプライム問題の年を抜いて、リーマンショックの年に迫りました…
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
さいもんさんは、リタイア資金を増やすために投資をされていた時、
下げ相場ではどのような投資をされていましたか?
空売りでしょうか?
リーマンショックやライブドアショックなど急激な変化のなかでも売買は積極的にしましたか?
Re: No title
> さいもんさんは、リタイア資金を増やすために投資をされていた時、
> 下げ相場ではどのような投資をされていましたか?
> 空売りでしょうか?
> リーマンショックやライブドアショックなど急激な変化のなかでも売買は積極的にしましたか?

質問が多すぎです。
一般的には下げ相場と認識した時点で投資をやめる、現金(日本円)に投資するのが一番簡単で賢明です。
私個人で言えば賢明で無かったのでライブドア・ショックで大損害を出しました。
No title
レスありがとうございます。
確かに質問多すぎですね。気を付けます。ごめんなさい。
Re: No title
> レスありがとうございます。
> 確かに質問多すぎですね。気を付けます。ごめんなさい。

いえ、こちらこそすみません。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク